[debian-devel 00052] Re: Fwd: StretchのKDE環境でログインするとデスクトップ起動前で止まる

dai @ debian.org dai @ debian.org
2017年 5月 28日 (日) 19:07:37 JST


daiです。

時間が取れたので VirtualBox で試してみたところ、再現しました。

On Tue, May 16, 2017 at 11:48:39AM +0900, dai @ debian.org wrote:
> > >  となっているのに対して/usr/lib/mozc/mozc_serverをkillしたらログインできました。

ログインはできましたが、KDE のプロセス 1つに対して uim-candwin-qt5 が 1つ、
合計 30 個以上起動していてあんまりよくないですね…。

> uim-qt5 (libuimplatforminputcontextplugin.so) のバグかもしれません。

少し振り返ってみたところ、以前にも似た現象があったようです。

uim-qt5: startkde hangs with uim-qt5 and uim-mozc installed
https://bugs.debian.org/812390

当時は uim 1:1.8.6-15exp2 で解決していたようですが、
いつの間にか再発するようになっていたんでしょうか?

> > >  その後、SSHで入ってみて
> > >
> > >  1861 tty2     Rl+    0:09 ksplashqml Breeze --pid
> > >  1871 tty2     Sl+    0:00  \_ /usr/lib/mozc/mozc_server
> > >  1877 tty2     Sl+    0:00  \_ /usr/lib/x86_64-linux-gnu/uim/uim-candwin-qt5 -v
> > >
> > >  となっているのに対して/usr/lib/mozc/mozc_serverをkillしたらログインできました。
> > >  そもそもなんでksplashqmlなるものがIMを呼び出す必要があるのだろう?
> 
> この状態で ksplashqml や mozc_server に対して
> strace をアタッチしてみたらどんな出力でしょうか?

試してみたところ mozc_server が何かを待って止まっていたようですが、
詳しくはわかりませんでした。

plasma-workspace: Freezes during login with fresh installed Stretch Japanese environment
https://bugs.debian.org/862558

については reassign uim-qt5、affects uim-mozc plasma-workspace とさせて頂きました。
-- 
Regards,
	dai

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E
-------------- next part --------------
テキスト形式以外の添付ファイルを保管しました...
ファイル名: signature.asc
型:         application/pgp-signature
サイズ:     833 バイト
説明:       無し
URL:        <http://lists.debian.or.jp/pipermail/debian-devel/attachments/20170528/e13a7c33/attachment.sig>


debian-devel メーリングリストの案内