[debian-devel 00204] Debian 10 (Buster)の標準日本語入力環境について

dai @ debian.org dai @ debian.org
2018年 11月 17日 (土) 18:48:40 JST


daiです。

Debian 10 (Buster)のフリーズが近づいてきたので、
標準日本語入力環境に関してあらためて整理します。

https://wiki.debian.org/JapaneseEnvironment/Uim
https://wiki.debian.org/JapaneseEnvironment/IbusSupportforBuster

現時点で標準日本語入力環境のuimに関しては:

* upstreamの開発が停滞   -> 引き続き help needed
* wayland非対応          -> upstreamで対応済, deb化済
* Qt5対応が開発途上      -> upstreamで対応済, deb化済
* uim-skkがUTF-8に非対応 -> help neeeded: https://github.com/uim/uim/issues/135

となっています。

ibusはシステム全体でIMを切り替えるため、
アプリケーションごとに切り替えられない仕様が合わない、
という方がいらっしゃるようです。

fcitxとibusではサポートする言語数に大差なく、GUI設定も揃っているようです。

現行のuimは、upstreamの須藤さんやメンテナの野首さんの作業のおかげもあり、
日常的に使っていて個人的には不便を感じていません(ありがとうございます)。
なので、標準日本語入力環境をuimから変更する積極的な理由が今のところありません。

特に反対意見や積極的な理由がなければ、
Busterの標準日本語入力環境はuimで現状維持となると思います。

ご意見ありましたら、よろしくお願いいたします。
-- 
Regards,
	dai

GPG Fingerprint = 0B29 D88E 42E6 B765 B8D8 EA50 7839 619D D439 668E
-------------- next part --------------
テキスト形式以外の添付ファイルを保管しました...
ファイル名: signature.asc
型:         application/pgp-signature
サイズ:     833 バイト
説明:       無し
URL:        <https://lists.debian.or.jp/pipermail/debian-devel/attachments/20181117/cb2c02a5/attachment.sig>


debian-devel メーリングリストの案内