[debian-doc 00007] [doc] apt (1f3u,9f5u)

victory victory.deb @ gmail.com
2016年 12月 24日 (土) 01:38:14 JST


#2666-
#: apt-key.8.xml
msgid "Supported keyring files"
msgstr "サポートするキーリングファイル"

#: apt-key.8.xml
msgid ""
"apt-key supports only the binary OpenPGP format (also known as \"GPG key "
"public ring\") in files with the \"<literal>gpg</literal>\" extension, not "
"the keybox database format introduced in newer &gpg; versions as default for "
"keyring files. Binary keyring files intended to be used with any apt version "
"should therefore always be created with <command>gpg --export</command>."
msgstr ""
"apt-key では拡張子「<literal>gpg</literal>」の付けられた OpenPGP のバイナリ形"
"式 (いわゆる「GPG キー公開用リング」) を収録するファイルだけをサポートします。"
"&gpg; のもっと新しいバージョンで導入されてキーリングファイルのデフォルトとなっ"
"ているキーボックスのデータベース形式はサポートしません。そのため、バージョンを"
"問わず apt で利用するためのバイナリキーリングファイルの作成には常に "
"<command>gpg --export</command> を使ってください。"

#: apt-key.8.xml
msgid ""
"Alternatively, if all systems which should be using the created keyring have "
"at least apt version >= 1.4 installed, you can use the ASCII armored format "
"with the \"<literal>asc</literal>\" extension instead which can be created "
"with <command>gpg --armor --export</command>."
msgstr ""
"また、作成したキーリングを利用するシステムにインストールされている apt のバー"
"ジョンが全て 1.4 以降であれば、<command>gpg --armor --export</command> で作成"
"する、拡張子に「<literal>asc</literal>」を付けられた保護付きアスキー形式を代わ"
"りに使うこともできます。 "

#2727-
#: apt-key.8.xml
msgid ""
"<emphasis>Note</emphasis>: Instead of using this command a keyring should be "
"placed directly in the <filename>/etc/apt/trusted.gpg.d/</filename> "
"directory with a descriptive name and either \"<literal>gpg</literal>\" or "
"\"<literal>asc</literal>\" as file extension."
msgstr ""
"<emphasis>注意</emphasis>: このコマンドを使う代わりに、キーリングに記述的な名"
"前 (ファイル名については &apt-conf; ファイルと同一の規則が適用されます) を付け"
"て、ファイルの拡張子を「<literal>gpg</literal>」または「<literal>asc</"
"literal>」として <filename>/etc/apt/trusted.gpg.d/</filename> ディレクトリに直"
"接配置する方法もあります。"

---
### 最後のところに出てきてた
### 280くらいからのこれだけど多分3年以上前からあるんだけど
### ネットワーク *に* 認証が必要なのではないのか
### 原文素直に解釈するとそうなる (network(-)require*d* ではない)
### それとこの認証はローカルでやることであってネットワーク越しにやらんだろうと
#. TRANSLATORS: %s is a single techy word like 'NODATA'
#: apt-pkg/acquire-item.cc methods/gpgv.cc
#, c-format
msgid ""
"Clearsigned file isn't valid, got '%s' (does the network require "
"authentication?)"
msgstr ""
"クリアサインされたファイルが有効ではなく、'%s' を得ました (認証にネットワーク"
"が必要?)"


#224-
#: apt-pkg/acquire-item.cc
#, c-format
msgid "The repository '%s' does no longer have a Release file."
msgstr "リポジトリ %s には Release ファイルがなくなっています。"

#247-
#: apt-pkg/acquire-item.cc
#, c-format
msgid "The repository '%s' provides only weak security information."
msgstr "リポジトリ '%s' は弱いセキュリティ情報しか提供していません。"

#262-
#: apt-pkg/acquire-item.cc
msgid "Insufficient information available to perform this download securely"
msgstr "このダウンロードを安全に実施するのに十分な情報が得られません。"

#381-
#: apt-pkg/acquire-worker.cc
#, c-format
msgid "The method '%s' is explicitly disabled via configuration."
msgstr "メソッド '%s' は設定によりはっきりと無効にされています。"

#: apt-pkg/acquire-worker.cc methods/connect.cc
#, c-format
msgid "If you meant to use Tor remember to use %s instead of %s."
msgstr "Tor を利用する場合には %2$s ではなく %1$s を使うことを覚えておいてください。"

#: apt-pkg/deb/debmetaindex.cc
#, c-format
msgid "Conflicting values set for option %s regarding source %s %s: %s != %s"
msgstr "ソース %2$s %3$s に関してオプション %1$s の値が競合します: %4$s != %5$s"

#1309-
#: apt-pkg/edsp.cc
msgid "Execute external planner"
msgstr "外部プランナーを実行"

#: apt-pkg/edsp.cc
msgid "Send request to planner"
msgstr "プランナーにリクエストを送信"

#: apt-pkg/edsp.cc
msgid "Send scenario to planner"
msgstr "プランナーにシナリオを送信"

#: apt-pkg/edsp.cc
msgid "External planner failed without a proper error message"
msgstr "外部プランナーが適切なエラーメッセージなしに失敗しました"

#2747-
#: cmdline/apt-dump-solver.cc
msgid ""
"Usage: apt-dump-solver\n"
"\n"
"apt-dump-solver is an interface to store an EDSP scenario in\n"
"a file and optionally forwards it to another solver.\n"
msgstr ""
"使用方法: apt-dump-solver\n"
"\n"
"apt-dump-solver は EDSP シナリオをファイルに残し、\n"
"オプションで別のソルバに転送するインターフェイスです。\n"

#2935-
#: cmdline/apt-internal-planner.cc
msgid ""
"Usage: apt-internal-planner\n"
"\n"
"apt-internal-planner is an interface to use the current internal\n"
"installation planner for the APT family like an external one,\n"
"for debugging or the like.\n"
msgstr ""
"使用方法: apt-internal-solver\n"
"\n"
"apt-internal-planner は、デバッグなどの用途で、現在の内部プランナーを\n"
"APT ファミリの外部プランナーのように使うためのインターフェイスです。\n"

#3491-
#. TRANSLATOR: %s is e.g. Tor's ".onion" which would likely fail or leak info (RFC7686)
#: methods/connect.cc
#, c-format
msgid "Direct connection to %s domains is blocked by default."
msgstr "%s ドメインへの直接の接続はデフォルトでブロックされています。"

#3710-
#. TRANSLATORS: %s is a single techy word like 'NODATA'
#: methods/gpgv.cc
#, c-format
msgid ""
"Signed file isn't valid, got '%s' (does the network require authentication?)"
msgstr ""
"署名されたファイルが有効ではなく、'%s' を得ました (ネットワークに認証が必要?)"

-- 
victory
no need to CC me :-)


debian-doc メーリングリストの案内