[debian-doc 00016] dpkg (41件@通常プログラム)

victory victory.deb @ gmail.com
2017年 1月 29日 (日) 15:15:19 JST


#長い説明は75文字くらい (poが79くらいで改行される-クオート×2-\n=75)
で右端に合わせてみたがどうかね? #3219-と5287-

下記以外に
・controlを制御で統一
・原文に存在しない翻訳のバックスラッシュを排除

diff: http://debian.blog.bbiq.jp/2017/dpkg20170129.txt

#483-
#: lib/dpkg/ehandle.c
#, c-format
msgid ""
"%s%s%s: %s%s:%s\n"
" %s\n"
msgstr ""
"%s%s%s: %s%s:%s\n"
" %s\n"

#496- まあ記号類除去しただけ
#: lib/dpkg/ehandle.c
msgid "error while cleaning up"
msgstr "クリーンアップ中にエラーが発生しました"

#500- 同じく
#: lib/dpkg/ehandle.c
msgid "too many nested errors during error recovery"
msgstr "エラー復旧中にさらに大量の入れ子のエラーが発生しました"

#513- 同じく
#: lib/dpkg/ehandle.c
msgid "unrecoverable fatal error, aborting"
msgstr "復旧不可能な致命的なエラーです。中止します"

#517- 同じく
#: lib/dpkg/ehandle.c
msgid "outside error context, aborting"
msgstr "エラーコンテキストの外側です。中止します"

#521- 同じく
#: lib/dpkg/ehandle.c
msgid "internal error"
msgstr "内部エラー"

#910- まあ記号類除去しただけ
#: lib/dpkg/options.c
#, c-format
msgid "invalid integer for -%c: '%.250s'"
msgstr "-%c に対する不正な整数です: '%.250s'"

#1145-
#: lib/dpkg/parsehelp.c
msgid "epoch in version is empty"
msgstr "バージョン中の epoch が空です"

#1165-
#: lib/dpkg/parsehelp.c
msgid "revision number is empty"
msgstr "リビジョン番号が空です"

#1169-
#: lib/dpkg/parsehelp.c
msgid "version number is empty"
msgstr "バージョン番号が空です"

#1216- 記号追加
#: lib/dpkg/pkg-show.c
#, c-format
msgid "version '%s' has bad syntax: %s"
msgstr "バージョン '%s' は不正な構文です: %s"

#1293-
#: lib/dpkg/treewalk.c
#, c-format
msgid "cannot stat pathname '%s'"
msgstr "パス名 '%s' の状態を取得できません"

#1298-
#: lib/dpkg/treewalk.c
#, c-format
msgid "cannot open directory '%s'"
msgstr "ディレクトリ '%s' を開けません"

#1303
# [dpkg] 33/33: dpkg: Remove FIND usage, use treewalk instead
# なんていうコミットメッセージがあるんでfindみたいな機能持ってるんだろう
# treewalkの文字列はここまでの3つしか出てこない
#: lib/dpkg/treewalk.c
#, c-format
msgid "treewalk root %s is not a directory"
msgstr "たどるツリーのルート %s がディレクトリではありません"

#1332-
#: lib/dpkg/trigdeferred.c
#, c-format
msgid ""
"syntax error in triggers deferred file '%.250s' at line %d character %zd '%s'"
msgstr ""
"トリガ遅延ファイル '%.250s' の %d 行目の文字位置 %zd '%s' に文法エラーがあります"

#1852-
#: src/archives.c src/unpack.c
#, c-format
msgid "cannot access archive '%s'"
msgstr "アーカイブ '%s' にアクセスできません"

#1857-
#: src/archives.c
#, c-format
msgid "archive '%s' is not a regular file"
msgstr "アーカイブ '%s' は通常のファイルではありません"

#2815-
#: src/enquiry.c
#, c-format
msgid "--%s takes one <pkgname> argument"
msgstr "--%s は引数に 1 つのパッケージ名をとります"

#2820-
#: src/enquiry.c
#, c-format
msgid "package name '%s' is invalid: %s"
msgstr "パッケージ名 '%s' は無効です: %s"

#2825-
#: src/enquiry.c
#, c-format
msgid "--%s takes one <trigname> argument"
msgstr "--%s は引数に 1 つのトリガ名をとります"

#2830-
#: src/enquiry.c
#, c-format
msgid "trigger name '%s' is invalid: %s"
msgstr "トリガ名 '%s' は無効です: %s"

#2835-
#: src/enquiry.c
#, c-format
msgid "--%s takes one <archname> argument"
msgstr "--%s は引数に 1 つのアーキテクチャ名をとります"

#2840-
#: src/enquiry.c
#, c-format
msgid "architecture name '%s' is invalid: %s"
msgstr "アーキテクチャ名 '%s' は不正です: %s"

#2845-
#: src/enquiry.c
#, c-format
msgid "--%s takes one <version> argument"
msgstr "--%s は引数に 1 つのバージョンをとります"

#2987-
#: src/filesdb-hash.c
#, c-format
msgid "control file '%s' for package '%s' is missing value"
msgstr "パッケージ '%2$s' の制御ファイル '%1$s' は値を欠いています"

#2992-
#: src/filesdb-hash.c
#, c-format
msgid "control file '%s' for package '%s' is missing value separator"
msgstr "パッケージ '%2$s' の制御ファイル '%1$s' は値の区切りを欠いています"

#3002-
#: src/filesdb-hash.c
#, c-format
msgid "cannot open control file '%s' for package '%s'"
msgstr "パッケージ '%2$s' の制御ファイル '%1$s' を開けません"

#3007-
#: src/filesdb-hash.c
#, c-format
msgid "cannot stat control file '%s' for package '%s'"
msgstr "パッケージ '%2$s' の制御ファイル '%1$s' の状態を取得できません"

#3012-
#: src/filesdb-hash.c
#, c-format
msgid "control file '%s' for package '%s' is not a regular file"
msgstr "パッケージ '%2$s' の制御ファイルは通常ファイルではありません"

#3017-
#: src/filesdb-hash.c
#, c-format
msgid "cannot read control file '%s' for package '%s'"
msgstr "パッケージ '%2$s' の制御ファイル '%1$s' を読み取れません"

#3022-
#: src/filesdb-hash.c
#, c-format
msgid "cannot close control file '%s' for package '%s'"
msgstr "パッケージ '%2$s' の制御ファイル '%1$s' を閉じられません"

#3129-
#: src/main.c
#, c-format
msgid ""
"Commands:\n"
"  -i|--install       <.deb file name> ... | -R|--recursive <directory> ...\n"
"  --unpack           <.deb file name> ... | -R|--recursive <directory> ...\n"
"  -A|--record-avail  <.deb file name> ... | -R|--recursive <directory> ...\n"
"  --configure        <package> ... | -a|--pending\n"
"  --triggers-only    <package> ... | -a|--pending\n"
"  -r|--remove        <package> ... | -a|--pending\n"
"  -P|--purge         <package> ... | -a|--pending\n"
"  -V|--verify <package> ...        Verify the integrity of package(s).\n"
"  --get-selections [<pattern> ...] Get list of selections to stdout.\n"
"  --set-selections                 Set package selections from stdin.\n"
"  --clear-selections               Deselect every non-essential package.\n"
"  --update-avail [<Packages-file>] Replace available packages info.\n"
"  --merge-avail [<Packages-file>]  Merge with info from file.\n"
"  --clear-avail                    Erase existing available info.\n"
"  --forget-old-unavail             Forget uninstalled unavailable pkgs.\n"
"  -s|--status <package> ...        Display package status details.\n"
"  -p|--print-avail <package> ...   Display available version details.\n"
"  -L|--listfiles <package> ...     List files 'owned' by package(s).\n"
"  -l|--list [<pattern> ...]        List packages concisely.\n"
"  -S|--search <pattern> ...        Find package(s) owning file(s).\n"
"  -C|--audit [<package> ...]       Check for broken package(s).\n"
"  --yet-to-unpack                  Print packages selected for "
"installation.\n"
"  --predep-package                 Print pre-dependencies to unpack.\n"
"  --add-architecture <arch>        Add <arch> to the list of architectures.\n"
"  --remove-architecture <arch>     Remove <arch> from the list of "
"architectures.\n"
"  --print-architecture             Print dpkg architecture.\n"
"  --print-foreign-architectures    Print allowed foreign architectures.\n"
"  --assert-<feature>               Assert support for the specified "
"feature.\n"
"  --validate-<thing> <string>      Validate a <thing>'s <string>.\n"
"  --compare-versions <a> <op> <b>  Compare version numbers - see below.\n"
"  --force-help                     Show help on forcing.\n"
"  -Dh|--debug=help                 Show help on debugging.\n"
"\n"
msgstr ""
"コマンド:\n"
"  -i|--install      <.debファイル> ... | -R|--recursive <ディレクトリ> ...\n"
"  --unpack          <.debファイル> ... | -R|--recursive <ディレクトリ> ...\n"
"  -A|--record-avail <.debファイル> ... | -R|--recursive <ディレクトリ> ...\n"
"  --configure     <パッケージ> ... | -a|--pending\n"
"  --triggers-only <パッケージ> ... | -a|--pending\n"
"  -r|--remove     <パッケージ> ... | -a|--pending\n"
"  -P|--purge      <パッケージ> ... | -a|--pending\n"
"  -V|--verify     <パッケージ> ...   パッケージの整合性を検証します\n"
"  --get-selections [<パターン> ...]  選択一覧を標準出力に出力します\n"
"  --set-selections                パッケージの選択を標準入力からセットしま"
"す\n"
"  --clear-selections              不可欠パッケージ以外の選択を解除します\n"
"  --update-avail [<パッケージファイル>]  利用可能なパッケージの情報を\n"
"                                                               置き換えます\n"
"  --merge-avail [<パッケージファイル>]   ファイルからの情報とマージします\n"
"  --forget-old-unavail            アンインストールして利用できなくなった\n"
"                                                 パッケージについて忘れます\n"
"  -s|--status <パッケージ> ...    パッケージ状態の詳細を表示します\n"
"  -p|--print-avail <パッケージ> ...  利用可能バージョンの詳細を表示します\n"
"  -L|--listfiles <パッケージ> ...    パッケージが '所有する' ファイルの一覧\n"
"                                                               を表示します\n"
"  -l|--list [<パッケージ> ...]    パッケージ一覧を簡潔に表示します\n"
"  -S|--search <パッケージ> ...    ファイルを所有するパッケージを探します\n"
"  -C|--audit [<パッケージ> ...]   パッケージが壊れているか確認します\n"
"  --yet-to-unpack                 インストールを選択したパッケージを表示\n"
"                                                                 します\n"
"  --predep-package                展開に必要となる事前依存を表示します\n"
"  --add-architecture <アーキテクチャ>    指定したアーキテクチャを一覧に追加\n"
"                                                                     します\n"
"  --remove-architecture <アーキテクチャ> 指定したアーキテクチャを一覧から\n"
"                                                                 削除します\n"
"  --print-architecture            dpkg のアーキテクチャを表示します\n"
"  --print-foreign-architectures   許可されている外来アーキテクチャを表示\n"
"                                                                     します\n"
"  --assert-<機能>                 指定した機能のサポートを行使します\n"
"  --validate-<属性> <文字列>      <属性>の<文字列>を検証します\n"
"  --compare-versions <a> <比較演算子> <b>  バージョン番号の対比をセット\n"
"                                                          します - 以下参照\n"
"  --force-help                    強制オプションのヘルプを表示します\n"
"  -Dh|--debug=help                デバッグ用のヘルプを表示します\n"
"\n"

#3235-
#: src/main.c
#, c-format
msgid ""
"Validatable things: pkgname, archname, trigname, version.\n"
"\n"
msgstr ""
"検証できる属性: パッケージ名、アーキテクチャ名、トリガ名、バージョン\n"
"\n"

#3428-
#: src/main.c
msgid "Do not chroot into maintainer script environment"
msgstr "メンテナスクリプトの環境に chroot しない"

#3667-
#: src/main.c
msgid "cannot set primary group ID to root"
msgstr "プライマリグループのIDに root をセットできません"

#4220-
#: src/select.c
#, c-format
msgid "package not in status nor available database at line %d: %.250s"
msgstr "%d 行目のパッケージは状態DBにも利用可能DBにもありません: %.250s"

#4234-
#: src/select.c
msgid ""
"found unknown packages; this might mean the available database\n"
"is outdated, and needs to be updated through a frontend method;\n"
"please see the FAQ <https://wiki.debian.org/Teams/Dpkg/FAQ>"
msgstr ""
"未知のパッケージが見つかりました。利用可能データベースが古くなっていて\n"
"フロントエンドを使って更新する必要があるかもしれません。\n"
"FAQ <https://wiki.debian.org/Teams/Dpkg/FAQ> を見てください。"

#4905-
#: dpkg-deb/build.c
msgid "package architecture is missing or empty"
msgstr "パッケージアーキテクチャが欠けているか空です"

#4933-
#: dpkg-deb/build.c dpkg-split/split.c
#, c-format
msgid "unable to parse timestamp '%.255s'"
msgstr "タイムスタンプ '%.255s' を解析できません"

#4951-
#: dpkg-deb/build.c
#, c-format
msgid "building an unknown package in '%s'."
msgstr "'%s' で未知のパッケージをビルドしています。"

#4956-
#: dpkg-deb/build.c
#, c-format
msgid "building package '%s' in '%s'."
msgstr "'%2$s' でパッケージ '%1$s' をビルドしています。"

#5233-
#: dpkg-deb/info.c
msgid "no 'control' file in control archive!"
msgstr "制御アーカイブに 'control' ファイルがありません!"

#5287-
#: dpkg-deb/main.c
#, c-format
msgid ""
"Options:\n"
"  -v, --verbose                    Enable verbose output.\n"
"  -D, --debug                      Enable debugging output.\n"
"      --showformat=<format>        Use alternative format for --show.\n"
"      --deb-format=<format>        Select archive format.\n"
"                                     Allowed values: 0.939000, 2.0 "
"(default).\n"
"      --nocheck                    Suppress control file check (build bad\n"
"                                     packages).\n"
"      --uniform-compression        Use the compression params on all "
"members.\n"
"  -z#                              Set the compression level when building.\n"
"  -Z<type>                         Set the compression type used when "
"building.\n"
"                                     Allowed types: gzip, xz, none.\n"
"  -S<strategy>                     Set the compression strategy when "
"building.\n"
"                                     Allowed values: none; extreme (xz);\n"
"                                     filtered, huffman, rle, fixed (gzip).\n"
"\n"
msgstr ""
"オプション:\n"
"  -v, --verbose                    冗長出力を有効にします\n"
"  -D, --debug                      デバッグ用出力を有効にします\n"
"      --showformat=<フォーマット>  --show 用の代替フォーマットを使います\n"
"      --deb-format=<フォーマット>  アーカイブ形式を選択します\n"
"                                   可能な値: 0.939000、2.0 (デフォルト)\n"
"      --nocheck                    制御ファイルを確認しません)\n"
"                                              (不正パッケージをビルドします\n"
"      --uniform-compression        全メンバーに対して圧縮パラメータを使いま"
"す\n"
"  -z#                              ビルド時の圧縮レベルをセットします\n"
"  -Z<type>                         ビルド時の圧縮形式をセットします\n"
"                                                 可能な形式: gzip、xz、none\n"
"  -S<strategy>                     ビルド時の圧縮戦略をセットします\n"
"                                   可能な値: none、extreme (xz)、filtered、\n"
"                                                 huffman、rle、fixed (gzip)\n"
"\n"

#5376-
#: dpkg-deb/main.c
#, c-format
msgid "obsolete compression type '%s'; use xz instead"
msgstr "'%s' は時代遅れの圧縮形式です。代わりに xz を使ってください"

#5381-
#: dpkg-deb/main.c
#, c-format
msgid "obsolete compression type '%s'; use xz or gzip instead"
msgstr "'%s' は時代遅れの圧縮形式です。代わりに xz か gzip を使ってください"

-- 
victory
no need to CC me :-)


debian-doc メーリングリストの案内