[debian-doc 00031] [PATCH] initial Japanese trasnlation (dsa-3861)

Nobuhiro Iwamatsu iwamatsu @ nigauri.org
2017年 5月 31日 (水) 03:49:43 JST


From: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu @ debian.org>

Signed-off-by: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu @ debian.org>
---
 japanese/security/2017/dsa-3861.wml | 20 ++++++++++++++++++++
 1 file changed, 20 insertions(+)
 create mode 100644 japanese/security/2017/dsa-3861.wml

diff --git a/japanese/security/2017/dsa-3861.wml b/japanese/security/2017/dsa-3861.wml
new file mode 100644
index 000000000..12941624d
--- /dev/null
+++ b/japanese/security/2017/dsa-3861.wml
@@ -0,0 +1,20 @@
+#use wml::debian::translation-check translation="1.1"
+<define-tag description>セキュリティ更新</define-tag>
+<define-tag moreinfo>
+
+<p>Secunia Research の Jakub Jirasek さんは、
+ASN1 (Abstract Syntax Notation One) 構造を扱うライブラリである
+libtasn1 が入力を適切に検証していなかったことを発見しました。
+悪意を持って細工した割り当てファイルをユーザに騙して
+処理させることにより、サービス拒否、または潜在的な任意のコード
+の実行によって、攻撃者がクラッシュを起こすことが可能となります。</p>
+
+<p>安定版 (stable) ディストリビューション (jessie)
+では、この問題はバージョン 4.2-3+deb8u3 で修正されています。</p>
+
+<p>直ちに libtasn1-6 パッケージをアップグレードすることを勧めます。</p>
+
+</define-tag>
+
+# do not modify the following line
+#include "$(ENGLISHDIR)/security/2017/dsa-3861.data"
-- 
2.11.0



debian-doc メーリングリストの案内