[debian-doc 00032] [PATCH] initial Japanese trasnlation (dsa-3860)

Nobuhiro Iwamatsu iwamatsu @ nigauri.org
2017年 5月 31日 (水) 03:49:57 JST


From: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu @ debian.org>

Signed-off-by: Nobuhiro Iwamatsu <iwamatsu @ debian.org>
---
 japanese/security/2017/dsa-3860.wml | 21 +++++++++++++++++++++
 1 file changed, 21 insertions(+)
 create mode 100644 japanese/security/2017/dsa-3860.wml

diff --git a/japanese/security/2017/dsa-3860.wml b/japanese/security/2017/dsa-3860.wml
new file mode 100644
index 000000000..343819ae2
--- /dev/null
+++ b/japanese/security/2017/dsa-3860.wml
@@ -0,0 +1,21 @@
+#use wml::debian::translation-check translation="1.1"
+<define-tag description>セキュリティ更新</define-tag>
+<define-tag moreinfo>
+
+<p>
+steelo さんは、Unix のSMB/CIFS ファイル、印刷、ログイン機能を提供する
+サーバーの Samba で、リモートからのコードを実行する脆弱性を発見しました。
+書き込み権限を持つ共有フォルダにアクセスできる悪意のあるクライアントは、
+共有ライブラリをアップロードすることにより、この脆弱性を利用して、サー
+バーにロードし、実行させることができます。
+</p>
+
+<p>安定版 (stable) ディストリビューション (jessie)
+では、この問題はバージョン 2:4.2.14+dfsg-0+deb8u6 で修正されています。</p>
+
+<p>直ちに samba パッケージをアップグレードすることを勧めます。</p>
+
+</define-tag>
+
+# do not modify the following line
+#include "$(ENGLISHDIR)/security/2017/dsa-3860.data"
-- 
2.11.0



debian-doc メーリングリストの案内