[debian-doc 00100] 「ユーザー」「サーバー」「PC」について

Osamu Aoki aoki.osamu @ gmail.com
2019年 6月 10日 (月) 00:57:21 JST


Hi,

32 ビット PC (i386) および 64 ビット PC(amd64)の件も含めてコメントしています

On Tue, Jun 04, 2019 at 05:53:06PM +0900, hoxp18 @ noramail.jp wrote:
> やまね ひでき先生
> Debian.or.jp の皆様
> 
> まず やまね ひでき 先生には改めて感謝を。
...

> 程度と考えてくださればよいかなと思います。

ようこそ!新たな方の参加と翻訳は大歓迎です。

> お話し変わって、以前に Debian Japanese ML でも提議していた点ですが、
> せっかくこちらにもお誘い頂けたので、改めて提案いたします。
> 
> 「ユーザー」と「サーバー」の文書での表記についてです。
>
> * Debian.or.jp の翻訳ポリシーは存じております。
> 
> * 文書の短縮に役立つなどの面も評価できると考えております。
> 
> * ただ、2019年現在にはもはやふさわしくないと思います。

同感ですが、過去私が提案した際には、実際に翻訳されている方の
賛成がえられなかったので、私がコントロールしていた外に関しては
頓挫しています。

私の考えのメモ;
  https://wiki.debian.org/OsamuAoki#Japanese_Style

1991年6月28日の内閣告示第二号:
英語由来のカタカナ用語において、末尾が-er、 -or、-arで終わる場合に長音表記をつけることが推奨されている。
こちらの表記ルールは、新聞や放送などで利用されている。

JIS記述ルールや学術用語 (古い):
2音の用語は長音符号を付け、3音以上の用語の場合は(長音符号を)省くことを"原則"とする。
この表記ルールは、自然科学/工学系のほか、学術論文の分野で利用されている。
... 

> 理由は3つです。
...

とにかく避けるべきは、各自の思いつきでいろんなスタイルが混じることです。

基本、もっとも多くコミットしている人が、変えるといって文書単位で
きれいに更新すれば、これだけはっきりした理由があれば文句は誰も言
いません。

それがDEBIANのDO-OCRACYです。

とにかく多くの方が参加するので、こういう変更は実績を積んだ後しないと
他の方に負担を掛けることになるので気をつけましょう。

ちなみに、私が元の英文の文章を書いていて、日本語翻訳もある程度目を
通している文書はすでにこうなっています。(なってなければ見落としです。
POファイルを1行表示にしてSEDスクリプトやGREPでスカッと直した
はずです)

https://www.debian.org/doc/manuals/debian-reference/index.ja.html
https://www.debian.org/doc/manuals/maint-guide/index.ja.html
https://www.debian.org/doc/manuals/debmake-doc/index.ja.html (まだほとんど英語です)

debian-reference/po/ja.poの最初に以下を書いてあります。

# 「(動詞等の連用形)+ます。」「(名詞等)+です。」調を採用します。
# 「する。」「だ。」調は避けます。
# --> 将来関西弁版をつくるための変換しやすさを取りました。(冗談です)
#
# 本訳は長母音表記は、1991年6月28日の内閣告示第二号をベースとしている。
# 英語由来のカタカナ用語において、末尾が-er、 -or、-arで終わる場合に
# 長音表記をつけることが推奨するスタイルです。
#
# 「2音の用語は長音符号を付け、3音以上の用語の場合は(長音符号を)省く」
# 旧来のJIS記述ルールを採用していないのは意図的ですので変更しないでくだ
# さい。
#
# 読みやすさ優先で、半角文字列と全角文字列の間には半角スペース挿入。
# :.,$s/\([^ -~、。]\)\([!#-~]\)\|\([!-~]\)\([^ -~、。]\)/\1\3 \2\4/gc
# :.,$s/\( [^ -~、。]\)\([A-Za-z]\)/\1 \2/gc
# :.,$s/\( [A-Za-z]\)\([^ -~、。]\)/\1 \2/gc

> 蛇足ながら。hoxp18 で翻訳されている部位は自然と(?)
> ユーザー、サーバーで記載していますが、
> 無慈悲に切り捨てて頂いて全然おっけーです。

とにかくあまり混乱した風になるのはやめましょう。
1つの文書(章?)は1つのスタイルで。。o。
INSTALLER関係もその中で揃っていないとね。

> 気づいたはしから再修正するというようなことは避けますが、
> 気づかずついやってしまうことはご容赦ください。

また、「32 ビット PC (i386) および 64 ビット PC (amd64)」ですが
これをここで日本語で議論しても… と思いました。

元の英文をどうするかの議論をし、その結果に合わせて翻訳するのが
筋でしょう。

今の英文表現の元は、debian-doc MLで私が提案した気もします。

netbookやChromebookはまだ一般にPCと認識されるほどは普及していないので、
まあ、PC(IBM PC/AT)を意識しながら、社名商標を外した現在の表現を使って
いくのが現実的だと思っています。

そもそも、amd64というDebianのARCH名称が混乱を起こした回避策をどうするか
悩んだという背景があります。INTELじゃないのは理由があるので。

経緯詳細は、英文過去ログdebian-devel/debian-docのどこかを
GOOGLEで探してください。

青木

> ご一読ありがとうございました。
> _______________________________________________
> debian-doc mailing list
> debian-doc @ debian.or.jp
> https://lists.debian.or.jp/mailman/listinfo/debian-doc



debian-doc メーリングリストの案内