[debian-doc 00147] Re: Debian 11 "bullseye"のリリースノート翻訳のレビュー記録(2章、5章)

victory victory.deb @ gmail.com
2021年 7月 4日 (日) 21:59:05 JST


On Sun, 4 Jul 2021 17:48:33 +0900
Yosuke Otsuki wrote:

理解のための返信

> [*] 5.2.1.3. Go-based packages
>     - Go の開発用のライブラリのアップデートを許可しているならば、ライブラリのアップデートは、定期的なポイントリリースでのみ提供されます。更新は他のパッケージよりも遅いかもしれません。
>         - 原文)If updates are warranted for Go development libraries,
> they can only come via regular point releases, which may be slow in
> arriving.
>         - warranted の訳が "許可" なのが変なのかもしれない。”保証”と訳するのが適切のように思う。
>         - 保証されるものと保証されないものがある、という意味を含んだ内容になっているように思われるので翻訳は注意したほうがよい
> "アップデートが保証されている Go
> の開発用ライブラリならば、定期的なポイントリリースでのみ提供されます。更新は他のパッケージよりも遅いかもしれません。" に修正

-doc @ orgに投げられた初稿の方がわかりやすい可能性もあるな
	  The Debian infrastructure currently doesn't properly enable
	  rebuilding packages that statically link parts of other
	  packages on a large scale. Until buster that hasn't been a
	  problem in practice, but with the growth of the Go ecosystem
	  it means that Go based packages will be covered by limited
	  security support until the infrastructure is improved to
	  deal with them maintainably.

	  If updates for Go <quote>libaries</quote> are warranted,
	  they can only come via regular point releases, which may be
	  slow in arriving.

Go開発用ライブラリ(の|について)アプデ(が保証され|を保証す)る場合(であっても)、
ポイントリリース経由での提供のみとなって遅くなるかもしれね

-- 
victory
no need to CC me :-)
CCに限らず宛先にも入れなくて良いわけですよ


debian-doc メーリングリストの案内