[debian-users 00557] ssh-add -Dでキーのハッシュが削除ができない現象

Kiyotaka ATSUMI mocke.tech @ gmail.com
2019年 11月 18日 (月) 00:10:52 JST


こんばんは。渥美@mocke.techです。

Ubuntu 18.04LTS上の問題で恐縮ですが、こちらでも再現する可能性のある現象
かなと思い、質問させていただきます。他に良い質問先がありましたら、ご指導
ください。

ssh-agentおよびssh-addの挙動に関してちょっと不思議な、困った状況になって
いるので、お知恵をお貸しください。

外部のPC(izuna @ kodama)上にあったssh秘密鍵を利用したくて、それを~/id_rsa
に置き、

1.
$ ssh-add ~/id_rsa

としました。これで普通に利用できるようになったのですが、その後、

2.
$ mv ~/.id_rsa .ssh/20190604.id_rsa
$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa     ※作業PCのssh秘密鍵

を実行し、秘密鍵の削除をするために

3.
$ ssh-add -D

を実行したのですが、以下のようにハッシュ値が残るようになりました。

4.
$ ssh-add -l
2048 SHA256: tpNQcDd/10********************AWup0uqYIU6aA izuna @ kodama (RSA)

この状態は再起動をしても変わりません。(ここが不思議)
この状態で先に利用した、.ssh/20190604.id_rsa, .ssh/id_rsaをssh-addして削
除してみても以下のとおりです。

5.
$ ssh-add ~/.ssh/20190604.id_rsa
Enter passphrase for /home/izuna/.ssh/20190604.id_rsa:
Identity added: /home/izuna/.ssh/20190604.id_rsa
(/home/izuna/.ssh/20190604.id_rsa)
$ ssh-add ~/.ssh/id_rsa
Enter passphrase for /home/izuna/.ssh/id_rsa:
Identity added: /home/izuna/.ssh/id_rsa (/home/izuna/.ssh/id_rsa)
$ ssh-add -l
2048 SHA256:tpNQcDd/10********************AWup0uqYIU6aA
/home/izuna/.ssh/20190604.id_rsa (RSA)
2048 SHA256:m/jJvIpYQ1********************6U4Zv6NGor2kc
/home/izuna/.ssh/id_rsa (RSA)
$ ssh-add -D
All identities removed.
$ ssh-add -l
2048 SHA256:tpNQcDd/10********************AWup0uqYIU6aA izuna @ kodama
(RSA) ※20190604.id_rsaと同じ

さて、このゾンビのようなハッシュ値を完全に削除するにはどうしたら良いで
しょうか?ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。

--
Kiyotaka ATSUMI


debian-users メーリングリストの案内