[debian-users 00733] Re: loadkysで行われる設定

Youhei SASAKI uwabami @ gfd-dennou.org
2021年 5月 22日 (土) 12:10:37 JST


笠原様, 佐々木です.

# 以前は live-config.console-setup/ja といったパラメータがあった気がする
# んですが, 今マニュアル見たらなくなってますね.

望ましいのは live-config.keyboard-* を設定して live イメージを作成すると
コンソールでのキーボード配列が日本語配列として設定されていて欲しい, とい
うことだと思います.

この辺の設定については console-setup.service が担うと思いますが…

  https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=854004

あたりでしょうか. 成功例としては

  1. /etc/default/keyboard を書いておく
  2. ビルド時の hook (hooks/live/0900-cleanup.hook.chroot) で
     /etc/console-setup/cached_* を消す

といった手順が紹介されていますね.

以上, 参考になれば幸いです.

On Thu, 20 May 2021 06:15:35 +0900,
Mitsuo KASAHARA <m.kasahara13 @ gmail.com> wrote:
>
> 現在、LiveCDを作成しようとしているのですが、その中で
> loadkys jp106
> コマンドに相当する設定をどこでするのかが見つからず困っています。
> 逆に言うと、loadkys jp106をすると、どこの設定ファイルがどう変わるのか
> がわからないんです。
>
> 状況としては、Xではないコンソールのキーボードレイアウトを
> 日本語キーボードにしたいのですが、
> live-config.keyboard-layouts=jp
> live-config.keyboard-model=jp106
> をやってもダメで、現状では .profile で
> loadkeys jp106
> させているのですが、なんか美しくない…
>
> 今書きかけのLiveCDの作成スクリプトは
> https://github.com/mkasa13/open/blob/fbd4e5d3e0a145dcd1ce04801c032cbf7021961e/make_livecd.sh
> です。
> #ddがちょっとオプション不足なのは自覚してます。

--
Youhei SASAKI <uwabami @ gfd-dennou.org>
              <uwabami @ debian.or.jp>
GPG fingerprint:
  4096/RSA: 66A4 EA70 4FE2 4055 8D6A C2E6 9394 F354 891D 7E07


debian-users メーリングリストの案内