[debian-users 00765] Re: Bullseyeにアップグレード後、systemdの動作がおかしい

Youhei SASAKI uwabami @ gfd-dennou.org
2022年 1月 22日 (土) 23:02:46 JST


佐々木です. 

On Sat, 22 Jan 2022 12:03:00 +0900,
Masao Odera <odera @ text.co.jp> wrote:
> > Jessie からいきなり Bullseye へアップグレードしたのではなく, Jessie →
> > Stretch → Buster → Bullseye と順に更新したのであれば, 想定されている手
> > 段です.
> 
>  はい。ただ、各段階での動作確認がかなり大雑把なものだったため、どの段
> 階でsystemdの不具合が起きたのか不明のまま進んでしまったのが残念です。

なんでしょうねぇ…. 

> > >  が、どうも肝心のsystemdがおかしな状態になっていて、困っています。主
> > > な問題は下記2つです。
> > 
> > 確認として systemctl restart, systemctl hibernate は動作されているという
> > ことですが, そもそも更新後に kernel の更新と再起動(reboot)はされています
> > よね? 現状動作している kernel の version は幾つでしょうか?
> 
>  はい、カーネルの更新は行いました。再起動は何度も行いました。カーネル
> のバージョンは 5.10.0-10-amd64 です。

であれば, PIE に起因するエラーではないですね. 失礼しました. 

> > さて, なんでこれが unknown command type 扱いになっているのかな…
> > 
> > というわけで, あまりお役に立てませんが, 参考までに. 
> 
>  ありがとうございました。なぜapt-listchangesなどという古いファイルが
> 使われるのか、謎です。grep apt-listchanges /var/lib/dpkg/info/* として
> も、ひっかかるのはpdksh.preinstというファイルだけで、しかもこれは2015
> 年のものですから、おそらく関係ないと思われ……という状態です。

設定ファイルである

  /etc/apt/apt.conf.d/20listchanges

が残っていませんか? このファイルがあれば, apt で取得した dpkg の処理前の
hook として apt-listchanges が実行されます. 

閑話休題. 起動時に grub のメニューで single user mode で起動すると, どう
いうエラーが出ていますか?

--
Youhei SASAKI <uwabami @ gfd-dennou.org>
              <uwabami @ debian.or.jp>
GPG fingerprint:
  4096/RSA: 66A4 EA70 4FE2 4055 8D6A C2E6 9394 F354 891D 7E07


debian-users メーリングリストの案内