[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[debian-devel:14849] Re: Uploaded xfree86v3 3.3.6-42.towns.1 (source i386) to master-jp



佐野@浜松です。

In <E16SE3g-0002VD-00@xxxxxxxxxxxxxxxx>,
  on "Sun, 20 Jan 2002 18:23:03 +0900',
   with "[debian-devel:14845] Re: Uploaded xfree86v3 3.3.6-42.towns.1 (source i386) to master-jp",
 KONDOU Mitihiko <shortcut@xxxxxxxxxxxxxxxx> さん wrote:

> Source: xfree86v3-towns
> Binary: xserver-towns-oldfb xserver-towns-fmt3631 xtowns-common xserver-towns-clgd xbase-clients-towns xserver-towns-crtc
> Architecture: source i386
> Version: 3.3.6-42.towns.2

> これで、どうでしょうか?
> (apt line で通用するでしょうか?)

違う名前ですから、問題無いと思いますよ。 :)

> バージョンの付け方も変更しようかと思ったのですが、
> とりあえず、小規模な変更でいければと考えました。

名前が違うのなら、バージョンはメンテナがわかりやすいように
好きに付けて良いのではないでしょうか。

もし同じ名前を使うのなら、例えばひとつ前のバージョンを
ベースにして 3.3.6-41.0.towns-42.2 とすれば、Debian 
パッケージの xfree86v3 のほうがバージョンが新しいと
判断されますから、バージョンを指定しなければそちらが
自動的に取り込まれるようになるのではないかと。

> apt でのソースパッケージのインストールの仕組みも
> 良く理解できていませんで、ご迷惑をかけますが、
> よろしくお願いします。

apt は (特に指定しなければ) 新しいバージョンのほうを
取ってくるんだろうと思います。

-- 
 # むつみさん、昔 jp 版の X-TT 関連パッケージとかで苦労してたもんねぇ。
   <kgh12351@xxxxxxxxxxx> : Taketoshi Sano (佐野 武俊)