[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

Re: [b-f] release-notes.ja.sgml 1.146 ->1.151



久保田です。

At Tue, 6 Aug 2002 14:35:47 +0900,
Tomohiro KUBOTA wrote:

> ps. inst-methods と tech-info については、タグのつけかえ等の
>     単純な更新だったので、cvs commit してしまいました。

rescue-boot もです。以下に、パッチをつけます。

--------------------
--- inst-methods.sgml.~1.32.~	2002-07-21 14:53:38.000000000 +0900
+++ inst-methods.sgml	2002-08-06 13:56:39.000000000 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
 <!-- retain these comments for translator revision tracking -->
-<!-- $Id: inst-methods.sgml,v 1.32 2002/07/21 05:53:38 kubota Exp $ -->
-<!-- original version: 1.135 -->
+<!-- $Id: inst-methods.sgml,v 1.33 2002/08/06 04:56:39 kubota Exp $ -->
+<!-- original version: 1.136 -->
 
 
 <chapt id="install-methods">システムインストールメディアの入手
@@ -758,26 +758,14 @@
 各 &architecture; フレーバー向けインストールファイルの
 ネットワークにおける場所の一覧は、Appendix にあります。
 以下が含まれます:
-<taglist>
-<!--O
-<tag>&rescue-images; <item>rescue image
--->
-<tag>&rescue-images; <item>rescue イメージ
+<list>
+<item>rescue イメージ               <list><item>&list-rescue-images; </list>
 <![ %rescue-needs-root-disk [ 
-<!--O
-   <tag>&root-images; <item>root image(s) or tarball ]]>
--->
-   <tag>&root-images; <item>root イメージまたは tarball
-]]>
-<!--O
-<tag><ref id="kernel-images"> <item>kernel binary
-<tag><ref id="driver-images"> <item>driver images or tarball
-<tag><ref id="base-images"> <item>base system images or tarball
--->
-<tag><ref id="kernel-images"> <item>カーネルバイナリ
-<tag><ref id="driver-images"> <item>driver イメージまたは tarball
-<tag><ref id="base-images"> <item>ベースシステムイメージまたは tarball
-</taglist>
+<item>root イメージまたは tarball   <list><item>&list-root-images; </list>  ]]>
+<item>カーネルバイナリ              <list><item><ref id="kernel-images"> </list>
+<item>driver イメージまたは tarball <list><item><ref id="driver-images"> </list>
+<item>ベースシステムイメージまたは tarball <list><item><ref id="base-images"> </list>
+</list>
     <p>
 
  <![ %not-powerpc [
--- rescue-boot.sgml.~1.21.~	2002-08-01 14:57:12.000000000 +0900
+++ rescue-boot.sgml	2002-08-06 14:04:40.000000000 +0900
@@ -1,7 +1,7 @@
 <!-- retain these comments for translator revision tracking -->
-<!-- $Id: rescue-boot.sgml,v 1.21 2002/08/01 05:57:12 kubota Exp $ -->
+<!-- $Id: rescue-boot.sgml,v 1.22 2002/08/06 05:04:40 kubota Exp $ -->
 <!-- retain these comments for translator revision tracking -->
-<!-- original version: 1.113 -->
+<!-- original version: 1.114 -->
 
 <!--O
 <chapt id="rescue-boot">Booting the Installation System 
@@ -1325,21 +1325,21 @@
 それらのイメージからフロッピーは作成済みかと思います。
     <p>
 <!--O
-To boot from the boot-floppy-hfs floppy, place it in floppy drive
+To boot from the <file>boot-floppy-hfs.img</file> floppy, place it in floppy drive
 after shutting the system down, and before pressing the power-on
 button.
 -->
-boot-floppy-hfs フロッピーから起動するには、
+<file>boot-floppy-hfs.img</file> フロッピーから起動するには、
 システムをシャットダウンしたあとにフロッピーをドライブに入れ、
 パワーオンボタンを押してください。
     <p>
 <!--O
-After booting, the root.bin floppy is requested. Insert the root
+After booting, the <file>root.bin</file> floppy is requested. Insert the root
 floppy and press &enterkey;. The installer program
 <prgn>dbootstrap</prgn> is automatically launched after the root
 system has been loaded into memory.
 -->
-起動すると、root.bin フロッピーが要求されます。
+起動すると、<file>root.bin</file> フロッピーが要求されます。
 root フロッピーを入れて &enterkey; を押してください。
 root システムがメモリにロードされると、
 インストーラプログラムである <prgn/dbootstrap/
@@ -1483,7 +1483,7 @@
 `Utility/Run Maintenance Program' menu, and type
 -->
 このプラットフォームで起動するには、
-"Utility/Run Maintenance Program' メニューで
+"Utility/Run Maintenance Program" メニューで
 <prgn>\apb\apb.exe</prgn> を実行し、
 APB プロンプトで
       <example>
@@ -1732,15 +1732,15 @@
     <sect1 id="boot-newworld">OpenFirmware から NewWorld Mac を起動する
 	  <p>
 <!--O
-You will have already placed the linux.bin, yaboot, yaboot.conf, and
-root.bin files at the root level of your HFS partition in <ref
+You will have already placed the <file>linux.bin, yaboot, yaboot.conf</file>, and
+<file>root.bin</file> files at the root level of your HFS partition in <ref
 id="files-newworld">. Restart the computer, and immediately (during
 the chime) hold down the Option, Command (cloverleaf/Apple), o, and f
 keys all together. After a few seconds you will be presented with the
 Open Firmware prompt:
 -->
 既に <ref id="files-newworld"> において、
-linux.bin, yaboot, yaboot.conf, root.bin といったファイルを
+<file>linux.bin, yaboot, yaboot.conf, root.bin</file> といったファイルを
 HFS パーティションの root レベルに配置したことと思います。
 コンピュータを再起動し、ただちに (チャイムが鳴っている最中に)
 Option, Command (クローバー/Apple), o, f の各キーを同時に押します。
--- tech-info.sgml.~1.19.~	2002-08-01 14:58:09.000000000 +0900
+++ tech-info.sgml	2002-08-06 13:59:34.000000000 +0900
@@ -1,6 +1,6 @@
 <!-- retain these comments for translator revision tracking -->
-<!-- $Id: tech-info.sgml,v 1.19 2002/08/01 05:58:09 kubota Exp $ -->
-<!-- original version: 1.30 -->
+<!-- $Id: tech-info.sgml,v 1.20 2002/08/06 04:59:34 kubota Exp $ -->
+<!-- original version: 1.31 -->
 
 <!-- should this be an appendix? -->
   <chapt id="boot-floppy-techinfo">ブートフロッピーに関する技術情報
@@ -135,7 +135,7 @@
 <p>ビルドが終了すると、カスタムカーネルは <file>vmlinux</file> 
 というような名前になっているでしょう。このファイルを gzip -9 します。
 
-<p>最初の起動に使う boot-floppy-hfs.img ディスクを更新します。
+<p>最初の起動に使う <file>boot-floppy-hfs.img</file> ディスクを更新します。
 <example>
 hmount boot-floppy-hfs.img
 hcopy -r vmlinux.gz :zImage
--------------------

---
久保田智広 Tomohiro KUBOTA <kubota@debian.org>
http://www.debian.or.jp/~kubota/
"Introduction to I18N"  http://www.debian.org/doc/manuals/intro-i18n/