[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[debian-devel:14610] Re: optional or extra?



佐野@浜松です。

In <20011012104547Y.kohda@xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx>,
  on "Fri, 12 Oct 2001 10:41:34 +0900',
   with "[debian-devel:14607] Re: optional or extra?",
 Atsuhito Kohda <kohda@xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx> さん wrote:

> From: Fumitoshi UKAI <ukai@debian.or.jp>
> Subject: [debian-devel:14606] Re: optional or extra?
> Date: Fri, 12 Oct 2001 01:10:07 +0900
> 
> > > とあり lynx (standard) と conflict してるので extra 
> > > かな,と思ったのですがどうなんでしょうか?
> > 
> > extra が正しいですね。
> > lynx-cur, lynx-cur-wrapper, lynx-ja, lynx-ja-wrapper は extra にしときます。
> 
> 了解しました。
> 
> 念の為ですが,lynx-cur(-wrapper) は Debian です。
> で Debian Installer から extra にしなさい,と言われ

 |  lynx-cur-wrapper_2.8.5-1.3_all.deb: priority is overridden from optional to extra.
 |  lynx-cur_2.8.5-1.3_i386.deb: priority is overridden from optional to extra.

この前か後に、もうちょっと説明の文章がついていませんでした ?
ちゃんと「整合性を取るために ftp メンテナに連絡しなさい」と
書いてあるはずなんですが。

> たので JP の lynx-ja(-wrapper) を extra にしたら 
> JP Installer から optional にしなさい,と言われた,
> という経緯でした。

 | lynx 2.8.4 に patch が出たので lynx-ja を更新して
 | upload しました。それで lynx-cur の方で
 |  lynx-cur-wrapper_2.8.5-1.3_all.deb: priority is overridden from optional to extra.
 |  lynx-cur_2.8.5-1.3_i386.deb: priority is overridden from optional to extra.

手元のちょっと古い sid で見ると

 # apt-cache show lynx-cur
Package: lynx-cur
Priority: extra
Version: 2.8.5-1.1

ですから、もともと Override ファイルは extra だったのでは ?

 override file の説明は man dpkg-scanpackages と、
Debian Developer's Reference を見てください。
ver. 2.8.8, 20 July, 2001 の DDR では
"6.4.1. The override file" の項です。

そこに説明があるとおり、override ファイルの更新は
 ftp メンテナ (アーカイブの管理者、JP なら鵜飼さん)
による手作業です。

もともとの override file に記載された情報と、
新しく upload されたパッケージの情報が異なるので
それを伝えるメッセージが入っていた、ということだと
思います。

  | と言われたので lynx-ja も extra にしておいたところ
  | 今度は逆に

  | lynx-ja-wrapper_2.8.4-1.1_all.deb: priority is overridden from extra to optional.
  | lynx-ja_2.8.4-1.1_i386.deb: priority is overridden from extra to optional.

これは

 # apt-cache show lynx-ja
Package: lynx-ja
Priority: optional
Version: 2.8.4-1

でしたから、lynx-ja のほうはもともと optional だった
ということですよね。

Debian のパッケージと JP のパッケージの依存関係など、
整合を取るのは個々のパッケージ管理者の仕事です。
セクションやプライオリティについても同様。

変更の必要があれば、各パッケージの担当者が ftp 管理者に
連絡を取ってください。

なお developpers reference の日本語訳にも

6.4.1. オーバライドファイル
---------------------------

     `debian/control' ファイルの `Section' および `Priority' フィールドは、
     そのファイルがアーカイブのどこに設置されるかや、その priority を
     実際に特定するものではありません。
     アーカイブ全体を整理された状態にしておくために、
     これらのフィールドの管理はアーカイブメンテナが行ないます。 そのため
     `debian/control' ファイルに設定された値は、
     実際はそのヒントになるだけです。

     アーカイブメンテナは、パッケージの正式なセクションやプライオリティを
     _override file_ にて管理します。 場合によっては _override file_
     は修正が必要になります。 ただ、パッケージの `control'
     ファイルを単に変更しても効果はありません。 その代わりに
     <override-change@debian.org> に電子メールを送るか、 `ftp.debian.org'
     に対するバグとして報告を行なわなければなりません

     _override files_ に関するより詳細な情報については、
     dpkg-scanpackages(8) や、
     `/usr/doc/debian/bug-log-mailserver.txt'、`/usr/doc/debian/bug-maint-info.txt'
     をご覧ください。

と書かれています。

-- 
 # (わたしのおうちは浜松市、アカウミガメのふるさとの街)
   <kgh12351@xxxxxxxxxxx> : Taketoshi Sano (佐野 武俊)