[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

Developer's Reference chap.1,2



遠藤です。

Debian デベロッパーズリファレンスの第 1 章および第 2 章の翻訳です。
チェックお願いします。

# 下訳は約半分ほど済んでいます。が、最近になってオリジナル版に手が入っ
# たので、最新版に追い付くよう更新しつつ、こちらで見ていただこうと考え
# ています。

|     <chapt id="scope">Scope of This Document
|       <p>
| The purpose of this document is to provide an overview of the
| recommended procedures and the available resources for Debian
| developers.
|       <p>

    <chapt id="scope">この文書が扱う領域
      <p>
この文書の目的は、Debian 開発者に推奨される手続きと利用可能なリソースとに
関する概観を提供することにあります。
      <p>

| The procedures discussed within include how to become a maintainer
| (<ref id="new-maintainer">); how to upload new packages (<ref
| id="upload">); how and when to do ports and interim releases of other
| maintainers' packages (<ref id="nmu">); how to move, remove, or orphan
| packages (<ref id="archive-manip">); and how to handle bug reports
| (<ref id="bug-handling">).
|       <p>

こちらで扱う諸手続きは、
開発者になる方法 (<ref id="new-maintainer">)や、
新たなパッケージをアップロードする方法 (<ref id="upload">)、
他の開発者によるパッケージを移植したり臨時リリースするには
いつどのようにしたらよいのか (<ref id="nmu">)、
パッケージを移動、削除、みなしご化 (orphan) する方法 (<ref
id="archive-manip">)、バグ報告の扱い方 (<ref id="bug-handling">)
にわたります。
      <p>

| The resources discussed in this reference include the mailing lists
| and servers (<ref id="servers">); a discussion of the structure of the
| Debian archive (<ref id="archive">); explanation of the different
| servers which accept package uploads (<ref id="upload-master">); and a
| discussion of resources which can help maintainers with the quality of
| their packages (<ref id="tools">).
|       <p>

また、このリファレンスで触れるリソースには、
メーリングリストとサーバ (<ref id="servers">)、
Debian アーカイブの構成に関する解説 (<ref id="archive">)、
パッケージアップロードを受け付けるさまざまなサーバの説明
(<ref id="upload-master">)、
パッケージの品質を高めるために開発者が利用できるリソースについての解説
(<ref id="tools">) などがあります。
      <p>

| It should be clear that this reference does not discuss the technical
| details of the Debian package nor how to generate Debian packages;
| that information is discussed in the <url id="&url-pkg-manual;"
| name="Debian Packaging Manual">.  Nor does this reference detail the
| standards to which Debian software must comply; that information can
| be found in the <url id="&url-debian-policy;" name="Debian Policy
| Manual">.
|       <p>

初めに明らかにしておきたいのですが、
このリファレンスは、Debian パッケージに関する技術的な詳細や、
Debian パッケージの作成方法を説明するものではありません。
その情報については、<url id="&url-pkg-manual;"
name="Debian パッケージングマニュアル"> にて論じられています。
また、このリファレンスは Debian
ソフトウェアが準拠すべき基準を詳細に解説するようなものでもありません。
その情報については、<url id="&url-debian-policy;"
name="Debian ポリシーマニュアル"> をご覧ください。
      <p>

| Furthermore, this document is <em>not an expression of formal
| policy</em>.  It contains documentation for the Debian system, and
| generally agreed-upon best practices.

さらに、この文書は<em>公式なポリシーを明らかにするものではありません</em>。
こちらに含まれるのは Debian システムに関する記述と、
一般的に認められている慣習に関する記述です。

|     <chapt id="new-maintainer">Applying to Become a Maintainer
| 	
|       <sect>Getting started
| 	<p>
| So, you've read all the documentation, you understand what everything
| in the <package>hello</package> example package is for, and you're about to
| Debianize your favourite piece of software.  How do you actually
| become a Debian developer so that your work can be incorporated into
| the Project?
| 	<p>

    <chapt id="new-maintainer">開発者になるための申し込み
	
      <sect>はじめよう
	<p>
あなたは、すでにすべての文書を読み、例題の <package>hello</package> 
パッケージの内容をすべて理解し、
さぁこれからお気に入りのソフトウェアを Debianize しようとしているとします。
では、Debian 開発者になって、自分で作ったパッケージを Debian プロジェクト
に組み入れるためには、実際のところどうすればよいのでしょうか?
	<p>

| Firstly, subscribe to &email-debian-devel; if you haven't already.
| Send the word <tt>subscribe</tt> in the <em>Subject</em> of an email
| to &email-debian-devel-req;.  In case of problems, contact the list
| administrator at &email-listmaster;.  More information on available
| mailing lists can be found in <ref id="mailing-lists">.
| 	<p>

まだ &email-debian-devel; を購読していないならば、
まず最初にこちらを購読しましょう。
<em>Subject</em> に <tt>subscribe</tt> と書いた電子メールを
&email-debian-devel-req; に送ってください。
なにか問題があったら、メーリングリスト管理者
&email-listmaster; と連絡をとってください。
利用可能なメーリングリストについての情報は
<ref id="mailing-lists"> をご覧ください。
	<p>

| You should subscribe and lurk (that is, read without posting) for a
| bit before doing any coding, and you should post about your intentions
| to work on something to avoid duplicated effort.
| 	<p>

実際に行動を起こしたりコードを書いたりする前に、
まずはこちらを購読し、しばらくは様子を見て
(つまり読むだけで投稿は控えて) みましょう。
そうしたら作業が重複しないように、
あなたがどんな作業を行なうかについての投稿をしてください。
	<p>

| Another good list to subscribe to is &email-debian-mentors;.  See <ref
| id="mentors"> for details.  The IRC channel <tt>#debian</tt> on the
| Linux People IRC network (e.g., <tt>irc.debian.org</tt>) can also be
| helpful.

&email-debian-mentors; を購読するのもよい考えです。
詳しくは <ref id="mentors"> をご覧ください。
また Linux People IRC ネットワーク (例えば <tt>irc.debian.org</tt>) 上の
<tt>#debian</tt> IRC チャンネルも役に立つでしょう。

|       <sect id="registering">Registering as a Debian developer
| 	<p>
| Before you decide to register with the Debian Project, you will need
| to read the <url id="&url-social-contract;" name="Debian Social
| Contract">.  Registering as a developer means that you agree with and
| pledge to uphold the Debian Social Contract; it is very important that
| maintainers are in accord with the essential ideas behind Debian
| GNU/Linux.  Reading the <url id="&url-gnu-manifesto;" name="GNU
| Manifesto"> would also be a good idea.
| 	<p>

      <sect id="registering">Debian 開発者としての登録
	<p>
Debian プロジェクトへの登録を決めるまえに、<url id="&url-social-contract;" 
name="Debian の社会契約">を読む必要があります。
開発者として登録するということは、
Debian の社会契約に同意し、その支持を誓約することを意味します。
Debian GNU/Linux の背景にある考え方の本質に対して、
開発者が同意をすることは極めて重要です。
また <url id="&url-gnu-manifesto;" name="GNU 宣言">
も読んでおくとよいでしょう。
	<p>

| The process of registering as a developer is a process of verifying
| your identity and intentions.  As the number of people working on
| Debian GNU/Linux has grown to over &number-of-maintainers; people and
| our systems are used in several very important places we have to be
| careful about being compromised.  Therefore, we need to verify new
| maintainers before we can give them accounts on our servers and
| letting them upload packages.
| 	<p>

開発者として登録するためには、
あなたの身元 (identity) とプロジェクトで何をするのか
についての確認を行ないます。
Debian GNU/Linux に関わる作業を行なう人々の数は
&number-of-maintainers; 人を越えるまでに増え、
私たちのシステムは極めて重要なさまざまな領域で利用されているために、
悪意を持った存在に対して慎重になる必要があります。
そのため、新メンテナにサーバのアカウントを与えパッケージのアップロードを
許可する前に、その新メンテナを確かめる必要があるのです。
	<p>

| Registration requires that the following information be sent to
| &email-new-maintainer; as part of the registration application:
| <list>
| 	    <item>
| Your name.


登録に際しては、その手続きの一つとして、以下の情報を 
&email-new-maintainer; に送る必要があります。
<list>
	    <item>
ご自分の氏名

| 	    <item>
| Your preferred login name on <tt>master</tt> (eight characters or
| less), as well as the email address at which you'd prefer to be
| subscribed to &email-debian-private; (typically this will be either
| your primary mail address or your new <tt>debian.org</tt> address).

	    <item>
希望する <tt>master</tt> サーバのログイン名 (8 文字以下) と、
&email-debian-private; を購読する際の電子メールアドレス
(一般的に、こちらはご自分が普段使っている電子メールアドレスか、
ご自分の新しい <tt>debian.org</tt> アドレスになります。)

| 	    <item>
| A phone number where we can call you.  Remember that the new
| maintainer team usually calls during evening hours to save on long
| distance tolls.  Please do not give a work number, unless you are
| generally there in the evening.

	    <item>
連絡可能な電話番号。
注意していただきたいのですが、
新メンテナチームは長距離通話料を節約するために、通常は夜に電話をかけます。
夜に勤務先にいるのが普通でない限り、勤務先の電話番号は書かないでください。

| 	    <item>
| A statement of intention, that is, what package(s) you intend to work
| on, which Debian port you will be assisting, or how you intend to
| contribute to Debian.

	    <item>
プロジェクト参加の意図に関する宣言。
こちらにはどんなパッケージを作成しようとしているか、
どの Debian 移植版を手伝おうとしているのか、
どのように Debian に貢献しようと考えているのかを書きます。

| 	    <item>
| A statement that you have read and agree to uphold the <url
| id="&url-social-contract;" name="Debian Social Contract">.

	    <item>
<url id="&url-social-contract;" name="Debian 社会契約"> を読み、
それを支持することに同意する旨の宣言

| 	    <item>
| Some mechanism by which we can verify your real-life identity. For
| example, any of the following mechanisms would suffice:

	    <item>
あなたの実生活での身元を確認するための手段。
例えば以下に挙げる手段ならば問題ありません。

| <list>
| 		  <item>
| An RSA key signed by any well-known signature, such as:

<list>
		  <item>
以下のものによる、私たちが確認可能な署名によってサインされた RSA 鍵

| <list>
| 			<item>
| Any current Debian developer you have met <em>in real life</em>.

<list>
			<item>
<em>実生活上</em>で会ったことがある現行の Debian 開発者

| 			<item>
| Any formal certification service (such as Verisign, etc.) that
| verifies your identity.  A certification that verifies your email
| address, and not you identity, is not sufficient.
| 		      </list>

			<item>
あなたの身元を証明する (Verisign などのような) 公式な認証サービス。
電子メールアドレスに関する証明で、
あなたの身元を証明するものでないものでは、不十分です。
		      </list>

| 		  <item>
| Alternatively, you may identify yourself with a scanned (or physically
| mailed) copy of any formal documents certifying your identity (such as
| a birth certificate, national ID card, U.S. Driver's License, etc.).
| If emailed, please sign the mail with your PGP key.
| 		</list>
| 	  </list>

		  <item>
また、ご自身の身元が確認できる公式証明書
(出生証明書、国民証明書、アメリカ合衆国運転免許証) の写しをスキャン
(あるいは郵送)、することによって身元を証明することもできます。
なお、こちらを電子メールで送る場合は、ご自分の PGP 鍵で署名してください。
		</list>
	  </list>

| 	<p>
| If you do not have an RSA key yet, generate one. Every developer needs
| a RSA key in order to sign and verify package uploads. You should read
| the PGP manual, since it has much important information which is
| critical to its security.  Many more security failures are due to
| human error than to software failure or high-powered spy techniques.
| See <ref id="key-maint"> for more information on maintianing your
| public key.

	<p>
もしまだ RSA 鍵を持っていないならば、それを生成してください。
アップロードするパッケージに署名し、それを確認するために、
開発者には全員 RSA 鍵が必要です。
PGP のマニュアルにはセキュリティに関する極めて重要な情報が書かれていますので、
そちらはよく読んでおいてください。
セキュリティ上の問題のほとんどは、
ソフトウェア上の欠陥や高度なクラック技術によるものというよりは、
人間のミスによるものなのです。
お使いになる公開鍵の管理に関するより詳細な情報については
<ref id="key-maint"> をご覧ください。

| 	<p>
| Debian uses <prgn>pgp</prgn> version 2.6 as its baseline standard.
| You can use <prgn>gpg</prgn> or some other version of <prgn>pgp</prgn>
| if and only if you can create an RSA key compatible with
| <prgn>pgp</prgn> version 2.6.  Note that we are also working on the
| ability to use non-RSA keys, since RSA algorithms have patent
| protection, but this is still in early stages.

	<p>
Debian はその基準となる標準として
<prgn>pgp</prgn> バージョン 2.6 を利用します。
<prgn>pgp</prgn> バージョン 2.6 と互換性のある
RSA 鍵を生成する場合 (に限って)、<prgn>gpg</prgn> や
<prgn>pgp</prgn> の他のバージョンを利用することもできます。
なお、RSA アルゴリズムが特許で保護されたものであることから、
私たちは 非 RSA 鍵を用いるものが利用できるよう作業を進めています。
ただ、こちらの作業はまだ初期段階にあります。

| 	<p>
| Your RSA key must be at least 1024 bits long.  There is no reason to
| use a smaller key, and doing so would be much less secure.  Your key
| must be signed with at least your own user ID.  This prevents user ID
| tampering.  You can do it by executing <tt>pgp -ks
| <var>your_userid</var></tt>.

	<p>
お使いになる RSA 鍵は、少なくとも 1024 ビット長のものでなくてはなりません。
これより短い鍵はセキュリティが低いので、それをわざわざ使う必要はありません。
また、お使いになる鍵には、少なくともご自分のユーザ ID
を用いて署名しておいてください。
こうすることによって ユーザ ID の改竄を防ぐことができます。
そのためには <tt>pgp -ks <var>your_userid</var></tt> を実行してください。

| 	<p>
| Also remember that one of the names on your key must match the email
| address you list as the official maintainer for your packages.  For
| instance, I set the maintainer of the
| <package>developers-reference</package> package to ``Adam Di Carlo
| &lt;aph@debian.org&gt;''; therefore, one of the user IDs on my RSA key
| is that same value, ``Adam Di Carlo &lt;aph@debian.org&gt;''.

	<p>
また お使いになる鍵上の名前の一つが、
作成したパッケージであなたが公式開発者として用いる
電子メールアドレスと一致するようにしてください。
例えば、私は <package>developers-reference</package> パッケージの開発者を
``Adam Di Carlo &lt;aph@debian.org&gt;'' としていますが、
それゆえ、私の RSA 鍵のユーザ ID の一つは、これと同じ値
``Adam Di Carlo &lt;aph@debian.org&gt;'' をもっています。

| 	<p>
| If your RSA key isn't on public key servers such as &pgp-keyserv;,
| please read the documentation available locally in &file-keyservs;.
| That document contains instructions on how to put your key on the
| public key servers.  The New Maintainer Group will put your public key
| on the servers if it isn't already there.

	<p>
まだご自分の PGP 鍵を &pgp-keyserv; のような公開鍵サーバに
登録していない場合は、お手元のコンピュータで利用できる 
&file-keyservs; という文書をお読みください。
この文書にはご自分の鍵を公開鍵サーバに登録する方法が説明されています。
あなたの公開鍵が公開サーバに登録されていなかった場合は、
New Maintainer グループがその登録を行ないます。

| 	<p>
| Due to export restrictions by the United States government some Debian
| packages, including <package>pgp</package>, have been moved to an ftp
| site outside of the United States. You can find the current locations
| of those packages at <url id="&url-readme-non-us;">.

	<p>
アメリカ合衆国の輸出制限のために <package>pgp</package>
を含むいくつかのパッケージは、合衆国外の ftp サーバに置いてあります。
これらのパッケージが現在置かれている場所に関しては、
<url id="&url-readme-non-us;"> をご覧ください。

| 	<p>
| Some countries restrict the use of cryptographic software by their
| citizens.  This need not impede one's activities as a Debian package
| maintainer however, as it may be perfectly legal to use cryptographic
| products for authentication, rather than encryption purposes (as is
| the case in France).  The Debian Project does not require the use of
| cryptography <em>qua</em> cryptography in any manner.  If you live in a
| country where use of cryptography even for authentication is forbidden
| then please contact us so we can make special arrangements.

	<p>
国によっては、暗号ソフトウェアの利用を国民に禁じているところもあります。
しかし、(フランスの場合など) 暗号を扱う製品を、暗号の利用のためではなく認
証のために利用することは完全に合法ですから、こちらも Debian パッケージ開発
者の活動を妨げるものではありません。
Debian プロジェクトでは、暗号の生成、解読のために、
それを利用することは求められません。
なお、認証のための暗号利用が禁止されている国に住んでいる場合は、
特別な措置を講じますのでご連絡ください。

| 	<p>
| Once you have all your information ready, and your public key is
| available on public key servers, send a message to
| &email-new-maintainer; to register as an offical Debian developer so
| that you will be able to upload your packages.  This message must
| contain all the information discussed above.  The message must also
| contain your RSA public key (extracted using <tt>pgp -kxa</tt> in the
| case of PGP) for the database of keys which is distributed from <url
| id="url-debian-keyring;">, or the <package>debian-keyring</package>
| package.  Please be sure to sign your request message with your chosen
| public key.

	<p>
ご自分に関する情報をすべて用意しおわり公開鍵が公開鍵サーバに登録されたら、
ご自分のパッケージをアップロードできるよう
公式 Debian 開発者の登録を行なうために、
&email-new-maintainer; 宛てに電子メールを送ってください。
この電子メールには、上記の情報がすべて含まれていなければなりません。
また、このメールには <url id="&url-debian-keyring;"> や、
<package>debian-keyring</package> パッケージで配布される鍵データベース用に、
ご自分の RSA 公開鍵を添えなければなりません。
(PGP の場合は <tt>pgp -kxa</tt> として鍵を取り出してください。)
なお、この申請メールには自分で選んだ公開鍵で必ず署名してください。

| 	<p>
| Once this information is received and processed, you should be
| contacted with information about your new Debian maintainer account.
| If you don't hear anything within 7-14 days, please send a followup
| message asking if your original application was received.  Do
| <em>not</em> re-send your original application, that will just confuse
| the new-maintainer team. Please be patient, especially near release
| points; mistakes do occasionally happen, and people do sometimes run
| out of volunteer time.

	<p>
これらの情報が受け取られて処理されれば、あなたの Debian
開発者としての新たなアカウントに関する情報が連絡されるはずです。
もし 7 〜 14 日以内に何も連絡がなかったら、
申請メールが届いているかどうか尋ねるために、
フォローアップメッセージを送ってください。
申請メールを繰り返して送るようなことは、
new-maintainer チームが混乱するだけですので、
決して<em>しない</em>でください。
特にリリースが近づいている場合などは、
間違いも起こりやすく、担当者も時間に追われているので、
辛抱強くお待ちください。

|       <sect id="mentors">Debian Mentors
| 	<p>
| The mailing list &email-debian-mentors; has been set up for novice
| maintainers who seek help with initial packaging and other
| developer-related issues.  Every new developer is invited to subscribe
| to that list (see <ref id="mailing-lists"> for details).
| 	<p>
| Those who prefer one-on-one help (e.g., via private email) should also
| post to that list and an experienced developer will volunteer to help.

      <sect id="mentors">Debian Mentors (指導者)
	<p>
新米開発者が初めてパッケージを作成したり、
開発に関連する他の問題を解決する際に、その手助けができるよう
メーリングリスト &email-debian-mentors; が用意されています。
新規開発者にはこのメーリングリストの購読が進められています。
(詳細は <ref id="mailing-lists"> をご覧ください。)
	<p>
(例えば、私的な電子メールのやりとりなど) 一対一の援助を望まれる場合も、
このメーリングリストを利用してください。
経験豊富な開発者が手助けを申し出てくれるでしょう。

-- 
Yoshizumi Endo <y-endo@xxxxxxxxxxxxxxx>