[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

Developer's Reference chap.3,4



遠藤です。

Debian デベロッパーズリファレンスの第 3 章および第 4 章の翻訳です。
チェックお願いします。

|    <chapt id="user-maint">Maintaining Your Debian Information
|
|      <sect id="key-maint">Maintaining Your Public Key
|	<p>
|Be very careful with your private keys.  Do not place them on any
|public servers or multiuser machines, such as
|<tt>master.debian.org</tt>.  Back your keys up; keep a copy offline.
|Read the documentation that comes with your software (either PGP or
|GNUPG); read the <url id="&url-pgp-faq;" name="PGP FAQ">.

    <chapt id="user-maint">Debian に登録した自分の情報を管理する

      <sect id="key-maint">自分の公開鍵を管理する
	<p>
ご自分の秘密鍵の扱いについては十分に注意してください。
それを公開サーバや <tt>master.debian.org</tt> 
のようなマルチユーザのマシンに置いたりしてはいけません。
またそのバックアップを取り、その写しをオフラインで保持しておいてください。
さらに、お使いになるソフトウェア (PGP ないし GNUPG) に付属する説明書や、
<url id="&url-pgp-faq;" name="PGP FAQ"> にも目を通してください。

|	<p>
|If you add or remove signatures from your public key, or add or remove
|user identities, you need to update the key servers and mail your
|public key to &email-debian-keyring;.  The same key extraction
|routines discussed in <ref id="registering"> apply.

	<p>
ご自分の公開鍵に署名やユーザ ID を加えたり削除した場合には
鍵サーバ上の公開鍵を更新するとともに、
ご自分の公開鍵を &email-debian-keyring;
に電子メールで送付する必要があります。
その鍵を取り出す方法については <ref id="registering">
で説明してあります。

|	<p>
|You can find a more in-depth discussion of Debian key maintenance in
|the documentation for the <package>debian-keyring</package> package.

	<p>
Debian における鍵管理についてのより詳細な検討については、
<package>debian-keyring</package>
パッケージのドキュメントをご覧ください。

|      <sect>Retiring Gracefully
|	<p>
|If you choose to leave the Debian project, you should make sure you do
|the following steps:
|<enumlist>
|	    <item>
|Orphan all your packages, as described in <ref id="orphaning">.
|	    <item>
|Send an email about how you are leaving the project to
|&email-debian-private;.
|	    <item>
|Notify the Debian key ring maintainers that you are leaving by
|emailing to &email-debian-keyring;.
|	  </enumlist>

      <sect>丁重に脱退する
	<p>
Debian プロジェクトから脱退を決めた場合は、
必ず以下の手続きを行なうべきです。
<enumlist>
	    <item>
<ref id="orphaning"> の説明にしたがい、
自分のパッケージすべてをみなしご化する
	    <item>
プロジェクト脱退の理由に関する電子メールを
&email-debian-private; に送る
	    <item>
&email-debian-keyring; 宛てに電子メールを送り、
Debian キーリング管理者にプロジェクト脱退を伝える
	  </enumlist>

|    <chapt id="servers">Mailing Lists, Servers, and Other Machines
|      <p>
|In this chapter you will find a very brief road map of the Debian
|mailing lists, the main Debian servers, and other Debian machines
|which may be available to you as a developer.

    <chapt id="servers">メーリングリストや、サーバ、他のマシン
      <p>

この章では、開発者が利用できる Debian メーリングリストおよび主な Debian
サーバや他の Debian マシンに関する簡単な紹介を行ないます。

|      <sect id="mailing-lists">Mailing lists
|	<p>
|The mailing list server is at <tt>&lists-host;</tt>.  Mail
|<tt>debian-<var>foo</var>-REQUEST@&lists-host;</tt>, where
|<tt>debian-<var>foo</var></tt> is the name of the list, with the word
|<tt>subscribe</tt> in the <em>Subject</em> to subscribe to the list or
|<tt>unsubscribe</tt> to unsubscribe.  More detailed instructions on
|how to subscribe and unsubscribe to the mailing lists can be found at
|<url id="&url-debian-lists-subscribe;">, <url id="&url-debian-lists;">
|or locally in &file-mail-lists; if you have the
|<package>doc-debian</package> package installed.

      <sect id="mailing-lists">メーリングリスト
	<p>
メーリングリストサーバは <tt>&lists-host;</tt> にあります。
購読する場合は <tt>subscribe</tt> を購読を取り消す場合は
<tt>unsubscribe</tt> と <em>Subject</em> に書いて、
<tt>debian-<var>foo</var>-REQUEST@&lists-host;</tt>
に電子メールを送ってください。
その際 <tt>debian-<var>foo</var></tt>
にはそのメーリングリストの名前を当てはめてください。
メーリングリストの購読とその購読取り消しに関するより詳細な説明については、
<url id="&url-debian-lists-subscribe;">や
<url id="&url-debian-lists;">、また
<package>doc-debian</package> パッケージをインストールしている場合は、
お手元のマシンの &file-mail-lists; をご覧ください。

|	<p>
|When replying to messages on the mailing list, please do not send a
|carbon copy (<tt>CC</tt>) to the original poster unless they explicitly
|request to be copied.  Anyone who posts to a mailing list should read
|it to see the responses.

	<p>
メーリングリストのメッセージに返信をする場合、
カーボンコピー  (<tt>CC</tt>) をオリジナルの発信者に送ることは、
そうすることが明示的に求められていない限りはしないでください。
メーリングリストに投稿した人は、その返信をメーリングリスト上で読むはずです。

|	<p>
|The following are the core Debian mailing lists: &email-debian-devel;,
|&email-debian-policy;, &email-debian-user;, &email-debian-private;,
|&email-debian-announce;, and &email-debian-devel-announce;.  All
|developers are expected to be subscribed to at least
|&email-debian-private and &email-debian-devel-announce;.  There are
|other mailing lists are available for a variety of special topics; see
|<url id="&url-debian-lists-subscribe;"> for a list.  Cross-posting
|(sending the same message to multiple lists) is discouraged.

	<p>
Debian の中核的なメーリングリストには、&email-debian-devel; や、
&email-debian-policy;、&email-debian-user;、&email-debian-private;、
&email-debian-announce;、&email-debian-devel-announce; があります。
開発者は全員少なくとも &email-debian-private と 
&email-debian-devel-announce; を購読することが期待されます。
特別な目的を持つ他のメーリングリストに関しては、
<url id="&url-debian-lists-subscribe;"> をご覧ください。
また、クロスポスト (同じメッセージを複数のメーリングリストへ投稿すること)
はなるべく避けてください。

|	<p>
|&email-debian-private; is a special mailing lists for private
|discussions amongst Debian developers.  It is meant to be used for
|posts which for whatever reason should not be published publically.
|As such, it is a low volume list, and users are urged not to use
|&email-debian-private; unless it is really necessary.  Moreover, do
|<em>not</em> forward email from that list to anyone.

	<p>
&email-debian-private; は、Debian 開発者間の私的な議論のために
用意された特別なメーリングリストです。
こちらは、いかなる理由があったとしても、
公には公開しない投稿のために用いられるものです。
そのため、こちらは小規模なメーリングリストで、
本当に必要な場合を除いて &email-debian-private; の利用は勧められません。
さらに、このメーリングリストの電子メールを他者に転送しては
<em>いけません</em>。

|	<p>
|As ever on the net, please trim down the quoting of articles you're
|replying to.  In general, please adhere to the usual conventions for
|posting messages.
|	<p>
|Online archives of mailing lists are available at <url
|id="&url-debian-list-archives;">.

	<p>
ネットワークにおける通例通りに、
返信する場合の記事の引用は控え目にしてください。
また、一般的にメッセージ投稿に関しては通例の慣習にしたがってください。
	<p>
メーリングリストのオンラインアーカイブは
<url id="&url-debian-list-archives;"> にて利用できます。

|      <sect id="server-machines">Debian servers
|	<p>
|Debian servers are well known servers which serve critical functions
|in the Debian project.  Every developer should know what these servers
|are and what they do.

      <sect id="server-machines">Debian サーバ群
	<p>
Debian サーバ群はよく知られていますが、
Debian プロジェクトにおいて極めて重要な機能を果たしています。
各開発者は各サーバがどのようなもので、何を行なっているのかを
知っておくべきでしょう。

|	<p>
|If you have a problem with the operation of Debian server, and you
|think that the system operators need to be notified of this problem,
|please find the contact address for the particular role at <url
|id="&url-debian-contacts;">.  If you have a non-operating problems
|(such as packages to be remove, suggestions for the web site, etc.),
|generally you'll report a bug against a ``pseudo-package''.  See <ref
|id="submit-bug"> for information on how to submit bugs.

	<p>
もし Debian サーバの利用に問題があり、
その問題をシステム管理者に知らせる必要があると思われる場合は、
<url id="&url-debian-contacts;"> 
をご覧になって、その担当者の連絡先を確認してください。
また、サーバの利用に関するもの以外の問題
(例えばパッケージの削除や、ウェブサイトへの提案など) がある場合は、
一般的には「仮想パッケージ」に対するバグとして報告を行なってください。
バグ報告に関する情報については <ref id="submit-bug"> をご覧ください。

|      <sect1 id="servers-master">The master server
|	<p>
|The master server, <tt>master.debian.org</tt>, holds the canonical copy
|of the Debian archive (excluding the non-U.S. packages). Generally,
|package uploads go to this server; see <ref id="upload">. 

      <sect1 id="servers-master">master サーバ
	<p>
master サーバ <tt>master.debian.org</tt> には、
(non-U.S. パッケージを除く) Debian 
アーカイブの正式な写しが保持されています。
一般的にパッケージはこのサーバにアップロードされます。
<ref id="upload"> をご覧ください。

|	<p>
|<tt>master.debian.org</tt> is the canonical location for the Bug
|Tracking System (BTS).  If you plan on doing some statistical analysis
|or processing of Debian bugs, this would be the place to do it.
|Please describe your plans on &email-debian-devel; before implementing
|anything, however, to reduce unnecessary duplication of effort or
|wasted processing time.

	<p>
また、バグ追跡システム (BTS) が正式におかれているのも、
この <tt>master.debian.org</tt> です。
Debian バグの統計的な分析や処理を行ないたい場合に、
それを行なうのもこちらになります。
しかしながら、そこに何かを実装する前には、
無駄な労力や時間の浪費を避けるために、
&email-debian-devel; にてあなたのプランを説明してください。

|	<p>
|All Debian developers have accounts on <tt>master.debian.org</tt>.
|Please take care to protect your password to this machine.  Try to
|avoid login or upload methods which send passwords over the Internet
|in the clear.

	<p>
Debian 開発者はすべて <tt>master.debian.org</tt> にアカウントを持ちます。
このマシンのパスワードの管理には注意してください。
危険を犯してインターネット越しにパスワードを送るような、
ログインやアップロードメソッドは避けるようにしてください。

|	<p>
|If you find a problem with <tt>master.debian.org</tt> such as disk
|full, suspicious activity, or whatever, send an email to
|&email-debian-admin;.  Problems with the Debian FTP archive generally
|need to be reported as bugs against the
|<package>ftp.debian.org</package> pseudo-package or an email to
|&email-ftpmaster;, but also see the procedures in <ref
|id="archive-manip">.

	<p>
<tt>master.debian.org</tt> でディスクフル、不審な動作などを見かけた場合は、
&email-debian-admin; 宛てに電子メールを送ってください。
Debian FTP アーカイブに関する問題については、通常
<package>ftp.debian.org</package> 
仮想パッケージに対するバグとして報告するか、
&email-ftpmaster; 宛てに電子メールを送る必要があります。
なお、その手続きについては <ref id="archive-manip"> をご覧ください。


|      <sect1 id="servers-www">The WWW servers
|	<p>
|The main web server, <tt>www.debian.org</tt>, is also known as
|<tt>va.debian.org</tt>.  All developers are given accounts on this
|machine.

      <sect1 id="servers-www">WWW サーバ
	<p>
メインウェブサーバである <tt>www.debian.org</tt>
は、<tt>va.debian.org</tt> としても知られているものです。
開発者には全員にこのマシンのアカウントが付与されます。

|	<p>
|If you have some Debian-specific information which you want to serve
|up on the web, you can do do this by putting material in the
|<file>public_html</file> directory under your home directory.  You can
|do this on either <tt>va.debian.org</tt> or
|<tt>master.debian.org</tt>.  Any material you put in those areas are
|accessible via the URLs
|<tt>http://www.debian.org/~<var>user-id</var>/</tt> and
|<tt>http://master.debian.org/~<var>user-id</var>/</tt>, respectively.
|Generally, you'll want to use <tt>va</tt>, for the
|<tt>www.debian.org</tt> address, although in some cases you may need
|to put it on <tt>master</tt>.  Please do not put any material on
|Debian servers not relating to Debian, unless you have prior
|permission. Send mail to &email-debian-devel; if you have any
|questions.

	<p>
ウェブ上でもっぱら Debian に関連する情報を提供したい場合は、
ご自分のホームディレクトリ配下の <file>public_html</file>
ディレクトリにファイルを設置すれば可能です。
こちらに関しては <tt>va.debian.org</tt> と
<tt>master.debian.org</tt> のどちらで行なっても結構です。
その場所に設置したファイルは、
<tt>http://www.debian.org/~<var>user-id</var>/</tt> か
<tt>http://master.debian.org/~<var>user-id</var>/</tt> という
URL 経由でそれぞれアクセスすることができます。
場合によっては <tt>master</tt> 
上にファイルを設置する必要があるかもしれませんが、
一般的には <tt>www.debian.org</tt> アドレス用に <tt>va</tt>
をご利用になりたいでしょう。
前もって許可を得ていない限り、Debian に関係のないコンテンツを
Debian サーバ上には設置しないください。
何か質問があるときには &email-debian-devel; へ電子メールを送ってください。

|	<p>
|If you find a problem with the Debian web server, you should generally
|submit a bug against the pseudo-package,
|<package>www.debian.org</package>.  First check whether or not someone
|else has already reported the problem on the <url
|id="&url-bts;db/pa/lwww.debian.org.html" name="Bug Tracking System">.

	<p>
Debian ウェブサーバに問題を見つけた場合、通常は 
<package>www.debian.org</package>
仮想パッケージに対するバグとして報告してください。
なお、まず初めに誰かがすでに同じ問題を報告していないかどうかを
<url id="&url-bts;db/pa/lwww.debian.org.html" name="バグ追跡システム">
で確認してください。

|      <sect1 id="servers-cvs">The CVS server
|	<p>
|<tt>cvs.debian.org</tt> is also known as <tt>va.debian.org</tt>,
|discussed above.  If you need the use of a publically accessible CVS
|server, for instance, to help coordinate work on a package between
|many different developers, you can request a CVS area on the server.

      <sect1 id="servers-cvs">CVS サーバ
	<p>
<tt>cvs.debian.org</tt> は前述の
<tt>va.debian.org</tt> としても知られているものです。
開発者が複数いるパッケージの協同作業を手伝う場合など、
CVS サーバへの公開アクセスを利用したい場合は、
このサーバの CVS エリア利用を依頼することができます。

|	  <p>
|Generally, <tt>cvs.debian.org</tt> offers a combination of local CVS
|access, anonymous client-server read-only access, and full
|client-server access through <prgn>ssh</prgn>.  Also, the CVS area can
|be accessed read-only via the Web at <url id="&url-cvsweb;">.

	  <p>
一般的に <tt>cvs.debian.org</tt> は、ローカル CVS アクセスや、
クライアント/サーバ式アノニマス読み込み専用アクセス、
<prgn>ssh</prgn> 経由クライアント/サーバ式フルアクセスを
組み合わせて提供します。
また、この CVS エリアには <url id="&url-cvsweb;">
からウェブ経由で読み込み専用アクセスをすることができます。

|	<p>
|To request a CVS area, send a request via email to
|&email-debian-admin;.  Include the name of the requested CVS area,
|what <tt>va.debian.org</tt> user account should own the CVS root area,
|and why you need it.

	<p>
CVS エリア利用の依頼をする場合は、&email-debian-admin;
宛てに電子メールで依頼してください。
その際には、必要とする CVS エリアの名前や、CVSROOT の所有者となる
<tt>va.debian.org</tt> 上のユーザアカウント、
こちらを必要とする理由を書き添えてください。

|      <sect1 id="servers-mirrors">Mirrors of Debian servers
|	<p>
|The web and FTP servers have several mirrors available.  Please do not
|put heavy load on the canonical FTP or web servers.  Ideally, the
|canonical servers only mirror out to a first tier of mirrors, and all
|user access is to the mirrors.  This allows Debian to better spread
|its bandwidth requirements over several servers and networks.  Note
|that newer push mirroring techniques ensure that mirrors are as
|up-to-date as they can be.

      <sect1 id="servers-mirrors">Debian サーバのミラー
	<p>
ウェブサーバおよび FTP サーバには、利用可能なミラーサーバが複数あります。
中核となる FTP サーバやウェブサーバには高い負荷を与えないでください。
理想的には、中核となるサーバは第一陣のミラーサーバにミラーを行なうのみで、
ユーザはすべてミラーにアクセスすることが望ましいです。
こうすれば Debian は必要とするネットワーク帯域を、
複数のサーバやネットワークにより適切に分散させることができます。
なお、より新しいミラーリング送出技術によって、
ミラーが可能な限り最新であることが保証されます。

|	<p>
|The main web page listing the available public FTP (and, usually,
|HTTP) servers can be found at <url id="&url-debian-mirrors;">.  More
|information concerning Debian mirrors can be found at <url
|id="&url-debian-mirroring;">.  This useful page includes information
|and tools which can be helpful if you are interested in setting up
|your own mirror, either for internal or public access.

	<p>
利用可能な公開 FTP (および、通常は、HTTP)
サーバの一覧を掲載するメインウェブページは
<url id="&url-debian-mirrors;"> にあります。
Debian ミラーに関するより詳しい情報については
<url id="&url-debian-mirroring;"> をご覧ください。
この有益なページには、内部向けアクセスや公的アクセスのどちらにおいても、
独自にミラーを設置することに関心がある場合に
役立つ情報やツールが含まれています。

|	<p>
|Note that mirrors are generally run by third-parties who are
|interested in helping Debian.  As such, developers generally do not
|have accounts on these machines.

	<p>
普通これらのミラーは Debian 
への協力に関心のあるサードパーティーによって運営されています。
そのため通常、開発者はこれらのマシンにアカウントがありません。

|	<p>
|Please do not mirror off of <tt>master.debian.org</tt>.  This host
|already has too much load.  Check the sites above for information, or
|email <email>debian-devel@lists.debian.org</email>.

	<p>
<tt>master.debian.org</tt> のミラーをとることはしないでください。
このホストはすでに相当高い負荷を負っています。
その情報については上記のサイトを確認するか、
<email>debian-devel@lists.debian.org</email>
宛てに電子メールを送ってください。

|      <sect id="other-machines">Other Debian Machines
|	<p>
|There are other Debian machines which may be made available to you.
|You can use these for Debian-related purposes as you see fit.  Please
|be kind to system administrators, and do not use up tons and tons of
|disk space, network bandwidth, or CPU without first getting the
|approval of the local maintainers.  Usually these machines are run by
|volunteers.  Generally, these machines are for porting activities.

      <sect id="other-machines">Debian の他のマシン
	<p>
開発者が利用できる Debian マシンは他にもあります。
これらのマシンは、利用者が適切であると判断する範囲内で、
Debian に関連する目的に利用できます。
なお、各システム管理者に迷惑をかけないように注意してください。
また、まず最初にローカルメンテナに了解を得ない限りは、
ディスクスペースや、ネットワーク帯域、CPU などをむやみに使わないでください。
普通これらのマシンはボランティアによって運営されています。
これらのマシンは一般的に移植作業用です。

|	<p>
|Aside from the servers mentioned in <ref id="server-machines">, there
|is a list of machines available to Debian developers at <url
|id="&url-devel-machines;">.

	<p>
<ref id="server-machines"> で触れた各サーバとは別に、
Debian 開発者が利用できるマシンの一覧が 
<url id="&url-devel-machines;"> にあります

-- 
Yoshizumi Endo <y-endo@xxxxxxxxxxxxxxx>