[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

packaging manual 3.1.1.0



早瀬です。packaging manual 3.1.1.0 が出ました。
翻訳をこのバージョンに追従させました。
  cvs diff -r v3_0_1_1-ja1 -U 10
したものを以下に載せておきます。よろしくお願いします。

# ところで、この前 web で devel の ML を見ていたら、
# どなたかが、icewm は日本語を表示できないと書かれていたのですが、
# 私の環境 (slink) では、必要なソースを持って来て、そのまま
# dpkg-buildpackage しただけで日本語が出てます。
# これって、環境 (slink か potato か) の違いで、こうなって
# しまうのでしょうか?
# (devel 購読してないので、ここでぼそっと言ってみる。)

-- 
早瀬 茂規 (shayase@xxxxxxxxxxxxxxx)


Index: packaging-ja.sgml
===================================================================
RCS file: /home/hayase/.cvsroot/pack-man/packaging-ja.sgml,v
retrieving revision 1.1.1.1
retrieving revision 1.3
diff -U10 -r1.1.1.1 -r1.3
--- packaging-ja.sgml	1999/11/19 12:44:25	1.1.1.1
+++ packaging-ja.sgml	1999/11/20 16:18:31	1.3
@@ -2147,20 +2147,30 @@
 <!-- ORIG
 		  <qref id="f-classification"><tt>Section</tt> and
 		    <tt>Priority</tt></qref>
 		  (classification, mandatory)
  ORIG -->
 		  <qref id="f-classification"><tt>Section</tt> と
 		    <tt>Priority</tt></qref>
 		  (分類用、必須)
 		</p>
 	      </item>
+               <item>
+                 <p>
+<!-- ORIG
+                   <qref id="relationships"><tt>Build-Depends</tt> at
+                     al.</qref> (source package interrelationships)
+ ORIG -->
+                   <qref id="relationships"><tt>Build-Depends</tt>
+                     その他</qref> (ソースパッケージの相互関連)
+                 </p>
+               </item>
 	      <item>
 		<p>
 		  <qref id="f-Standards-Version"><tt>Standards-Version</tt></qref>
 		</p>
 	      </item>
 	    </list>
 
 	  <p>	
 <!-- ORIG
 	    The per-binary-package fields are:
@@ -2194,24 +2204,24 @@
 		  <qref id="f-classification"><tt>Section</tt> と
 		    <tt>Priority</tt></qref> (分類用)</p>
 	      </item>
 	      <item>
 		<p><qref id="f-Essential"><tt>Essential</tt></qref></p>
 	      </item>
 	      <item>
 		<p>
 <!-- ORIG
 		  <qref id="relationships"><tt>Depends</tt> et
-		  al.</qref> (package interrelationships)
+                  al.</qref> (binary package interrelationships)
  ORIG -->
 		  <qref id="relationships"><tt>Depends</tt> その他</qref>
-		  (パッケージ間の関連性)
+		  (バイナリパッケージ間の関連性)
 		</p>
 	      </item>
 	    </list>
 
 	  <p>	
 <!-- ORIG
 	    These fields are used by <prgn>dpkg-gencontrol</prgn> to
 	    generate control files for binary packages (see below), by
 	    <prgn>dpkg-genchanges</prgn> to generate the
 	    <tt>.changes</tt> file to accompany the upload, and by
@@ -2984,20 +2994,30 @@
 		  </item>
 		  <item>
 		    <p><qref id="f-Maintainer"><tt>Maintainer</tt></qref></p>
 		  </item>
 		  <item>
 		    <p><qref id="f-Binary"><tt>Binary</tt></qref></p>
 		  </item>
 		  <item>
 		    <p><qref id="f-Architecture"><tt>Architecture</tt></qref></p>
 		  </item>
+                  <item>
+                     <p>
+<!-- ORIG
+                       <qref id="relationships"><tt>Build-Depends</tt> et
+                         al.</qref> (source package interrelationships)
+ ORIG -->
+                       <qref id="relationships"><tt>Build-Depends</tt>
+                         その他</qref> (ソースパッケージの相互関連)
+                     </p>
+                  </item>
 		  <item>
 		    <p>
 		      <qref id="f-Standards-Version"><tt>Standards-Version</tt></qref></p>
 		  </item>
 		  <item>
 		    <p><qref id="f-Files"><tt>Files</tt></qref></p>
 		  </item>
 		</list>
 
 	      <p>		
@@ -3456,21 +3476,21 @@
 	  明記されている場合を除いて、フィールドの本体は一行の
 	  データのみが許されており、空白は意味を持ちません。空白は、
 	  名前 (パッケージやアーキテクチャ、ファイル、その他) や
 	  バージョン番号、複数のキャラクタのバージョン関係の中には、
 	  絶対にあってはいけません。
 	</p>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
 	  Field names are not case-sensitive, but it is usual to
-	  capitalise the fields using mixed case as shown below.
+	  capitalise the field names using mixed case as shown below.
  ORIG -->
 	  フィールドの名前には、大文字か小文字かは関係ありません。
 	  しかし、以下に示すように、大文字小文字を混在させる場合には、
 	  最初の一文字だけを大文字にするのが普通です。
 	</p>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
 	  Blank lines, or lines consisting only of spaces and tabs,
 	  are not allowed within field values or between fields - that
@@ -3516,21 +3536,21 @@
 	    the alphanumerics and <tt>+</tt> <tt>-</tt> <tt>.</tt>
 	    (plus, minus and full stop).
  ORIG -->
 	    バイナリパッケージの名前です。パッケージの名前は、
 	    英数字と <tt>+</tt> <tt>-</tt> <tt>.</tt>
 	    (プラスとマイナス、ピリオド) から成ります。
 	    <footnote>
 	      <p>
 <!-- ORIG
 		The characters <tt>@</tt> <tt>:</tt> <tt>=</tt>
-		<tt>t</tt>t> <tt>_</tt> (at, colon, equals, percent
+		<tt>%</tt> <tt>_</tt> (at, colon, equals, percent
 		and underscore) used to be legal and are still
 		accepted when found in a package file, but may not be
 		used in new packages
  ORIG -->
 		<tt>@</tt> <tt>:</tt> <tt>=</tt> <tt>%</tt> <tt>_</tt>
 		(アットマーク、コロン、等号、パーセント、
 		アンダースコア) といった記号は、以前には
 		認められていて、今でも、パッケージファイルの名前に
 		現れた場合には許容されますが、新しいパッケージでは
 		使ってはいけません。
@@ -4233,32 +4253,32 @@
 	    <tag><em>stable</em></tag>
 	    <item>
 	      <p>
 <!-- ORIG
 		This is the current `released' version of Debian
 		GNU/Linux.  A new version is released approximately
 		every 3 months after the <em>development</em> code has
 		been <em>frozen</em> for a month of testing.  Once the
 		distribution is <em>stable</em> only major bug fixes
 		are allowed. When changes are made to this
-		distribution, the minor version number is increased
-		(for example: 1.2 becomes 1.2.1 then 1.2.2, etc).
+		distribution, the release number is increased
+		(for example: 1.2r1 becomes 1.2r2 then 1.2r3, etc).
  ORIG -->
 		これは、現在の Debian GNU/Linux のリリースされている
 		バージョンです。新しいバージョンは、開発コードが
 		凍結されたのち一ヶ月ほどのテスト期間をおいて、
 		だいたい三ヶ月ごとにリリースされています。
 		ディストリビューションが、<em>stable</em> になり
 		安定したら、主要なバグフィックスだけが許されます。
 		このディストリビューションに変更が加えられるときは、
-		マイナーバージョン番号が増えます
-		(例えば、1.2 は 1.2.1 になり、1.2.2 になります)。
+		リリース番号が増えます
+		(例えば、1.2r1 は 1.2r2 になり、1.2r3 になります)。
 	      </p>
 	    </item>
 		
 	    <tag><em>unstable</em></tag>
 	    <item>
 	      <p>
 <!-- ORIG
 		This distribution value refers to the
 		<em>developmental</em> part of the Debian distribution
 		tree. New packages, new upstream versions of packages
@@ -4785,29 +4805,29 @@
 	      version number is mandatory.
  ORIG -->
 	      <var>upstream-version</var> に関する <prgn>dpkg</prgn>
 	      の比較の振る舞いは後で述べます。バージョン番号の
 	      <var>upstream-version</var> 部分は必須です。
 	    </p>
 
 	    <p>	
 <!-- ORIG
 	      The <var>upstream-version</var> may contain only
-	      alphanumerics and the characters <tt>+</tt> <tt>.</tt>
+	      alphanumerics and the characters <tt>.</tt> <tt>+</tt>
 	      <tt>-</tt> <tt>:</tt> (full stop, plus, hyphen, colon)
 	      and should start with a digit.  If there is no
 	      <var>debian-revision</var> then hyphens are not allowed;
 	      if there is no <var>epoch</var> then colons are not
 	      allowed.</p>
  ORIG -->
-	      <var>upstream-version</var> は英数字と文字 <tt>+</tt>
-	      <tt>.</tt> <tt>-</tt> <tt>:</tt> (ピリオド、プラス、
+	      <var>upstream-version</var> は英数字と文字 <tt>.</tt>
+	      <tt>+</tt> <tt>-</tt> <tt>:</tt> (ピリオド、プラス、
 	      ハイフン、コロン) だけから構成されており、数字で
 	      始まらなくてはいけません。ただし、
 	      <var>debian-revision</var> がなければ、ハイフンは
 	      許されません。また、<var>epoch</var> がなければ、
 	      コロンは許されません。</p>
 	  </item>
 	
 	  <tag><var>debian-revision</var></tag>
 	  <item>
 	
@@ -4985,20 +5005,83 @@
 <!-- ORIG
 	If you need to compare version numbers in a script, you may use
 	<tt>dpkg −compare-versions ...</tt>. Type <tt>dpkg
 	−help</tt> −> −for details on arguments.
  ORIG -->
 	もしスクリプト中でバージョン番号を比較する必要があれば、
 	<tt>dpkg --compare-versions ...</tt> を使うと良いでしょう。
 	引数について詳しく知りたければ、<tt>dpkg --help</tt>
 	--> -- とタイプして下さい。
       </p>
+
+      <sect>
+<!-- ORIG
+	<heading>Version numbers based on dates</heading>
+ ORIG -->
+	<heading>日付に基づくバージョン番号</heading>
+	<p>
+<!-- ORIG
+	  In general, Debian packages should use the same version
+	  numbers as the upstream sources.</p>
+ ORIG -->
+	  一般的に、Debian パッケージは上流ソースと同じバージョン番号を
+	  使わなくてはいけません。</p>
+
+	<p>
+<!-- ORIG
+	  However, in some cases where the upstream version number is
+	  based on a date (e.g., a development `snapshot' release)
+	  dpkg cannot handle these version numbers currently, without
+	  epochs. For example, dpkg will consider `96May01' to be
+	  greater than `96Dec24'.</p>
+ ORIG -->
+	  しかし、上流のバージョン番号が日付に基づくような場合
+	  (例えば、開発 `snapshot' リリースの場合) には、
+	  現在、epoch を使わない限り、dpkg はこれらのような
+	  バージョン番号を扱うことができません。例えば、
+	  dpkg は `96May01' を `96Dec24' よりも大きいと判断する
+	  でしょう。</p>
+
+	<p>
+<!-- ORIG
+	  To prevent having to use epochs for every new upstream
+	  version, the version number should be changed to the
+	  following format in such cases: `19960501', `19961224'. It
+	  is up to the maintainer whether he/she wants to bother the
+	  upstream maintainer to change the version numbers upstream,
+	  too.</p>
+ ORIG -->
+	  そのような場合に、今後のそれぞれの新しい上流バージョンに対して
+	  epoch を使わなくて済むようにするためには、バージョン番号を
+	  `19960501'、`19961224' といった書式に変更しなくては
+	  なりません。上流のメンテナに、上流のバージョン番号も
+	  変更するようにお願いするかどうかはメンテナ次第です。</p>
+
+	<p>
+<!-- ORIG
+	  Note, that other version formats based on dates which are
+	  parsed correctly by dpkg should <em>not</em> be changed.</p>
+ ORIG -->
+	  日付に基づいた、このほかのバージョン番号の書式が dpkg によって
+	  正しく解析されるなら、そのバージョン番号を変更しては
+	  <em>いけない</em>ことに注意して下さい。</p>
+
+	<p>
+<!-- ORIG
+	  Native Debian packages (i.e., packages which have been
+	  written especially for Debian) whose version numbers include
+	  dates should always use the `YYYYMMDD' format.</p>
+ ORIG -->
+	  Debian 固有のパッケージ (つまり、Debian 向けに特別に書かれた
+	  パッケージ) のバージョン番号に日付を含めるならば、
+	  常に `YYYYMMDD' という書式を使わなくてはいけません。</p>
+      </sect>
     </chapt>
 
 <!-- ORIG
     <chapt id="maintainerscripts"><heading>Package maintainer scripts
 	and installation procedure
  ORIG -->
     <chapt id="maintainerscripts"><heading>パッケージ管理スクリプトと
 	インストールの手順
       </heading>
 
@@ -6236,45 +6319,71 @@
 <!-- ORIG
 	This is done using the <tt>Depends</tt>, <tt>Recommends</tt>,
 	<tt>Suggests</tt>, <tt>Conflicts</tt>, <tt>Provides</tt> and
 	<tt>Replaces</tt> control file fields.
  ORIG -->
 	この宣言には、制御ファイルの <tt>Depends</tt> と
 	<tt>Recommends</tt>、<tt>Suggests</tt>、<tt>Conflicts</tt>、
 	<tt>Provides</tt>、<tt>Replaces</tt> フィールドを使用します。
       </p>
 
+      <p>
+<!-- ORIG
+        Source packages may declare relationships to binary packages,
+        saying that they require certain binary packages being
+        installed or absent at the time of building the package.
+      <p>
+ ORIG -->
+	ソースパッケージは、バイナリーパッケージとの関連を宣言しても
+	よいです。バイナリパッケージとの関連とは、そのパッケージの
+	構築時に、あるバイナリパッケージがインストールされている必要が
+	あること、またはシステムに存在してはならないことを示すものです。
+      </p>
+        
+      <p>
+<!-- ORIG
+        This is done using the <tt>Build-Depends</tt>,
+        <tt>Build-Depends-Indep</tt>, <tt>Build-Conflicts</tt>, and
+        <tt>Build-Conflicts-Indep</tt> control file fields.
+ ORIG -->
+	この宣言には、制御ファイルの <tt>Build-Depends</tt> と
+        <tt>Build-Depends-Indep</tt>、<tt>Build-Conflicts</tt>、
+        <tt>Build-Conflicts-Indep</tt> フィールドを使用します。
+      </p>
+
 <!-- ORIG
       <sect id="depsyntax"><heading>Syntax of relationship fields
  ORIG -->
       <sect id="depsyntax"><heading>関係性フィールドの書式
 	</heading>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
 	  These fields all have a uniform syntax.  They are a list of
 	  package names separated by commas.
  ORIG -->
 	  また、各フィールドはコンマで区切られたパッケージ名の一覧です。
 	</p>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
-	  In <tt>Depends</tt>, <tt>Recommends</tt>, <tt>Suggests</tt>
-	  and <tt>Pre-Depends</tt> (the fields which declare
-	  dependencies of the package in which they occur on other
-	  packages) these package names may also be lists of
-	  alternative package names, separated by vertical bar symbols
-	  <tt>|</tt> (pipe symbols).
+          In <tt>Depends</tt>, <tt>Recommends</tt>, <tt>Suggests</tt>,
+          <tt>Pre-Depends</tt>, <tt>Build-Depends</tt> and
+          <tt>Build-Depends-Indep</tt>(the fields which declare
+          dependencies of the package in which they occur on other
+          packages) these package names may also be lists of
+          alternative package names, separated by vertical bar symbols
+          <tt>|</tt> (pipe symbols).
  ORIG -->
 	  <tt>Depends</tt> や <tt>Recommends</tt>、<tt>Suggests</tt>、
-	  <tt>Pre-Depends</tt>
+	  <tt>Pre-Depends</tt>、<tt>Build-Depends</tt>、
+	  <tt>Build-Depends-Indep</tt>
 	  (他のパッケージに依存関係がある場合に宣言するフィールド)
 	  の各フィールド内に記述するパッケージ名は、代替パッケージ名の
 	  一覧でも構いません。代替パッケージ名は、
 	  垂直バーシンボル <tt>|</tt> (パイプシンボル)
 	  で区切って書きます。
 	</p>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
 	  All the fields except <tt>Provides</tt> may restrict their
@@ -6343,28 +6452,73 @@
 <!-- ORIG
 	  For example:
  ORIG -->
 	  例を以下に示します。
 	  <example>
   Package: metamail
   Version: 2.7-3
   Depends: libc5 (>= 5.2.18-4), mime-support, csh | tcsh
 	  </example>
 	</p>
+ 
+        <p>
+<!-- ORIG
+          All fields that specify build-time relationships
+	  (<tt>Build-Depends</tt>, <tt>Build-Depends-Indep</tt>,
+	  <tt>Build-Conflicts</tt> and <tt>Build-Conflicts-Indep</tt>)
+	  may be restricted to a certain set of architectures.  This
+	  is done in brackets after each individual package name and
+	  the optional version specification.  The brackets enclose a
+	  list of Debian architecture names separated by whitespace.
+	  An exclamation mark may be prepended to each name. If the
+	  current Debian host architecture is not in this list and
+	  there are no exclamation marks in the list, or it is in the
+	  list with a prepended exclamation mark, the package name and
+	  the associated version specification are ignored completely
+	  for the purposes of defining the relationships.
+ ORIG -->
+	  構築時のパッケージ間の関連を示す全てのフィールド
+	  (<tt>Build-Depends</tt> や <tt>Build-Depends-Indep</tt>、
+	  <tt>Build-Conflicts</tt>、<tt>Build-Conflicts-Indep</tt>)
+	  は、あるアーキテクチャのセットに限定してもかまいません。
+	  これは、それぞれのパッケージ名とオプションのバージョン指定の
+	  後に、角括弧ではさんで指定します。角括弧のなかには、空白で
+	  区切られた Debian アーキテクチャの名前のリストを入れます。
+	  感嘆符 (!) をそれぞれのアーキテクチャ名の前に置くことも
+	  できます。もし、現在の Debian ホストのアーキテクチャが
+	  このリストに無くて感嘆符のついた指定も無い場合と、感嘆符付きで
+	  このリスト中にある場合には、そのパッケージ名とバージョン指定は
+	  パッケージ間の関連を定義するためには使われず、完全に
+	  無視されます。
+         </p>
+ 
+         <p>
+<!-- ORIG
+           For example:
+ ORIG -->
+	   例を以下に示します。
+           <example>
+   Source: glibc
+   Build-Depends-Indep: texinfo
+   Build-Depends: kernel-headers-2.2.10 [!hurd-i386],
+                  hurd-dev [hurd-i386], gnumach-dev [hurd-i386]
+           </example>
+         </p> 
       </sect>
 
+      <sect>
 <!-- ORIG
-      <sect><heading>Dependencies - <tt>Depends</tt>, <tt>Recommends</tt>,
-	  <tt>Suggests</tt>, <tt>Pre-Depends</tt>
+        <heading>Binary Dependencies - <tt>Depends</tt>,
+          <tt>Recommends</tt>, <tt>Suggests</tt>, <tt>Pre-Depends</tt>
  ORIG -->
-      <sect><heading>依存関係 - <tt>Depends</tt>、<tt>Recommends</tt>、
-	  <tt>Suggests</tt>、<tt>Pre-Depends</tt>
+	<heading>バイナリの依存関係 - <tt>Depends</tt>、
+	  <tt>Recommends</tt>、<tt>Suggests</tt>、<tt>Pre-Depends</tt>
 	</heading>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
 	  These four fields are used to declare a dependency by one
 	  package on another.  They appear in the depending package's
 	  control file.
  ORIG -->
 	  これらの四つのフィールドはあるパッケージと他のパッケージとの
 	  依存関係を宣言するために使用します。これらのフィールドは、
@@ -6785,36 +6939,36 @@
 	    <prgn>dpkg</prgn> when it invokes it, so that bulk
 	    installations proceed smoothly.
  ORIG -->
 	    <prgn>dselect</prgn> は、大量のインストール作業を円滑に
 	    進めるため、<prgn>dpkg</prgn> をこのオプション付きで
 	    起動します。
 	</p>
       </sect1>
 
 <!-- ORIG
-      <sect id="conflicts"><heading>Alternative packages -
+      <sect id="conflicts"><heading>Alternative binary packages -
 	  <tt>Conflicts</tt> and <tt>Replaces</tt>
  ORIG -->
-      <sect id="conflicts"><heading>代替パッケージ -
+      <sect id="conflicts"><heading>代替バイナリパッケージ -
 	  <tt>Conflicts</tt> と <tt>Replaces</tt>
 	</heading>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
-	  When one package declares a conflict with another
+          When one binary package declares a conflict with another
 	  <prgn>dpkg</prgn> will refuse to allow them to be installed
 	  on the system at the same time.
  ORIG -->
-	  あるパッケージが他のパッケージとの競合関係を宣言している場合、
-	  <prgn>dpkg</prgn>は、それら二つのパッケージを同時に
-	  インストールすることはできません。
+	  あるバイナリパッケージが他のパッケージとの競合関係を
+	  宣言している場合、<prgn>dpkg</prgn> は、それら二つの
+	  パッケージを同時にインストールすることはできません。
 	</p>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
 	  If one package is to be installed, the other must be removed first -
 	  if the package being installed is marked as replacing (<ref
 								      id="replaces">) the one on the system, or the one on the system is
 	  marked as deselected, or both packages are marked
 	  <tt>Essential</tt>, then <prgn>dpkg</prgn> will
 	  automatically remove the package which is causing the
@@ -6912,29 +7066,33 @@
       </sect>
 	
 <!-- ORIG
       <sect id="virtual"><heading>Virtual packages - <tt>Provides</tt>
  ORIG -->
       <sect id="virtual"><heading>仮想パッケージ - <tt>Provides</tt>
 	</heading>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
-	  As well as the names of actual (`concrete') packages, the
-	  package relationship fields <tt>Depends</tt>,
-	  <tt>Recommends</tt>, <tt>Suggests</tt> and
-	  <tt>Conflicts</tt> may mention virtual packages.
- ORIG -->
-	  実際に存在する (具体的な) パッケージと同様、パッケージの
-	  関連性を記述するフィールド、<tt>Depends</tt> と、
-	  <tt>Recommends</tt>、<tt>Suggests</tt>、<tt>Conflicts</tt>
-	  には、仮想パッケージ名を記述することができます。
+           As well as the names of actual (`concrete') packages, the
+           package relationship fields <tt>Depends</tt>,
+           <tt>Build-Depends</tt>, <tt>Build-Depends-Indep</tt>,
+           <tt>Recommends</tt>, <tt>Suggests</tt>, <tt>Conflicts</tt>,
+           <tt>Build-Conflicts</tt> and <tt>Build-Conflicts-Indep</tt> may
+           mention virtual packages.
+ ORIG -->
+	   実際に存在する (具体的な) パッケージと同様、パッケージの
+	   関連性を記述するフィールド、<tt>Depends</tt> と
+           <tt>Build-Depends</tt>、<tt>Build-Depends-Indep</tt>、
+           <tt>Recommends</tt>、<tt>Suggests</tt>、<tt>Conflicts</tt>、
+           <tt>Build-Conflicts</tt>、<tt>Build-Conflicts-Indep</tt>
+	   には、仮想パッケージ名を記述することができます。
 	</p>
 
 	<p>	
 <!-- ORIG
 	  A virtual package is one which appears in the
 	  <tt>Provides</tt> control file field of another package.
 	  The effect is as if the package(s) which provide a
 	  particular virtual package name had been listed by name
 	  everywhere the virtual package name appears.
  ORIG -->
@@ -7271,21 +7429,92 @@
 	  </example>
 <!-- ORIG
 	  so that <prgn>dselect</prgn> defaults to selecting the
 	  lightweight standalone info browser.
  ORIG -->
 	  このような記述になっていた場合、<prgn>dselect</prgn> は、
 	  軽くて単独で動作する info-browser である info をデフォルトで
 	  選択します。
 	</p>
       </sect>
-    </chapt>
+      
+  
+<!-- ORIG
+      <sect><heading>Relationships between source and binary packages -
+              <tt>Build-Depends</tt>, <tt>Build-Depends-Indep</tt>,
+              <tt>Build-Conflicts</tt>, <tt>Build-Conflicts-Indep</tt>
+ ORIG -->
+      <sect><heading>ソースパッケージとバイナリパッケージ間の関連 -
+              <tt>Build-Depends</tt>、<tt>Build-Depends-Indep</tt>、
+              <tt>Build-Conflicts</tt>、<tt>Build-Conflicts-Indep</tt>
+           </heading>
+
+        <p>
+<!-- ORIG
+          A source package may declare a dependency or a conflict on a
+          binary package.  This is done with the control file fields
+          <tt>Build-Depends</tt>, <tt>Build-Depends-Indep</tt>,
+          <tt>Build-Conflicts</tt>, and <tt>Build-Conflicts-Indep</tt>.  Their
+          semantics is that the dependencies and conflicts they define
+          must be satisfied (as defined earlier for binary packages),
+          when one of the targets in <tt>debian/rules</tt> that the
+          particular field applies to is invoked.
+ ORIG -->
+	  ソースパッケージはバイナリパッケージに対する依存、あるいは
+	  衝突関係を宣言することができます。これは制御ファイルの
+          <tt>Build-Depends</tt> と <tt>Build-Depends-Indep</tt>、
+          <tt>Build-Conflicts</tt>、<tt>Build-Conflicts-Indep</tt> を
+	  使って指定します。これらの意味は、<tt>debian/rules</tt> 中の
+	  ターゲットのうちで、特定のフィールドが適用されるようなものが
+	  呼び出されたときに、(これより前にバイナリパッケージに対して
+	  定義したのと同じように) 定義されている依存、あるいは衝突関係が
+	  満たされていなければならないということである。
+
+        <taglist>
+          <tag><tt>Build-Depends</tt>, <tt>Build-Conflicts</tt></tag>
+          <item>
+            <p>
+<!-- ORIG
+              The <tt>Build-Depends</tt> and <tt>Build-Conflicts</tt> fields apply
+              to the targets
+              <tt>build</tt>, <tt>binary</tt>, <tt>binary-arch</tt>
+              and <tt>binary-indep</tt>.
+ ORIG -->
+              <tt>Build-Depends</tt> と <tt>Build-Conflicts</tt>
+	      フィールドは、
+              <tt>build</tt> と <tt>binary</tt>、<tt>binary-arch</tt>、
+              <tt>binary-indep</tt>
+	      ターゲットに対して適用される。
+            </p>
+          </item>
+          <tag><tt>Build-Depends-Indep</tt>, <tt>Build-Conflicts-Indep</tt></tag>
+          <item>
+            <p>
+<!-- ORIG
+              The <tt>Build-Depends-Indep</tt> and
+              <tt>Build-Conflicts-Indep</tt> fields apply to the
+              targets <tt>binary</tt> and <tt>binary-indep</tt>.
+ ORIG -->
+              <tt>Build-Depends-Indep</tt> と
+	      <tt>Build-Conflicts-Indep</tt> フィールドは
+	      <tt>binary</tt> と <tt>binary-indep</tt>
+	      ターゲットに対して適用される。
+            </p>
+          </item>
+        </taglist>
+
+      </p>
+
+    </sect>
+
+
+   </chapt>
 
 <!-- ORIG
     <chapt id="conffiles"><heading>Configuration file handling
  ORIG -->
     <chapt id="conffiles"><heading>設定ファイルの取り扱い
       </heading>
 
       <p>	
 <!-- ORIG
 	<prgn>dpkg</prgn> can do a certain amount of automatic
@@ -7841,40 +8070,42 @@
 	in the <prgn>postinst</prgn> script.  Futhermore, and <em>this
 	is very important</em>, the library must be placed before the
 	symlink pointing to it in the <tt>.deb</tt> file.  This is so
 	that by the time <prgn>dpkg</prgn> comes to install the
 	symlink (overwriting the previous symlink pointing at an older
 	version of the library) the new shared library is already in
 	place.  Currently the way to ensure the ordering is done
 	properly is to install the library in the appropriate
 	<tt>debian/tmp/.../lib</tt> directory before creating the
 	symlink, by putting the commands in the <tt>debian/rules</tt>
-	in the appropriate order.
+	in the appropriate order.  Whether this has been done
+	correctly can be checked by performing an <tt>ls -f</tt>.
  ORIG -->
 	次に、パッケージは、<prgn>ldconfig</prgn> が、共有ライブラリ用に
 	作成するシンボリックリンクを含まなければいけません。例えば、
 	<prgn>libgdbm1</prgn> パッケージは、<tt>/usr/lib/libgdbm.so.1</tt>
 	から <tt>libgdbm.so.1.7.3</tt> へのシンボリックリンクを含んで
 	いなければいけません。これが必要なのは、<prgn>dpkg</prgn> が
 	ライブラリをインストールしてから postinst スクリプトで
 	<prgn>ldconfig</prgn> が実行されるまでの間に、<prgn>ld.so</prgn>
 	がそのライブラリを見つけることができるようにするためです。さらに、
 	<em>これは重要なことですが</em>、<tt>.deb</tt> ファイル中の
 	ライブラリは、それへのシンボリックリンクが置かれるより先に
 	置かれていなければいけません。これにより、<prgn>dpkg</prgn> が
 	(古いバージョンのライブラリを指すシンボリックリンクを上書きする
 	ことによって) 新しいシンボリックリンクをインストールする時点で、
 	新しい共有ライブラリが既に存在していることを保証します。
 	現在のところ、<tt>debian/rules</tt> に適切な順序でコマンドを
 	書くことによって、シンボリックリンクを作成するまえに、
 	ライブラリを適切な <tt>debian/tmp/.../lib</tt> に置くことで、
-	この順序を保証します。
+	この順序を保証します。これが正しく行われたかどうかは、
+	<tt>ls -f</tt> を実行することによってチェックできます。
       </p>
 
 	<!--
 	next Paragraph added to close Bug #5299, Guy Maor
 	-->
 	
       <p>	
 <!-- ORIG
 	Thirdly, the development package should contain a symlink for
 	the shared library without a version number.  For example, the