[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

Re: News/weekly/2005/50/index.wml [part 2]



田村です。

上川さん、武井さん、査読ありがとうございます。
御両人の御指摘を反映させた改訂版です。

-- 
田村 一平 <ippei1@xxxxxxxxxxxx>
Debian Description Translation Project [DDTP] 
日本語チームコーディネータ
http://www.debian.or.jp/devel/doc/Description-ja.html


<p><strong>Mixing different Upstream Packages.</strong> Jay Berkenbilt <a
href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01140.html";>pondered</a>
the inclusion of third party programs from different upstream developers in a
Debian package and was soliciting input.  Mark Brown <a
href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01143.html";>replied</a>
with details about the procedure with NIS packages.  Nathanael Nerode <a
href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01156.html";>added</a>
that the inclusion depends on the size of the new program and its prospective
use.</p>

<p><strong>異なる上流パッケージの混在。</strong>
Jay Berkenbilt さんは、異なる上流開発者による複数のサードパーティ
プログラムを 1 つの Debian パッケージに収録することについて
<a href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01140.html";>
思案し</a>、意見を求めました。Mark Brown さんは、NIS パッケージでの
詳細を
<a href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01143.html";>
返信しました</a>。Nathanael Nerode さんは、収録すべきか否かは
新プログラムのサイズと、予想される使用法に依存すると
<a href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01156.html";>
付け加えました</a>。</p>

<p><strong>Splitting Packages.</strong> Bill Allombert <a
href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01170.html";>asked</a>
developers who split their packages into a normal and a data package to obey
to a number of rules that will help Debian keep the archive sober.  These
include a naming scheme, keeping program data in the normal package, the use
of symbolic links and actually moving the shared data into the data
package.</p>

<p><strong>パッケージの分割。</strong>
Bill Allombert さんは、担当するパッケージを通常のバイナリパッケージと
データパッケージとに分けている開発者に対し、Debian のアーカイブを整然と
保つための助けとなる多くのルールに従ってほしいと
<a href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01170.html";>
要請しました</a>。これらのルールには、パッケージ命名規則、プログラムデータは
通常パッケージ内に収めること、シンボリックリンクの使用、共有データは
データパッケージへきちんと移すことなどが含まれます。</p>

<p><strong>Configuration Handling.</strong> Frank K&uuml;ster <a
href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01239.html";>wondered</a>
how to treat the large number of potential configuration files of the TeX
system best in Debian packages.  He proposed to use a new directory for
local files that should be preferred.  Bill Allombert <a
href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01254.html";>replied</a>
with details on how the <a href="http://packages.debian.org/menu";>menu</a>
package handles its configuration.</p>

<p><strong>設定ファイルの扱い。</strong>
Frank K&uuml;ster さんは、TeX システムでは設定ファイルが多数必要になる
可能性があるため、Debian パッケージで取り扱うにはどうするのが最善か
<a href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01239.html";>
疑問に思いました</a>。K&uuml;ster さんは、推奨されるローカルファイル用に
新規ディレクトリを使うことを提案しました。Bill Allombert さんは、
<a href="http://packages.debian.org/menu";>menu</a> パッケージの
設定ファイル処理方法の詳細を
<a href="http://lists.debian.org/debian-devel/2005/11/msg01254.html";>
返信しました</a>。</p>

<p><strong>GPLv3 Development Process.</strong> Francesco Poli <a
href="http://lists.debian.org/debian-legal/2005/12/msg00005.html";>reported</a>
that the <a href="http://www.fsf.org/";>Free Software Foundation</a> has
recently disclosed details about the drafting <a
href="http://gplv3.fsf.org/process-definition";>process</a> that will be
adopted for the upcoming version 3 of the <a
href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html";>GNU GPL</a>.  The final text is
scheduled to be released between September 2006 and March 2007 with at least
two draft versions to be released in January and June 2006.</p>

<p><strong>GPLv3 策定プロセス。</strong>
Francesco Poli さんは、
<a href="http://www.fsf.org/";>
フリーソフトウェア財団</a>が、まもなく発表される
<a href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html";>
GNU GPL</a> バージョン 3 の策定
<a href="http://gplv3.fsf.org/process-definition";>
プロセス</a>の詳細を、先ごろ明らかにしたと
<a href="http://lists.debian.org/debian-legal/2005/12/msg00005.html";>
報告しました</a>。最終版は 2006 年 9 月から 2007 年 3 月までの間に
リリースされる予定であり、それまでに少なくとも 2 つの草案が、2006 年 1 月
および 6 月にリリースされるでしょう。</p>

<p><strong>Debian Task Descriptions.</strong> Andreas Schuldei <a
href="http://lists.debian.org/debian-project/2005/11/msg00132.html";>called</a>
for volunteers to document descriptions of various <a
href="http://wiki.debian.org/JobDescription";>tasks</a> within the Debian
project.  The goal of these descriptions is to separate names and persons from
tasks that should lead to more objective discussion in the future.</p>

<p><strong>Debian 作業の説明文。</strong>
Andreas Schuldei さんは、Debian プロジェクトにある様々な
<a href="http://wiki.debian.org/JobDescription";>
作業</a>の説明文を書いてくれるボランティアを
<a href="http://lists.debian.org/debian-project/2005/11/msg00132.html";>
募集しました</a>。これらの説明文では作業の名称と個人とを区別することで、
将来、より公平な議論が行なわれるのを目標としています。</p>

<p><strong>GameBoy Emulators.</strong> Robert Millan <a
href="http://lists.debian.org/debian-legal/2005/12/msg00024.html";>wondered</a>
whether GameBoy emulators that are released under the <a
href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html";>GNU GPL</a> should be placed in
<code>main</code> or <code>contrib</code> since they require potentially
non-free games.  However, <a href="http://packages.debian.org/gngb";>gngb</a>
is in <code>main</code> while <a href="http://packages.debian.org/gnuboy";>\
gnuboy</a> is in <code>contrib</code>.  Andrew Suffield <a
href="http://lists.debian.org/debian-legal/2005/12/msg00029.html";>added</a>
that there is a thriving community of developers of free gameboy <a
href="http://sourceforge.net/projects/opengbgames";>games</a>.</p>

<p><strong>ゲームボーイ・エミュレータ。</strong>
Robert Millan さんは、
<a href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html";>
GNU GPL</a> の下でリリースされているゲームボーイ・エミュレータは、
<code>main</code> か <code>contrib</code> のどちらに置くべきか
<a href="http://lists.debian.org/debian-legal/2005/12/msg00024.html";>
悩みました</a>。というのも、non-free なゲームを潜在的に必要と
しているからです。しかしながら、
<a href="http://packages.debian.org/gngb";>
gngb</a> は <code>main</code> 内にある一方で、
<a href="http://packages.debian.org/gnuboy";>\
gnuboy</a> は <code>contrib</code> 内にあります。Andrew Suffield さんは、
ゲームボーイ用のフリーな
<a href="http://sourceforge.net/projects/opengbgames";>
ゲーム</a>を開発している人たちの活発なコミュニティがあると
<a href="http://lists.debian.org/debian-legal/2005/12/msg00029.html";>
付け加えました</a>。</p>

<p><strong>New or Noteworthy Packages.</strong> The following packages were
added to the unstable Debian archive <a
href="http://packages.debian.org/unstable/newpkg_main";>recently</a> or contain
important updates.</p>

<p><strong>新規または注目すべきパッケージ。</strong>
以下のパッケージは、<a href="http://packages.debian.org/unstable/newpkg_main";>
最近</a>、不安定版 (unstable) の Debian アーカイブに追加されたか、
または重要な更新を含んでいます。</p>

<ul>
<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/sound/bmp-crossfade";>bmp-crossfade</a>
    -- Beep-Media-Player Plugin for crossfading / continuous output.</li>
    -- クロスフェードまたは継続的な出力を行なう Beep-Media-Player 用プラグイン。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/misc/gwsetup";>gwsetup</a>
    -- Utilities to configure and manipulate Geneweb databases.</li>
    -- Geneweb データベースの設定および操作用ユーティリティ。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/graphics/hocr-gtk";>hocr-gtk</a>
    -- GTK+ frontend for Hebrew OCR.</li>
    -- ヘブライ語 OCR 用の GTK+ 版フロントエンド。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/kde/kanjisaver";>kanjisaver</a>
    -- Japanese kanji screensaver.</li>
    -- 日本語漢字スクリーンセーバー。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/debian-installer/os-prober";>os-prober</a>
    -- Utility to detect other OSes on a set of drives.</li>
    -- ディスクドライブにある他の OS を検出するためのユーティリティ。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/admin/pcmciautils";>pcmciautils</a>
    -- PCMCIA utilities for Linux 2.6.</li>
    -- Linux 2.6 用 PCMCIA ユーティリティ。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/tex/pfb2t1c2pfb";>pfb2t1c2pfb</a>
    -- Convert PFB into more compressible format and back.</li>
    -- PFB を圧縮可能な形式に変換したりもどしたりする。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/python/pybaz";>pybaz</a>
    -- Python bindings for the bazaar revision control system.</li>
    -- リビジョン管理システム bazaar 用 Python バインディング。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/net/remctl-client";>remctl-client</a>
    -- Client for Kerberos-authenticated command execution.</li>
    -- Kerberos 認証を利用したコマンド実行用クライアント。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/net/remctl-server";>remctl-server</a>
    -- Server for Kerberos-authenticated command execution.</li>
    -- Kerberos 認証を利用したコマンド実行用サーバ。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/text/sword-comm-tdavid";>sword-comm-tdavid</a>
    -- C. H. Spurgeon's Treasury of David for SWORD.</li>
    -- SWORD 用の C. H. Spurgeon 作 Treasury of David。</li>

<li><a href="http://packages.debian.org/unstable/text/xhtml2ps";>xhtml2ps</a>
    -- HTML to PostScript converter - Tcl/Tk GUI frontend.</li>
    -- HTML から PostScript への変換プログラム - Tcl/Tk GUI フロントエンド。</li>
</ul>

<p><strong>Orphaned Packages.</strong> 2 packages were orphaned this week and
require a new maintainer.  This makes a total of 190 orphaned packages.  Many
thanks to the previous maintainers who contributed to the Free Software
community.  Please see the <a href="$(HOME)/devel/wnpp/">WNPP pages</a> for
the full list, and please add a note to the bug report and retitle it to ITA:
if you plan to take over a package.</p>

<p><strong>みなしご化されたパッケージ。</strong>
今週 2 個のパッケージがみなしご化され、新しいメンテナを必要としています。これで
みなしご化されたパッケージは合計 190 個となりました。フリーソフトウェアコミュニテ
ィに貢献した以前のメンテナ達に感謝します。完全なリストが、
<a href="$(HOME)/devel/wnpp/">
WNPP のページ</a>にあります。もしパッケージを引き取るつもりがあるなら、バグ報告に
一言付け加えて、タイトルを ITA: に変更してください。

<ul>
<li> <a href="http://packages.debian.org/unstable/x11/gtk-engines-begtk";>gtk-engines-begtk</a>
     -- BeOS-like theme for GTK+.
     -- GTK+ 用の BeOS 似なテーマ。
     (<a href="http://bugs.debian.org/342454";>Bug#342454</a>)
     </li>

<li> <a href="http://packages.debian.org/unstable/net/manderlbot";>manderlbot</a>
     -- IRC bot, written in Erlang.
     -- Erlang で書かれた IRC ボット。
     (<a href="http://bugs.debian.org/342918";>Bug#342918</a>)
     </li>
</ul>