[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

security/2006/dsa-1035.wml



杉山です。

security/2006/dsa-1035.wml[1] の日本語訳版を debian-users:46316[2] の
かねこさん訳を参考に作業しました。査読をお願いします。

1. http://www.debian.org/security/2006/dsa-1035.en.html
2. http://lists.debian.or.jp/debian-users/200604/msg00048.html

------------------------------------------------------------------
#use wml::debian::translation-check translation="1.2"
<define-tag description>安全でない一時ファイルの扱い</define-tag>
<define-tag moreinfo>
<p>Debian セキュリティ監査プロジェクトの Steve Kemp
さんにより、ファイル整合性チェッカ fcheck に含まれた cronjob
が、安全でない方法で一時ファイルを作成することが発見されました。</p>

<p>前安定版ディストリビューション (oldstable、コードネーム woody)
では、この問題による影響はありません。</p>

<p>安定版ディストリビューション (stable、コードネーム sarge)
では、この問題はバージョン 2.7.59-7sarge1 で修正されています。</p>

<p>不安定版ディストリビューション (unstable、コードネーム sid)
では、この問題はバージョン 2.7.59-8 で修正されています。</p>

<p>fcheck パッケージのアップグレードをお勧めします。</p>
</define-tag>

# do not modify the following line
#include "$(ENGLISHDIR)/security/2006/dsa-1035.data"