[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[debian-devel:15163] Re: mirror pdumpfs



pdumpfsしたmirrorをつかって dists/pool を作りました。
次のような apt line が使えます。

 deb http://hp.debian.or.jp/archive pool パッケージ名 パッケージ名 ...
 deb-src http://hp.debian.or.jp/archive pool パッケージ名 パッケージ名 ...

例)
 deb http://hp.debian.or.jp/archive pool apt dpkg mozilla
 deb-src http://hp.debian.or.jp/archive pool apt dpkg mozilla

何日前のdists全部というより、特定のパッケージだけに関して、最近のすべての
バージョンにアクセスしたいという時に便利に使えるはずです。
あるパッケージをちょっとバージョンを戻したいけど、前のバージョンが
いつまでだったかわからない時とかに有効です。

このようにアクセスする時は Release が Archive: pool になっているので
/etc/apt/preferences に次のようなのをいれておくのもいいかもしれません。

Package: *
Pin: release a=pool
Pin-Priority: 98

このようにしておくと、明示的に指定しないかぎり dists/pool から
自動的にパッケージをインストール/アップグレードすることはないはずです。
dists/poolからいれたい時は apt-get install パッケージ=バージョン
とかすればいいでしょう。apt-get source もできるはず。

http://hp.debian.or.jp/archive/dists/pool/* は RewriteRule でつくっているので
http://hp.debian.or.jp/archive/dists/pool/ を見てもパッケージのリストなどは
見えません。
これの実体は http://hp.debian.or.jp/archive/pool/ 以下にあります。
aptを使わない時はこちらを見た方が楽でしょう。
# といっても Packages.gzとSources.gzしかここにはありませんが。

まとめ

* 日付指定

 deb http://hp.debian.or.jp/archive/年/月/日/debian unstable main contrib non-free
 deb-src http://hp.debian.or.jp/archive/年/月/日/debian unstable main contrib non-free

  年/月/日 は 2002/06/06 とかになります (date +%Y/%m/%d 相当)
  debian-non-US もおなじように使えます。

* 日付指定その2

 deb http://hp.debian.or.jp/archive/date/日付/debian unstable main contrib non-free
 deb-src http://hp.debian.or.jp/archive/date/日付/debian unstable main contrib non-free

  日付は date(1)のdatestrとして認識される文字列
  例) yesterday 
      2-days-ago
      last-tuesday
      など
  debian-non-US もおなじように使えます。

* パッケージ指定

 deb http://hp.debian.or.jp/archive pool パッケージ名 パッケージ名 ...
 deb-src http://hp.debian.or.jp/archive pool パッケージ名 パッケージ名 ...

-- 
鵜飼文敏