[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[debian-users:26761] Use testing! but at your own risk ;) (Re: Error at dist-upgrade To woody)



佐野@浜松です。

本題は何かよくわからんけど解決した気味なのでわき道フォロー。

  on "Fri, 2 Feb 2001 11:36:05 +0900',
 Kenshi Muto <kmuto@xxxxxxxxxxxxxxx> さん wrote:

> 武藤@Debianぷろじぇくとです。

 (NY はいかがですか ? 私も生 Branden 見たかったです)

> FAQになりつつありますが
> 
> woody→testing段階。すべてのアーキテクチャでビルド可能で、アップロードさ
>        れてからしばらく更新のないもの。リリースマネージャの判断でフリー
>        ズされ、リリースへと繋がる。
> sid→unstable(A.K.A. woody)段階。新しいものをどんどん入れる。

以前は woody が unstable だったのを testing を新設して
 woody を testing に戻したので、一時期 woody にあったはずの
パッケージが sid にしか無くなって woody 版のパッケージは
 potato と同じバージョンに揃えられたってことがありましたね。

そのへんでちょっと混乱も起きていましたが、そろそろかつて unstable
だった頃の woody には追いつきつつあるのかな。

> sidにすでにしてるのでしばらくチェックしてないのですが、libc6は
> m68kかpowerpcかでコンパイルできなくてwoodyに入らねぇ、ってことは
> ずーっと前から言われてた気がします。

これは glibc2.2 がリリースアーキテクチャで build できないから
 woody/testing は potato と同じ glibc2.1 のままだった、という
話では ?

 libc6 パッケージ自体が存在しないということはあり得ないと
思います。それでは「フリーズしてすぐにリリースできるように」
という目的で作られた testing の意味がありませんから。

今回の件は、どうやらミラーサーバーの symlink の設定のあたりに
不備があったらしいというのと、アーカイブ更新の速度にミラーリングが
追いつかなくて一部で Packages ファイルの記載と実際のパッケージの
配置に齟齬があったというのが原因らしいですし。


> よって今のところ「woody」自体を利用するというのはあまり考えにくいです。

むしろ逆ではないかと思います。ハイリスクな unstable だけでなく、
 stable よりはリスクがあるけれどもそれなりに使える状態なはずの
 testing を用意することで、もっと多くの人に最新版に近い状態で
テストしてもらおうというのが testing の趣旨のはず。

> かといってsidはときどきたいへんな目に遭うわけですが、まぁwoodyやsidを
> 選ぶ人はそれ相応のチャレンジ精神があるということで。

 woody/testing は sid/unstable (一説によると woody の次は sarge ?) よりも
チャレンジのリスクは低くなっているはずです。

-- 
     # (わたしのおうちは浜松市、「夜のお菓子」で有名さ。)
    <kgh12351@xxxxxxxxxxx> : Taketoshi Sano (佐野 武俊)