[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

Re: News/weekly/2005/50/index.wml [part 1]



杉山です。

 From: TAKEI Nobumitsu <takei@xxxxxxxxxxxxxxxx>
 Date: Sat, 17 Dec 2005 13:30:00 +0900
 In "debian-www : 08789"

> タケイです.
 (snip)
> > provide LSB 3.0 compliance in such a way that the default application
> > environment is 100&nbsp;% <a
> > href="http://www.dccalliance.org/releasenotes.html";>compatible</a> with  
> > standard Debian sarge.</p>
> > 
> > # 原文の最後、そうはつながらんだろ?と思うのですが、いかがでしょう。

> > DCC 3.0
> > には 237 個のパッケージが含まれており、そのうちの 200 個は Debian sarge
> > から、32 個は <a href="$(HOME)/releases/etch/">etch</a> からのバックポートです。
> > 残りの 5 個は LSB 3.0 準拠の環境を提供します。デフォルトのアプリケーション環境は、
> > 標準的な Debian sarge と 100&nbsp;% <a
> > href="http://www.dccalliance.org/releasenotes.html";>互換</a>です。</p>

> 手元のsargeでも
> $ dpkg -l | wc -l 
> 1484
> と出ますので,たった237個のパッケージで100%互換と考えるのはおかしい
> ですね.

> 37個は optional なものだと想像すると,残りの200個は sarge と同一で,
> それが100%互換と言いたいのでしょう.
> でも 200 個は(* (/ 200 237.0) 100)=84.4% ですね.
> 結論: 僕にもよくわかりません.

あくまでも「デフォルトのアプリケーション環境は」ということなので,
"DCC 3.0 のデフォルトのアプリケーション環境" は "Debian sarge からの
モディファイされていない 200 個のパッケージ" から成っていて,
モディファイされていない sarge のパッケージで構成されているから,
200 個以外の Debian sarge のパッケージも使える……,
ということで 100% 互換を謳っているのではないでしょうか?

# http://www.dccalliance.org/releasenotes.html の Technical details
# のあたりにもっと詳しい文章があるようです。

--
杉山友章