[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

Linux and the GNU system (Was Re: Free software and Open-source software)



八田さん、翻訳ありがとうございます。どこかのURLで常に読める
ようになると、人に勧めやすくて嬉しいです。

で、関連があると思うので、Emacsの配布物に同梱されている、
etc/LINUX-GNU を訳したものを流します。
# もうどこかにありましたっけ?

こちらも、誤訳の指摘をしていただけるとありがたいです。特にラ
ストは意訳に過ぎると思うのですが、いい直訳を思いつかないです。

		     Linux and the GNU system
                        LinuxとGNUシステム

The GNU project started 12 years ago with the goal of developing a
complete free Unix-like operating system.  "Free" refers to freedom,
not price; it means you are free to run, copy, distribute, study,
change, and improve the software.

GNUプロジェクトは、完全にフリーなUnix風のオペレーティングシステムの開
発を目標として、12年前に開始された。「フリー」は無料という意味ではなく、
自由を意味する。すなわち、ソフトウェアを自由に実行・コピー・配布・研究・
改変・改良できるということである。

A Unix-like system consists of many different programs.  We found some
components already available as free software--for example, X Windows
and TeX.  We obtained other components by helping to convince their
developers to make them free--for example, the Berkeley network
utilities.  Other components we wrote specifically for GNU--for
example, GNU Emacs, the GNU C compiler, the GNU C library, Bash, and
Ghostscript.  The components in this last category are "GNU software".
The GNU system consists of all three categories together.

Unix風のシステムはさまざまなプログラムから構成される。そのうちのいくつ
か、たとえばX WindowやTeXは、すでにフリーソフトウェアとして利用可能だっ
た。バークレイのネットワークユーティリティのように、開発者たちにフリー
にするように働きかけて得たものもある。そして、それ以外のプログラム、例
えば、GNU Emacs、GNU Cコンパイラ、GNU Cライブラリ、Bash、Ghostscriptは、
GNUのために新たに書いた。最後のカテゴリのプログラムは「GNUソフトウェア」
である。GNUシステムはこれら3つのカテゴリから構成されている。

The GNU project is not just about developing and distributing some
useful free software.  The heart of the GNU project is an idea: that
software should be free, and that the users' freedom is worth
defending.  For if people have freedom but do not consciously
appreciate it, they will not keep it for long.  If we want to make
freedom last, we need to call people's attention to the freedoms they
have in free software.

GNUプロジェクトは有用なフリーソフトウェアを開発して配布するだけのもの
ではない。GNUプロジェクトの本質はひとつの理念にある。つまり、ソフトウェ
アは自由であるべきであり、ユーザの自由は守り続ける価値があるものだとい
うことだ。たとえ自由でも、その価値を意識しなかったら、長く自由を保つこ
とはできない。自由であり続けたければ、フリーソフトウェアにおける自由に
ついて、人々の注意を促す必要がある。

The GNU project's method is that free software and the idea of users'
freedom support each other.  We develop GNU software, and as people
encounter GNU programs or the GNU system and start to use them, they
also think about the GNU idea.  The software shows that the idea can
work in practice.  Some of these people come to agree with the idea,
and then they are more likely to write additional free software.
Thus, the software embodies the idea, spreads the idea, and grows from
the idea.

GNUプロジェクトのやりかたは、フリーソフトウェアと、ユーザの自由に関す
る理念が相互に支えあっているというものだ。我々はGNUソフトウェアを開発
する。GNUのプログラムやシステムと出会って使い始めたユーザはGNUの理念に
ついても考えるだろう。ソフトウェアは理念が実践されていることを示してい
る。この理念に共感して新しいフリーソフトウェアを書く人がいるかもしれな
い。すなわち、ソフトウェアはこの理念を体現しており、この理念を広め、こ
の理念から育つのだ。

By 1992, we had found or written all of the essential major components
of the system except the kernel, which we were writing.  (This kernel
consists of the Mach microkernel plus the GNU HURD.  Currently it is
running but not ready for users.  The first test release was made in
1996.)

1992年までに、システムの主要な構成要素は、開発中だったカーネルを除いて、
すべて見つけるか書くかしていた(このカーネルはMachマイクロカーネルとGNU
HURDから構成される。現在稼働しているが、まだユーザが使えるようにはなっ
ていない。最初のテスト版は1996年に作られた)。

Then the Linux kernel became available.  Linux is a free
Unix-compatible kernel initially written by Linus Torvalds.  It was
not written for the GNU project, but Linux and the almost-complete GNU
system made a useful combination.  This combination provided all the
major essential components of a Unix-compatible operating system, and
with some work, people made it into a usable system.  It was a variant
GNU system, based on the Linux kernel.

そこにLinuxカーネルが現われた。LinuxはLinus Torvaldsによって最初に書か
れた、フリーのUnix互換カーネルである。LinuxはGNUプロジェクトのために書
かれたのではないが、Linuxと完成一歩手前のGNUシステムはうまく組み合わせ
ることができた。この組み合わせは、Unix互換のオペレーティングシステムの
主要な部分をすべて提供しており、いくらか手を加えることで、使えるシステ
ムができあがった。それは、Linuxカーネルに基づいたGNUシステムの変種だっ
た。

Ironically, the popularity of these systems undermines our method of
communicating the GNU idea to people who use GNU.  These systems are
mostly the same as the GNU system--the main difference being the
choice of kernel.  But people usually call them "Linux systems".  At
first impression, a "Linux system" sounds like something completely
distinct from the "GNU system," and that is what most users think it
is.

皮肉なことに、このようなシステムの流行は、GNUのユーザにGNUの理念を伝え
ることを阻害している。このようなシステムはほとんどGNUシステムと同じで
ある。違いはカーネルに何を選ぶかということだけだ。それなのに、これらは
Linuxシステムと呼ばれる。第一印象としては、「Linuxシステム」は「GNUシ
ステム」とは全然違うもののように聞こえるし、多くのユーザは実際そう思っ
ている。

Most introductions to the "Linux system" acknowledge the role played
by the GNU software components.  But they don't say that the system as
a whole is a variant of the GNU system that the GNU project has been
compiling for a decade.  They don't say that the goal of a free
Unix-like system like this one came from the GNU project.  So most
users don't know these things.

たいていの「Linuxシステム」の入門書は、GNUソフトウェアが果たしている役
割を認めているが、そのシステムが、GNUプロジェクトがここ10年間にわたっ
て纏めあげてきたGNUシステムの変種だとは言わない。そのシステムのような、
フリーのUnix風のシステムという目標がGNUプロジェクトから生まれたとは言
わない。だから、ほとんどのユーザはこうしたことについて知らない。

Since human beings tend to correct their first impressions less than
subsequent information calls for, those users who later learn about
the relationship between these systems and the GNU project still often
underestimate it.

人間は第一印象をなかなか改めることができないので、後からこういったシス
テムとGNUプロジェクトの関係を知ったユーザは、GNUプロジェクトを過小評価
しがちである。

This leads many users to identify themselves as a separate community
of "Linux users", distinct from the GNU user community.  They use all
of the GNU software; in fact, they use almost all of the GNU system;
but they don't think of themselves as GNU users, and often they don't
think that the GNU idea relates to them.

そして、多くのユーザが、GNUユーザとはまったく別の、Linuxユーザとして自
分のことを意識することになる。彼らはGNUソフトウェアを使っているのにも
関わらず。実際、彼らはほとんどGNUシステムを使っているのだ。しかし、彼
らは自分をGNUのユーザだとは思わないので、GNUの理念を自分には無関係だと
思いがちだ。

It leads to other problems as well--even hampering cooperation on
software maintenance.  Normally when users change a GNU program to
make it work better on a particular system, they send the change to
the maintainer of that program; then they work with the maintainer,
explaining the change, arguing for it, and sometimes rewriting it for
the sake of the overall coherence and maintainability of the package,
to get the patch installed.

他の問題も起こっている。ソフトウェアの保守における協力関係が妨げられて
いるのだ。普通、ユーザが特定のシステムでうまく動くようにGNUプログラム
を変更した場合、彼らはそのプログラムの管理者に変更点を送る。そして、変
更点を説明して認めさせ、パッケージ全体の整合性や保守性のために手直しし
たりして、パッケージにパッチを適用するために、管理者と共同作業をする。

But people who think of themselves as "Linux users" are more likely to
release a forked "Linux-only" version of the GNU program, and consider
the job done.  We want each and every GNU program to work "out of the
box" on Linux-based systems; but if the users do not help, that goal
becomes much harder to achieve.

しかし、自分のことを「Linuxユーザ」だと思っている人は、GNUプログラムの
Linuxだけで動くバージョンをリリースして仕事が終わったと考えるのではな
いか。我々はすべてのGNUプログラムをLinuxベースのシステム以外でも動かし
たいのだ。しかし、ユーザが助けてくれなければ、それを達成するのは困難に
なる。

How should the GNU project deal with this problem?  What should we do
now to spread the idea that freedom for computer users is important?

GNUプロジェクトはこの問題にどう対処したらいいのだろう?コンピュータユー
ザにとって自由が重要なのだという理念を広めるのに、いま何をなすべきなの
だろう?

We should continue to talk about the freedom to share and change
software--and to teach other users to value these freedoms.  If we
enjoy having a free operating system, it makes sense for us to think
about preserving those freedoms for the long term.  If we enjoy having
a variety of free software, it makes sense for to think about
encouraging others to write additional free software, instead of
additional proprietary software.

我々はソフトウェアを共有し改変する自由について語り続けるべきだ。そして、
この自由の価値を他のユーザに教えるべきだ。フリーなオペレーティングシス
テムを持つという喜びを味わっているのなら、長期にわたってそれを持ち続け
ることを考えるのが道理にかなっている。多様なフリーソフトウェアを持つ喜
びを味わっているのなら、独占ソフトウェアではなく、フリーソフトウェアを
書くように、人々に働きかけることを考えるのが道理にかなっている。

We should not accept the idea of two separate communities for GNU and
Linux.  Instead we should spread understanding that "Linux systems"
are variants of the GNU system, and that the users of these systems
are as GNU users as well as Linux users (users of the Linux kernel).
Users who know this will naturally tend to take a look at the GNU
philosophy which brought these systems into existence.

GNUとLinuxのコミュニティは別のものだという考えは受け入れるべきではない。
代わりに、LinuxシステムはGNUシステムの変種であり、そのユーザはLinuxユー
ザ(Linuxカーネルのユーザ)であるのと同時にGNUユーザでもあるという認識を
広めてゆく。このことを知っているユーザは自然に、これらのシステムを存在
せしめたGNUの思想について省みるようになるだろう。

I've written this article as one way of doing that.  Another way is to
use the terms "Linux-based GNU system" or "GNU/Linux system", instead
of "Linux system," when you write about or mention such a system.

そのためのひとつの手段として、私はこの文章を書いた。あなたにもできるこ
とがある。「Linuxシステム」ではなく、「LinuxベースのGNUシステム」や
「GNU/Linuxシステム」という言葉を使ってほしい。

Copyright 1996 Richard Stallman
Verbatim copying and redistribution is permitted
without royalty as long as this notice is preserved.

Copyright 1996 Richard Stallman
この告知が載せられている場合に限り、無変更の複製・頒布を、著作権使用料
なしで許可する。

-- 
川村 尚生