[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

Re: JP membership



佐野@浜松です。

In <20010220212900.7cb37bae.saio777@xxxxxxxxxxxxxxx>,
  on "Tue, 20 Feb 2001 21:42:21 +0900',
   with "Re: JP membership (Re: japanese/News/2001/20010125.wml)",
 Tsutomu Saito <saio777@xxxxxxxxxxxxxxx> さん wrote:

> 齋藤です。

こんばんは。

> > もしかしたら既に別ルートから勧誘が届いているかもしれませんが、
> > よろしかったら、JP Project のメンバーとして参加して頂けると
> > 嬉しいです。
> 
> そう言っていただけてとても嬉しく思います。
> できれば JP Project メンバーになりたいと思っていますので
> 宜しくお願いします。

どうもありがとうございます。

今までだと、メンバーへの勧誘は私信でやっていたと思うのですが、
他にも doc や www 方面で今までに作業されていて、今後 JP Project に
参加してみようと思われている方がいるかもしれないので、参考として
ここに書きます。

パッケージ開発作業を担当する場合は、まず JP に upload したい
パッケージを作って、それについての ITP を devel@JP に流し、
JP への参加意志を表明するというのが最初の一歩ですが、
 doc 方面や www 方面は、翻訳作業を投稿するとか、自分で書いた
文書を投稿して、「cvs の commiter になって自分で文書を登録
したいので JP に参加希望」と表明してもらうのが最初の一歩ですね。

できればその時 (参加表明の時) に、board@debian.or.jp に cc: して
もらうといいかもしれません。

で、その後の登録処理に必要な情報は

 * GPG公開鍵
 * debian.or.jp でのアカウント名
 * ~/.ssh/authorized_keys
 * @debian.or.jp mail を forward する先
 * -private の subscribe e-mail address

です。

GPG 公開鍵は本人確認のために必須です。これはパッケージ開発
だけでなく、例えばプロジェクトの総会 (private ML で開催) で
投票する際にも必要となります。

まだ GPG 鍵ペアを作ったことが無ければ、gpg --gen-key で作成し、
自分の公開鍵を gpg --armor --export [key-ID] で出力します。

アカウント名と ~/.ssh/authorized_keys は Debian JP のサーバーに
ssh でログインできるようにするために必要となります。
これも、まだ作成していなければ、ssh-keygen で作成し、
できあがった ~/.ssh/identity.pub をコピーします。

 CVS での作業にも ssh でログインできる環境が必要なので、これも
必須です。

また forward 先の E-mail アドレスや private ML の登録 E-mail 
アドレスはプロジェクトと本人との連絡用として必須です。メールで
連絡が取れないと作業できないので。

これらの「必要な情報」を前もって用意しておいてください。

で、「参加希望」の返事として board あるいは private メンバーから
「登録処理に必要な情報を送ってください」という連絡がきたら、
直接メールで送ってください。(これは ML に流さないように)。

> > もし齋藤さんにその気がおありなら、この際 JP プロジェクトに参加して、
> > ついでに「JP プロジェクトへの参加方法」についての文書を書いて頂けると
> > ありがたいです。
> 
> # この「ついでに」が重荷になりそうですが… :-)
> できるところまでやってみます。

基本的には上記のような流れだと思いますが、他にも忘れていることが
あるかもしれないので、何かあれば随時補足・訂正お願いします。

今回、新規参加して頂けるということなので、その経験を活かして
他の人の参考になるように書いてもらえると良いと思います。

では。

-- 
     # (わたしのおうちは浜松市、「夜のお菓子」で有名さ。)
    <kgh12351@xxxxxxxxxxx> : Taketoshi Sano (佐野 武俊)