[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[debian-devel:15673] Re: ja_JP locale name



At Mon, 9 Jun 2003 13:33:18 +0900,
Tomohiro KUBOTA wrote:
> > EUC-JP が Linux では glibc で使用されたので普及したと考えれば、システ
> > ムを跨っても使えるよう OSF/JVC で協議/確認された eucJP を今後も使うべ
> > きでしょう。
> 
> けっきょく、どうするのがいいのでしょうか。私は OSF/JVC とは何かという
> ことを知りませんが、Linux 以外で eucJP が使われてきたという歴史があるの
> なら、それはそれで尊重しないといけないと思うのですが、そのときに不思議
> なのは、なぜ OpenI18N の人々は (それを知っているだろうと思われるのに)
> それを無視したのか、ということです。なにか考えがあってのことだろうとは
> 思うのですが...

名前空間の付け方としてはすっきりしていることと、glibc で使用されている
からではないでしょうか。個人的には名前規則としては良いものだなと思って
います。

> また、日本ローカルなディストリビューションの動向について、どなたか
> ご存知な方はいらっしゃいませんか。Vine とか Plamo とか。よくわからない
> 場合は、そういったディストリビューションの動向に従っておくのが安全
> という気もします。

当時は、他 distribution (RH, Vine, Kondara あたりでしたっけ?) とそれな
りに足並みをあわせて eucJP に移行できたと記憶しています。Debian JP で
も移行チェックを行なったと思います。

> > > ところで、以前ja_JP.ujisからja_JP.eucJPへ移行する際には修正が必要
> > > なパッケージがあった気がするのですが、LANG=ja_JP.EUC-JPでの動作は
> > > どうなのでしょうか。
> > 
> > その通りですね。確認する必要がありそうです。
> 
> どっちに転ぶにせよ、eucJP でも EUC-JP でもどっちでも動くようにしておく
> というのは、必要かもしれませんね。

そうですね。

また、これだけでなく UTF-8 についても sarge で検討しないといけないよう
に思っています。Debian JP としての sarge release goal も含めて、別メー
ルでまとめたいと思います(ちょっと時間を下さい)。

--
後藤 正徳