[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

ddp/manuals.sgml/project-history/project-history.sgml



田村です。

首題文書、"Debian プロジェクトの歴史" ですが最新版に
追従しましたのでチェックを御願い致します。

・既存日本語訳が存在する段落も含め、全訳してあります。
  もちろん既存訳を大いに参考にさせて頂きました。

・appendix の "Debian 宣言" は、表題以外は既存日本語訳の
  コピペです (小生の方で気づいた些細な typo 修正のみ)。
  既存日本語訳の訳注もそのまま残してあります。文章に手を
  入れようかとも思いましたが、あくまでも嗜好の問題であり、
  また "史料" でもあることからそのままとしました。

-- 
田村 一平 <ippei1@xxxxxxxxxxxx>


<!doctype debiandoc system>

<book>
<title>A Brief History of Debian</title>
<title>Debian 小史</title>
<author>Debian Documentation Team <email>debian-doc@lists.debian.org</email>

<version>2.5 (last revised August 10th, 2005)</version>

<abstract>
This document describes the history and goals of the Debian project.
この文書は、 Debian プロジェクトの歴史と目標について述べます。
</abstract>

<copyright>
This document may be freely redistributed or modified in any form provided
your changes are clearly documented.

<p>
This document may be redistributed for fee or free,  and may be
modified (including translation from one type of media or file format to 
another or from one spoken language to another) provided that all changes
from the original are clearly marked as such.

<p>
Significant contributions were made to this document by 
<list>
<item>Bdale Garbee <email>bdale@debian.org</email>
<item>Hartmut Koptein <email>koptein@debian.org</email>
<item>Nils Lohner <email>lohner@debian.org</email>
<item>Will Lowe <email>lowe@debian.org</email>
<item>Bill Mitchell <email>Bill.Mitchell@xxxxxxxxx</email>
<item>Ian Murdock <email>imurdock@debian.org</email>
<item>Martin Schulze <email>joey@debian.org</email>
<item>Craig Small <email>csmall@debian.org</email>
</list>

<p>
This document is currently maintained primarily by Bdale Garbee
<email>bdale@debian.org</email>.

<p>
This document was translated by
<list>
<item>upstream authors of the doc-debian-ja package
(Debian Linux Manifesto)
<item>Oohara Yuuma <email>oohara@xxxxxxxxxxxxxxxxxx</email> and
Ippei Tamrua <email>ippei1@xxxxxxxxxxxx</email>
(the rest)
</list>
</copyright>

<toc>
<chapt>Changelog

<sect>dated 完成時に日付を入れる
<p> Changes by Ippei Tamura
<list>
<item>New upstream version (version 2.5, cvs revision 1.48).
</list>
</sect>

<sect>dated Sat, 27 Apr 2002
<p>Changes by Oohara Yuuma
<list>
<item>New upstream version (version 2.3, cvs revision 1.18).
</list>
</sect>

<sect>dated Sat, 23 Mar 2002
<p>Changes by Oohara Yuuma
<list>
<item>New upstream version (version 2.0, cvs revision 1.16).
</list>
</sect>

<sect>dated Tue, 15 Jan 2002
<p>Changes by Oohara Yuuma
<list>
<item>Initial version (version 2.0, cvs revision 1.14).
</list>
</sect>

</chapt>

<chapt id="intro">Introduction -- What is the Debian Project?
<chapt id="intro">序文 -- Debian プロジェクトとは何か?

<p>
<url id="http://www.debian.org/"; name="The Debian Project"> is a
worldwide group of volunteers who endeavor to produce an operating
system distribution that is composed entirely of free software.  The
principle product of the project to date is the Debian GNU/Linux
software distribution, which includes the Linux operating system
kernel, and thousands of prepackaged applications.  Various processor
types are supported to one extent or another, including Intel i386 and
above, Alpha, ARM, Intel IA-64, Motorola 68k, MIPS, PA-RISC, PowerPC, Sparc
(and UltraSparc), IBM S/390 and Hitachi SuperH.

<url id="http://www.debian.org/"; name="Debian プロジェクト"> は、フリー
ソフトウェアだけからなるオペレーティングシステムディストリビューションを
作るために努力する、世界規模のボランティアグループです。このプロジェクトの
今までの主要な成果物は、Debian GNU/Linux ソフトウェアディストリビューション
です。これは Linux オペレーティングシステムカーネルと、何千ものパッケージ化済
のアプリケーションを含みます。さまざまなプロセッサタイプに程度こそ違うものの
対応しています。その中には Intel i386 以降、Alpha、ARM、Intel IA-64、
Motorola 68k、MIPS、PA-RISC、PowerPC、Sparc (および UltraSparc)、IBM S/390、
Hitachi SuperH が含まれます。

<p>
Debian motivated the formation of
<url id="http://www.spi-inc.org/"; name="Software in the Public Interest, Inc.,">
a New York-based non-profit organization.  SPI was founded to help
Debian and other similar organizations develop and distribute open
hardware and software.  Among other things, SPI provides a mechanism
by which The Debian Project may accept contributions that are tax
deductable in the United States.

Debian は
<url id="http://www.spi-inc.org/"; name="Software in the Public Interest, Inc.,">
(SPI) 設立の動機となりました。SPI はニューヨークを本拠地とする非営利団体
です。Debian およびその他の同様の組織が、オープンハードウェアおよびソフト
ウェアを開発するのを援助するために設立されました。とりわけ SPI は、Debian
プロジェクトが米国で税控除可能な寄付を受け取れる仕組みを提供しています。

<p>
For more information about free software, see the <url
id="http://www.debian.org/social_contract"; name="Debian Social
Contract"> and associated Debian Free Software Guidelines, or the
<url id="http://www.debian.org/intro/free"; name="Debian What Does Free Mean?">
page.

フリーソフトウェアについての詳細は、<url
id="http://www.debian.org/social_contract"; name="Debian 社会契約"> と
それに関連する Debian フリーソフトウェアガイドラインや、
<url id="http://www.debian.org/intro/free"; name="フリーとは何だろう?">
のページを参照してください。

<sect>In the Beginning
<sect>起源

<p>
The Debian Project was officially founded by Ian Murdock on
<url name="August 16th, 1993" id="http://groups.google.com/groups?selm=CBusDD.MIK%40unix.portal.com&#38;output=gplain";>.
At that time, the whole concept of a "distribution" of Linux
was new.  Ian intended Debian to be a distribution which would be
made openly, in the sprit of Linux and GNU (read his manifesto provided
as an appendix to this document for more details).  The creation of Debian
was sponsored by the FSF's GNU project for one year (November 1994 to 
November 1995).

Debian プロジェクトは、公式には Ian Murdock さんによって
<url name="1993 年 8 月 16 日" id="http://groups.google.com/groups?selm=CBusDD.MIK%40unix.portal.com&#38;output=gplain";>
に創設されました。当時は、Linux の「ディストリビューション」という概念
自体が新しいものでした。Ian さんは Debian を開かれた、Linux と GNU の
精神に則ったディストリビューションにしようとしました (詳細はこの文書の
付録として提供されている Ian さんの宣言を参照してください)。Debian の
創設にあたり、FSF の GNU プロジェクトによって 1 年間
(1994 年 11 月から 1995 年 11 月まで) 支援を受けました。

<p>
Debian was meant to be carefully and conscientiously put together, and
to be maintained and supported with similar care.  It started as a
small, tightly-knit group of Free Software hackers, and gradually grew
to become a large, well-organized community of developers and
users.

Debian は、注意深くそして良心的にまとめられるように、そして同様の配慮で
保守されサポートされるように意図されました。Debian はフリーソフトウェア
ハッカーの小さく緊密なグループとして始まり、しだいに開発者および
ユーザの大規模でよく組織化されたコミュニティへと成長しました。

<p>
Debian is the only distribution that is open for every developer and user 
to contribute their work.  It is the only significant distributor of Linux
that is not a commercial entity.  It is the only large project with a
constitution, social contract, and policy documents to organize the project.
Debian is also the only distribution which is "micro packaged" using detailed
dependency information regarding inter-package relationships to ensure system
consistency across upgrades.  

Debian は、すべての開発者およびユーザに自らの作業で貢献する方法が
開かれている唯一のディストリビューションです。また Linux の重要な
配布団体としては、唯一営利団体ではありません。Debian はプロジェクトを
組織するための憲章、社会契約そしてポリシー文書を持つ唯一の大プロジェクト
です。Debian はまた、アップグレード時のシステムの整合性を保証するために、
パッケージ間の関係についての詳細な依存情報によって「細かくパッケージ化
された」唯一のディストリビューションでもあります。

<p>
To achieve and maintain high standards of quality, Debian has adopted an 
extensive set of policies and procedures for packaging and delivering software.
These standards are backed up by tools, automation, and documentation implementing all
of Debian's key elements in an open and visible way.

高品質を達成して維持するために、Debian はソフトウェアをパッケージ化して
配布するための拡張可能なポリシーと手続き一式を採用しました。これらの基準は、
Debian の主要な要素すべてをオープンで目に見える形で実装するツール、自動化、
文書によって裏打ちされています。

</sect>

<sect>Pronouncing Debian
<sect> Debian の発音

<p>
The official pronounciation of Debian is 'deb ee n'.  The name comes
from the names of the creator of Debian, Ian Murdock, and his wife,
Debra.  

Debian の公式の発音は「デビアン (deb ee n)」です。この名前は、Debian の
創設者である Ian Murdock さんとその妻である Debra さんに由来します。

</sect>
</chapt>

<chapt id="leaders">Leadership
<chapt id="leaders">プロジェクトリーダー
<p>
Debian has had several leaders since its beginnings in 1993.

Debian には 1993 年の創設以来、何人かのリーダーがいました。

<p>
Ian Murdock founded Debian in August 1993 and led it until March 1996.

Ian Murdock さんは Debian を 1993 年 8 月に創設し、1996 年 3 月まで
リーダーを務めました。

<p>
Bruce Perens led Debian from April 1996 until December 1997.

Bruce Perens さんは 1996 年 4 月から 1997 年 12 月まで Debian の
リーダーを務めました。

<p>
Ian Jackson led Debian from January 1998 until December 1998.

Ian Jackson さんは 1998 年 1 月から 1998 年 12 月まで Debian の
リーダーを務めました。

<p>
Wichert Akkerman led Debian from January 1999 until March 2001.

Wichert Akkerman さんは 1999 年 1 月から 2001 年 3 月まで Debian の
リーダーを務めました。

<p>
Ben Collins led Debian from April 2001 until April 2002.

Ben Collins さんは 2001 年 4 月から 2002 年 4 月まで Debian の
リーダーを務めました。

<p>
Bdale Garbee led Debian from April 2002 until April 2003.

Bdale Garbee さんは、2002 年 4 月から 2003 年 4 月まで Debian の
リーダーを努めました。

<p>
Martin Michlmayr was elected in March 2003 and held the leader position 
until March 2005.

Martin Michlmayr さんは 2003 年 3 月に選出され、2005 年 3 月まで
リーダーとなっていました。

<p>
Branden Robinson was elected in April 2005 and is our current leader.

Branden Robinson さんは 2005 年 4 月に選出され、現在のリーダーです。

</chapt>

<chapt id="releases">Debian Releases
<chapt id="releases">Debian リリース

<p>Debian 0.01 through 0.90 (August-December 1993)
<p>Debian 0.01 から 0.90 まで (1993 年 8 月 - 12 月)

<p>
Debian 0.91 (January 1994): This release had a simple package system
which could install and uninstall packages.  The project had grown to several
dozen people at this point.

Debian 0.91 (1994 年 1 月): このリリースは、パッケージのインストールおよび
削除ができる単純なパッケージシステムを備えていました。Debian プロジェクトは、
この時点で数十人規模に成長していました。

<p>
Debian 0.93R5 (March 1995): Responsibility for each package was
clearly assigned to a developer by this point, and the package manager
(<prgn>dpkg</prgn>) was used to install packages after the
installation of a base system.

Debian 0.93R5 (1995 年 3 月): この時点までに、各パッケージに対する責任が
開発者に明確に割りあてられました。そして基本システムのインストール後は、
パッケージマネージャ (<prgn>dpkg</prgn>) がパッケージのインストールに
使われました。

<p>
Debian 0.93R6 (November 1995): <prgn>dselect</prgn> appears.  This
was the last Debian release using the a.out binary format; there were about 
60 developers.  
The first master.debian.org server was built by Bdale Garbee and hosted
by HP in parallel with the 0.93R6 release.  The deployment of an explicit
master server on which Debian developers would construct each release led
directly to the formation of the Debian mirror network, and indirectly to
the development of many of the policies and procedures used to manage the
project today.

Debian 0.93R6 (1995 年 11 月): <prgn>dselect</prgn> が登場しました。
a.out バイナリ形式を使う最後の Debian リリースです。約 60 名の
開発者がいました。
最初の master.debian.org サーバが Bdale Garbee さんによって構築され、
0.93R6 リリースと並行して HP によって運用されました。Debian の開発者が
各リリースを構築するための特定のマスターサーバを設置することは、Debian の
ミラーネットワークの編成に直結しました。また今日のプロジェクトを管理するのに
使われているポリシーや手続きの多くを開発することにも間接的につながりました。

<p>
Debian 1.0 was never released: Accidently Infomagic, a CD vendor,
shipped the development release of Debian and entitled it 1.0.  On December
11th 1995, Debian and Infomagic jointly announced that this release was
screwed.  Bruce Perens explains that the data placed on the "InfoMagic
Linux Developer's Resource 5-CD Set November 1995" as "Debian 1.0" is not
the Debian 1.0 release, but an early development version which is only
partially in the ELF format, will probably not boot or run correctly, and
does not represent the quality of a released Debian system.  To prevent
confusion between the premature CD version and the actual Debian release,
the Debian Project has renamed its next release to "Debian 1.1".  The
premature Debian 1.0 on CD is deprecated and should not be used.

### 2 番目の文章。"screwed" をどう訳したものか...

リリースされなかった Debian 1.0: CD ベンダの Infomagic 社が、Debian の
開発版リリースを前ぶれもなく出荷し、1.0 と称しました。1995 年 12 月 11 日、
Debian と Infomagic 社は共同で当該リリースが誤ったものであると発表し、
Bruce Perens さんは次のように説明しました。すなわち "Debian 1.0" として
"InfoMagic Linux Developer's Resource 5-CD Set November 1995" に収録された
データは Debian の 1.0 リリースではなく、部分的に ELF 形式となっているだけの
初期開発版であること。そしておそらく起動せず、動作も不安定で、リリースされた
Debian システムの品質を表わしてはいないことなどです。未熟な CD 版と実際の
Debian リリースとの混乱を避けるため、Debian プロジェクトは次期リリースを
"Debian 1.1" と改名しました。CD 上の未熟な Debian 1.0 は不完全であり、
使うべきではありません。

<p>
Debian 1.1 <em>Buzz</em> (June 17th, 1996): This was the first Debian
release with a code name.  It was taken, like all others so far, from
a character in the movie <em>Toy Story</em>... in this case, Buzz
Lightyear.  By this time, Bruce Perens had taken over leadership of
the Project from Ian Murdock, and Bruce was working at Pixar, the
company that produced the movie.  This release was fully ELF, used
Linux kernel 2.0, and contained 474 packages.

Debian 1.1 <em>Buzz</em> (1996 年 6 月 17 日): コードネームがついた最初の
Debian リリースです。これ以降の全リリースと同じく、映画 <em>Toy Story</em>
中のキャラクターに由来します... この場合は Buzz Lightyear です。この頃には、
Bruce Perens さんが  Ian Murdock さんからプロジェクトリーダー職を引きついで
おり、Bruce さんはこの映画を作った Pixar 社に勤めていました。このリリースは
完全に ELF 形式で、Linux カーネル 2.0 を使っており、474 個のパッケージを
収録していました。

<p>
Debian 1.2 <em>Rex</em> (December 12th, 1996): Named for the plastic dinosaur
in the movie.  This release consisted of 848 packages maintained by 
120 developers

Debian 1.2 <em>Rex</em> (1996 年 12 月 12 日): 映画に登場するプラスチックの
恐竜から名付けられました。120 人の開発者によって保守される 848 個のパッケージ
から構成されていました。

<p>
Debian 1.3 <em>Bo</em> (June 5th, 1997): Named for Bo Peep, the shepherdess.
This release consisted of 974 packages maintained by 200 developers.

Debian 1.3 <em>Bo</em> (1997 年 7 月 5 日): 女羊飼いである Bo Peep から
名付けられました。200 人の開発者によって保守される 974 個のパッケージから
構成されていました。

<p>
Debian 2.0 <em>Hamm</em> (July 24th, 1998): Named for the piggy-bank in the movie.
This was the first multi-architecture release of Debian, adding support for
the Motorola 68000 series architectures.  With Ian Jackson as Project Leader,
this release made the transition to libc6, and consisted of over 1500 packages
maintained by over 400 developers.

Debian 2.0 <em>Hamm</em> (1998 年 7 月 24 日): 映画に登場する豚の貯金箱から
名付けられました。複数のアーキテクチャに対応した最初の Debian リリースで、
Motorola 68000 シリーズアーキテクチャ対応が加わりました。Ian Jackson さんを
プロジェクトリーダーとし、libc6 への移行を果たしました。そして 400 人以上の
開発者による 1500 個以上のパッケージから構成されていました。

<p>
Debian 2.1 <em>Slink</em> (March 9th, 1999): Named for the slinky-dog in the
movie.  Two more architectures were added, 
<url id="http://www.debian.org/ports/alpha/"; name="Alpha">
and
<url id="http://www.debian.org/ports/sparc/"; name="SPARC">.
With Wichert Akkerman as Project Leader, this release consisted of about
2250 packages and required 2 CDs in the official set.  The key technical
innovation was the introduction of <prgn>apt</prgn>, a new package management
interface.  Widely emulated, apt addressed issues resulting from Debian's 
continuing growth, and established a new paradigm for package acquisition and 
installation on Open Source operating systems.

Debian 2.1 <em>Slink</em> (1999 年 3 月 9 日): 映画に登場するこそこそした
犬から名付けられました。さらに 2 種類のアーキテクチャが追加されました。
<url id="http://www.debian.org/ports/alpha/"; name="Alpha"> と
<url id="http://www.debian.org/ports/sparc/"; name="SPARC"> です。
Wichert Akkerman さんをプロジェクトリーダとし、約 2250 個のパッケージから
構成されていました。公式のセットでは CD 2 枚を必要としました。主要な技術
革新は、新しいパッケージ管理インターフェイスである <prgn>apt</prgn> の導入
でした。apt は幅広く真似されましたが、Debian が成長していくことから生じる
問題に取り組み、オープンソースオペレーティングシステム上でのパッケージの
取得とインストールに新しいパラダイムを確立しました。

<p>
Debian 2.2 <em>Potato</em> (15 August 2000): Named for "Mr Potato Head" in 
the movie.  This release added support for the
<url id="http://www.debian.org/ports/powerpc/"; name="PowerPC">
and
<url id="http://www.debian.org/ports/arm/"; name="ARM">
architectures.  With Wichert still serving as Project Leader, this release
consisted of more than 3900 binary packages derived from over 2600 source
packages maintained by more than 450 Debian developers.

Debian 2.2 <em>Potato</em> (2000 年 8 月 15 日): 映画に登場する
「Mr Potato Head」から名付けられました。
<url id="http://www.debian.org/ports/powerpc/"; name="PowerPC"> と
<url id="http://www.debian.org/ports/arm/"; name="ARM">
アーキテクチャへの対応が追加されました。Wichert さんが引き続きプロジェクト
リーダを務め、450 人以上の Debian 開発者によって保守される 2600 個以上の
ソースパッケージを元にした、3900 個以上のバイナリパッケージから構成されて
いました。

<!-- (jfs) Is this too long? I do not see the number of binary/source
packages in the release notes, also the number of DD could be revised -->
<p>
Debian 3.0 <em>Woody</em> (19 July 2002): Named for the main character
in the movie: "Woody" the cowboy.
Even more architectures were added in this release:
<url id="http://www.debian.org/ports/ia64/"; name="IA-64">,
<url id="http://www.debian.org/ports/hppa/"; name="HP PA-RISC">,
<url id="http://www.debian.org/ports/mips/"; name="MIPS (big endian)">,
<url id="http://www.debian.org/ports/mipsel/"; name="MIPS (little endian)">
and
<url id="http://www.debian.org/ports/s390/"; name="S/390">. This is
also the first release to include cryptographic software due to the
restrictions for exportation being <em>lightened</em> in the US, and
also the first one to include KDE, now that the license issues with QT were 
resolved.  
With Bdale Garbee recently appointed Project Leader, and more than 900
Debian developers, this release contained around 8500 binary
packages and 7 binary CDs in the official set.

### exportation being <em>lightened</em> in the US の訳、自信無し。

Debian 3.0 <em>Woody</em> (2002 年 7 月 19 日): 映画の主人公である
カウボーイの「Woody」から名付けられました。さらに多くのアーキテクチャ
対応が追加されており、その内訳は
<url id="http://www.debian.org/ports/ia64/"; name="IA-64">、
<url id="http://www.debian.org/ports/hppa/"; name="HP PA-RISC">、
<url id="http://www.debian.org/ports/mips/"; name="MIPS (ビッグエンディアン)">、
<url id="http://www.debian.org/ports/mipsel/"; name="MIPS (リトルエンディアン)">、
<url id="http://www.debian.org/ports/s390/"; name="S/390"> などです。
また、米国内で<em>明らかになった</em>輸出制限のために暗号化ソフトウェアを
収録した最初のリリースであり、今では Qt とのライセンス問題が解決している
KDE を最初に収録したリリースでもあります。
最近までプロジェクトリーダーを務めた Bdale Garbee さんと 900 人以上の
Debian 開発者により、8500 個以上のパッケージが収録され、公式のセットは
7 枚のバイナリ CD で構成されていました。

<p>
Debian 3.1 <em>Sarge</em> (6 June 2005): named for the sergeant of
the Green Plastic Army Men. No new architectures were added to the
release, although an unofficial AMD64 port was published at the same
time and distributed through the new <url
id="http://alioth.debian.org"; name="Alioth project hosting site">.
This release features a new installer:
<em>debian-installer</em>, a modular piece of software that feature
automatic hardware detection, unattended installation features and was
released fully translated to over thirty languages.  It was also the
first release to include a full ofimatic suite: OpenOffice.org.
Branden Robinson had just been appointed Project Leader, and more than
1600 Debian developers, this release contained around 15400 binary
packages and 14 binary CDs in the official set.

### ofimatic とは何ぞや???   ググると結構引っかかるが...

Debian 3.1 <em>Sarge</em> (2005 年 6 月 6 日): 緑色をしたプラスチック
兵士の軍曹から名付けられました。対応アーキテクチャの新規追加はありませんが、
非公式な AMD64 移植版が同時に発表され、新しく生まれた<url
id="http://alioth.debian.org"; name="Alioth プロジェクトが運用するサイト">を
通じて配布されました。新しいインストーラである <em>debian-installer</em> を
備えています。これはハードウェアの自動検出や無人インストールといった機能を
備えたモジュール式のソフトウェアで、30 ヶ国以上の言語に完全に翻訳されて
リリースされました。また、完全な ofimatic スイートである OpenOffice.org を
収録した最初のリリースです。プロジェクトリーダーに選出されたばかりの
Branden Robinson さんと 1600 人以上の Debian 開発者により、およそ 15400 個
以上のパッケージが収録され、公式のセットは 14 枚のバイナリ CD で構成されて
いました。

</chapt>

<chapt id="detailed">A Detailed History
<chapt id="detailed">詳細な歴史

<sect>The 0.x Releases
<sect>0.x リリース

<p>
Debian was begun in August 1993 by Ian Murdock, then an undergraduate
at Purdue University.  Debian was sponsored by the GNU Project of <url
id="http://www.fsf.org/"; name="The Free Software Foundation">, the
organization started by Richard Stallman and associated with the
General Public License (GPL), for one year -- from November 1994 to
November 1995.

Debian は、当時 Purdue 大学の学部在校生であった Ian Murdock さんによって
1993 年 8 月に生まれました。Debian は、
<url id="http://www.fsf.org/"; name="フリーソフトウェア財団">
(Richard Stallman さんによって創られた団体で、一般公衆利用許諾契約書
(GPL) と関係があります) の GNU Project によって 1 年間 -- 1994 年 11 月 から
1995 年 11 月まで -- 援助を受けました。

<p>
Debian 0.01 through Debian 0.90 were released between August and December
of 1993.  Ian Murdock writes:

Debian 0.01 から Debian 0.90 までは 1993 年 8 月から 12 月までの間に
リリースされました。Ian Murdock さんは次のように書いています:

<p>
"Debian 0.91 was released in January 1994.  It had a primitive package
system that allowed users to manipulate packages but that did little
else (it certainly didn't have dependencies or anything like that).
By this time, there were a few dozen people working on Debian, though
I was still mostly putting together the releases myself.  0.91 was
the last release done in this way.

「Debian 0.91 は 1994 年 1 月にリリースされました。原始的なパッケージ
システムを備えており、ユーザはパッケージを操ることができましたが、それ
以外のことはほとんど何もできませんでした (依存関係や、それに類する事は
まったく存在していませんでした)。その頃には、Debian の作業をしている人が
数十名いましたが、まだ私自身の手でリリースの取りまとめ作業の大半を行なって
いました。0.91 は、このようにして行なわれた最後のリリースです。

<p>
Most of 1994 was spent organizing the Debian Project so that others
could more effectively contribute, as well as working on
<prgn>dpkg</prgn> (Ian Jackson was largely responsible for this).
There were no releases to the public in 1994 that I can remember,
though there were several internal releases as we worked to get the
process right.

1994 年の大部分は、他の人たちがより効果的に貢献できるよう Debian
プロジェクトを組織するのに、そして <prgn>dpkg</prgn> (これについては
主に Ian Jackson さんが責任を負っていました) について作業するのに
費やされました。私が覚えているかぎり、1994 年には公式なリリースは
ありませんでしたが、手続きを正しくするための作業中に数回の内部リリースが
ありました。

<p>
Debian 0.93 Release 5 happened in March 1995 and was the first
"modern" release of Debian: there were many more developers by then
(though I can't remember exactly how many), each maintaining their own
packages, and <prgn>dpkg</prgn> was being used to install and maintain
all these packages after a base system was installed.

Debian 0.93 Release 5 が 1995 年 3 月に生まれました。これは Debian の
最初の「現代的な」リリースでした: その頃にはさらに多くの開発者がいて
(正確に何人なのか覚えていませんが)、それぞれが自分のパッケージを開発し、
基本システムをインストールした後でこれらすべてのパッケージをインストール
したり保守したりするのに <prgn>dpkg</prgn> が使われていました。

<p>
"Debian 0.93 Release 6 happened in November 1995 and was the last a.out
release.  There were about sixty developers maintaining packages in
0.93R6.  If I remember correctly, dselect first appeared in 0.93R6."

Debian 0.93 Release 6 は 1995 年 11 月に生まれました。これは a.out 形式での
最後のリリースでした。0.93R6 では約 60 人の開発者がパッケージを開発して
いました。私の記憶が正確ならば、dselect は 0.93R6 で初めて登場しました」

<p>
Ian Murdock also notes that Debian 0.93R6 "... has always been my
favorite release of Debian", although he admits to the possibility of
some personal bias, as he stopped actively working on the project in
March 1996 during the pre-production of Debian 1.0, which was actually
released as Debian 1.1 to avoid confusion after a CDROM manufacturer
mistakenly labelled an unreleased version as Debian 1.0.  That
incident led to the concept of "official" CDROM images, as a way for
the project to help vendors avoid this kind of mistake.

Ian Murdock さんは、 Debian 0.93R6 は「いつでもも私の大好きな Debian リリース
だった」とも書いていますが、個人的な偏見がある可能性も認めています。なぜなら、
Murdock さんは Debian 1.0 の試作中である 1996 年 3 月に、プロジェクトで活動
するのをやめているからです。Debian 1.0 は、実際には Debian 1.1 としてリリース
されました。これは、CD-ROM 製造者がリリースされていないバージョンを誤って
Debian 1.0 と称してしまった後の混乱を避けるためです。この出来事は、ベンダが
この種の誤りを避けるのをプロジェクトが助ける方法としての「公式の」CD-ROM
イメージという概念につながりました。

<p>
During August 1995 (between Debian 0.93 Release 5 and Debian 0.93
Release 6), Hartmut Koptein started the first port for Debian, for the
Motorola m68k family.  He reports that "Many, many packages were
i386-centric (little endian, -m486, -O6 and all for libc4) and it was
a hard time to get a starting base of packages on my machine (an Atari
Medusa 68040, 32 MHz).  After three months (in November 1995), I
uploaded 200 packages from 250 available packages, all for libc5!"
Later he started another port together with Vincent Renardias and
Martin Schulze, for the PowerPC family.

1995 年 8 月 (Debian 0.93 Release 5 と Debian 0.93 Release 6 との間) に、
Hartmut Koptein さんが Motorola m68k 系列への Debian の最初の移植を開始
しました。Koptein さんは「とても多くのパッケージは i386 中心主義 (リトル
エンディアン、-m486、-O6、libc4 専用) で、自分のマシン (Atari Medusa 68040, 32 MHz)
上に出発点となるパッケージをそろえるのに苦労しました。3 か月後 (1995 年
11 月) には、入手可能な 250 個のパッケージのうち 200 個をアップロード
しましたが、すべて libc5 用でした!」と報告しています。後に Koptein さんは、
Vincent Renardias さんや  Martin Schulze さんと一緒に PowerPC 系列への
移植をはじめました。

<p>
Since this time,  the Debian Project has grown to include several
<url id="http://www.debian.org/ports/"; name="ports"> to other architectures,
and a port to a new (non-Linux) kernel, the GNU Hurd microkernel.

この頃には、Debian プロジェクトは他のアーキテクチャへの数種の
<url id="http://www.debian.org/ports/"; name="移植版"> と、新しい (Linux では
ない) カーネル、すなわち GNU Hurd マイクロカーネルへの移植版を含むまでに
成長していました。

<p>
An early member of the project, Bill Mitchell, remembers the Linux
kernel

初期のプロジェクトメンバーである Bill Mitchell さんは、Linux カーネルに
ついて次のように回想しています。

<p>
"... being between 0.99r8 and 0.99r15 when we got started.  For a long
time, I could build the kernel in less than 30 minutes on a 20 Mhz
386-based machine, and could also do a Debian install in that same
amount of time in under 10Mb of disk space.

「...Debian が生まれたときは 0.99r8 と 0.99r15 の間でした。長い間、
私は 20 Mhz の 386 ベースなマシン上でカーネルを 30 分以内に構築することが
できました。そして同じ時間で、Debian のインストールを 10MB 未満のディスク
スペースに行なうことができました。

<p>
" ... I recall the initial group as including Ian Murdock, myself,
Ian Jackson, another Ian who's surname I don't recall, Dan Quinlan, and some
other people who's names I don't recall. Matt Welsh was either part of the
initial group or joined pretty early on (he has since left the project).
Someone set up a mailing list, and we were off and running. 

... Ian Murdock さん、私、Ian Jackson さん、苗字を思い出せない別の Ian さん、
Dan Quinlan さん、そして名前を思い出せない他の人たちを最初のグループとして
覚えています。Matt Welsh さんは最初のグループの一部か、かなり早い段階で
参加しました (その後、プロジェクトから離れました)。誰かがメーリングリストを
用意し、私たちはうまくやっていました。

<p>
As I recall, we didn't start off with a plan, and we didn't start off by
putting together a plan in any highly organized fashion. Right from the
start, I do recall, we started off collecting up sources for a pretty random 
collection of packages. Over time, we came to focus on a collection of items
which would be required to put together the core of a distribution:  
the kernel, a shell, update, getty, various other programs and support
files needed to init the system, and a set of core utilities." 

思い出せるかぎりでは、私たちは計画を立ててから始めたわけではなく、
計画を高度に組織化された形にまとめてから始めたわけでもありませんでした。
これははっきり思い出せますが、私たちは開始直後から、パッケージのまったく
無作為なコレクションを作るためのソースを集めはじめました。時間がたつにつれ、
ディストリビューションの中核をまとめるために必要なものを集めるのに専念する
ようになりました: カーネル、シェル、update、getty、システムを初期化するのに
必要なその他のさまざまなプログラムやサポートファイル、そして中核となる
ユーティリティ一式です」

<sect1>The Early Debian Packaging System 
<sect1>初期の Debian パッケージシステム

<p>
At the very early stages of the Project, members considered distributing
source-only packages. Each package would consist of the upstream source
code and a Debianized patch file, and users would untar the sources, apply
the patches, and compile binaries themselves. They soon realized, however,
that some sort of binary distribution scheme would be needed. The earliest
packaging tool, written by Ian Murdock and called <prgn>dpkg</prgn>,
created a package in a Debian-specific binary format, and could be used
later to unpack and install the files in the package. 

プロジェクトのごく初期の段階では、メンバーはソースのみのパッケージを
配布することを考えました。各パッケージは上流のソースコードと Debian 化された
パッチファイルから構成され、ユーザはソースを解凍し、パッチを当て、自分で
バイナリをコンパイルするわけです。しかし、すぐにバナイリ配布のための何らかの
仕組みが必要だと気がつきました。Ian Murdock さんによって書かれ、
<prgn>dpkg</prgn> と呼ばれた最初のパッケージ化ツールは、Debian 特有のバイナリ
形式でパッケージを作成しました。さらに後で展開して、パッケージ内のファイルを
インストールするのにも使えました。

<p>
Ian Jackson soon took over the development of the packaging tool, renaming
the tool itself <prgn>dpkg-deb</prgn> and writing a front-end program he named 
<prgn>dpkg</prgn> to facilitate the use of <prgn>dpkg-deb</prgn> and provide the
<em>Dependencies</em> and <em>Conflicts</em> of today's Debian system. The
packages produced by these tools had a header listing the version of the
tool used to create the package and an offset within the file to a
<prgn>tar</prgn>-produced archive, which was separated from the header by some
control information. 

Ian Jackson さんがすぐにパッケージ化ツールの開発を引きつぎ、ツール自体の
名前を <prgn>dpkg-deb</prgn> に変更し、<prgn>dpkg-deb</prgn> の使用を
容易にし今日の Debian システムの <em>依存</em> や <em>競合</em>を提供する
ための <prgn>dpkg</prgn> と名付けられたフロントエンドプログラムを書きました。
これらのツールによって作られたパッケージには、そのパッケージを作るのに使われた
ツールのバージョンを示すヘッダがあり、<prgn>tar</prgn> によって作られた
アーカイブ (制御情報によってヘッダとは分けられていました) へのオフセットが
ファイル内にありました。

<p>
At about this time some debate arose between members of the project --
some felt that the Debian-specific format created by
<prgn>dpkg-deb</prgn> should be dropped in favor of the format
produced by the <prgn>ar</prgn> program.  After several revised file
formats and correspondingly-revised packaging tools, the
<prgn>ar</prgn> format was adopted.  The key value of this change is
that it makes it possible for a Debian package to be un-packaged on
any Unix-like system without the need to run an untrusted executable.
In other words, only standard tools present on every Unix system like
'ar' and 'tar' are required to unpack a Debian binary package and
examine the contents.

およそこの頃、プロジェクトメンバー間で論争がおきました -- <prgn>dpkg-deb</prgn>
によって作られた Debian 特有のフォーマットは、<prgn>ar</prgn> プログラムに
よって作られる形式に取って代わられるべきではないかと思った人がいました。
何度かファイル形式が変更され、それに対応してパッケージ化ツールが変更された
後で、<prgn>ar</prgn> 形式が採用されました。この変更の鍵となる価値は、あらゆる
Unix 似なシステム上で、信頼できない実行形式を走らせる必要なしに Debian
パッケージを展開できるようになったということです。言いかえれば、'ar' や
'tar' といったすべての Unix システムに備わっている標準的なツールさえあれば、
Debian バイナリパッケージを展開し中身を調べることができるということです。
</sect1>

<sect>The 1.x Releases
<sect>1.x リリース

<p>
When Ian Murdock left Debian, he appointed Bruce Perens as the next
leader of the project.  Bruce first became interested in Debian while
he was attempting to create a Linux distribution CD to be called "Linux
for Hams", which would include all of the Linux software useful to ham
radio operators.  Finding that the Debian core system would require
much further work to support his project, Bruce ended up working
heavily on the base Linux system and related installation tools,
postponing his ham radio distribution, including organizing (with Ian
Murdock) the first set of Debian install scripts, eventually resulting
in today's Debian Rescue Floppy.

Ian Murdock さんが Debian を離れるとき、Murdock さんは Bruce Perens さんを
次のプロジェクトリーダーに指名しました。Bruce さんが Debian に最初に興味を
抱いたのは、ハム無線オペレータの役に立つ Linux ソフトウェアをすべて含む
「Linux for Hams」という名の Linuxディストリビューション CD を作ろうとして
いたときでした。自分のプロジェクトに対応させるには、Debian の中核システムには
もっと作業が必要なことが判り、Bruce さんは自分のハム無線ディストリビューションを
延期して、(Ian Murdock さんとともに) 最初の Debian インストールスクリプト一式
(今日の Debian レスキューフロッピーになりました) を組織化することを含む、
基本的な Linux システムと関連するインストールツールの作業にのめりこむように
なりました。

<p>
Ian Murdock states: 
Ian Murdock さんは次のように述べています:

<p>
"Bruce was the natural choice to succeed me, as he had been maintaining the 
base system for nearly a year, and he had been picking up the slack as the
amount of time I could devote to Debian declined rapidly." 

「Bruce さんは私の後継者として自然な選択でした。なぜなら彼は 1 年近くもの間
基本システムを開発していて、私が Debian に提供できる時間が急速に減っていくに
つれて弛んだ部分を拾いあげていったからです」

<p>
He initiated several important facets of the project, including
coordinating the effort to produce the Debian Free Software Guidelines
and the Debian Social Contract, and the initiation of The Open Hardware Project.
During his time as Project Leader, Debian gained market share and a
reputation as a platform for serious, technically-capable Linux users.

Bruce さんは Debian フリーソフトウェアガイドラインと Debian 社会契約を作る
ための労力をまとめること、またオープンハードウェアプロジェクトの創設を含む
プロジェクトの重要な側面を始めました。Bruce さんがプロジェクトリーダーを
務める間に、Debian は市場シェアと、まじめで、優れた技術を持つ Linux ユーザの
ためのプラットフォームとしての名声を獲得しました。

<p>
Bruce Perens also spearheaded the effort to create <url
id="http://www.spi-inc.org/"; name="Software in the Public Interest,
Inc.">.  Originally intended to provide the Debian Project with a
legal entity capable of accepting donations, its aims quickly expanded
to include supporting free software projects outside the Debian
Project.

Bruce Perens さんはまた、<url
id="http://www.spi-inc.org/"; name="Software in the Public Interest,
Inc."> を設立する努力の先頭にも立ちました。もともとは Debian プロジェクトに
寄付を受けいれることができる法人格を提供することが狙いでしたが、
その目的は Debian プロジェクト以外のフリーソフトウェアプロジェクトを
支援することも含むように、まもなく拡大されました。

<p>
The following Debian versions were released during this time: 

この頃、次の Debian バージョンがリリースされました:

<p>
<list>
<item>1.1 <em>Buzz</em> released June 1996 (474 packages, 2.0 kernel, fully ELF, <prgn>dpkg</prgn>)
<item>1.2 <em>Rex</em> released December 1996 (848 packages, 120 developers)
<item>1.3 <em>Bo</em> released July 1997 (974 packages, 200 developers)
</list>

<list>
<item>1.1 <em>Buzz</em> 1996 年 6 月リリース (474 個のパッケージ、2.0 カーネル、ELF 形式のみ、<prgn>dpkg</prgn>)
<item>1.2 <em>Rex</em> 1996 年 12 月リリース (848 個のパッケージ、120 人の開発者)
<item>1.3 <em>Bo</em> 1997 年 7 月リリース (974 個のパッケージ、200 人の開発者)
</list>

<p>
There were several interim "point" releases made to 1.3,  with the last being 
1.3.1R6.

1.3 には中間の「ポイント」リリースが何回か行なわれました。その最後は 1.3.1R6 です。

<p>
Bruce Perens was replaced by
Ian Jackson as Debian Project Leader at the beginning of January,
1998, after leading the project much of the way through the
preparation for the 2.0 release.

Bruce Perens さんは 2.0 リリースを準備する過程で多くの手法により
プロジェクトを率いた後、 1998 年 1 月初めに Debian プロジェクトリーダーの
職を Ian Jackson さんに引き継ぎました。。
</sect>

<sect>The 2.x Releases
<sect>2.x リリース

<p>
Ian Jackson became the Leader of the Debian Project at the beginning
of 1998, and was shortly thereafter added to the board of Software in
the Public Interest in the capacity of Vice President.  After the
resignation of the Treasurer (Tim Sailer), President (Bruce Perens),
and Secretary (Ian Murdock), he became President of the Board and
three new members were chosen: Martin Schulze (Vice President), Dale
Scheetz (Secretary), and Nils Lohner (Treasurer).

### secretary = 書記官 or 秘書?

Ian Jackson さんは、1998 年初めに Debian プロジェクトのリーダーに就任
ました。その直後、Software in the Public Interest の取締役会に副社長として 
迎えられました。財務担当 (Tim Sailer)、社長 (Bruce Perens) そして書記官
(Ian Murdock) が辞任した後、Jackson さんは社長になり、3 人の新メンバーが
選ばれました: Martin Schulze (副社長)、Dale Scheetz (書記官)、そして
Nils Lohner (財務担当) です。

<p>
Debian 2.0 (<em>Hamm</em>) was released July 1998 for the Intel i386
and Motorola 68000 series architectures.  This release marked the move
to a new version of the system C libraries (glibc2 or for historical
reasons libc6).  At the time of release, there were 1500+ packages
maintained by more than 400 Debian developers.

Debian 2.0 (<em>Hamm</em>) は、1998 年 7 月に Intel i386 および Motorola 68000
系列アーキテクチャ向けにリリースされました。このリリースは、システム C
ライブラリの新バージョン (glibc2、歴史的な理由から libc6 とも呼ばれています)
への移行を果たしました。リリース時点では、400 人以上の Debian 開発者によって
保守される 1500 個以上のパッケージがありました。

<p>
Wichert Akkerman succeeded Ian Jackson as Debian Project Leader in January
of 1999.  <url id="http://www.debian.org/releases/slink/"; name="Debian 2.1">
was <url id="http://www.debian.org/News/1999/19990309"; name="released"> on 
09 March, 1999, after being delayed by a week when a few last-minute 
issues arose.

1999 年 1 月、Wichert Akkerman さんが Ian Jackson さんから Debian
プロジェクトリーダ職を引き継ぎました。
<url id="http://www.debian.org/releases/slink/"; name="Debian 2.1">
は最終段階でいくつかの問題が起きたため、1 週間遅れで 1999 年 3 月 9 日に
<url id="http://www.debian.org/News/1999/19990309"; name="リリースされました">。

<p>
Debian 2.1 (<em>Slink</em>) featured official support for two new architectures:  
<url id="http://www.debian.org/ports/alpha/"; name="Alpha">
and <url id="http://www.debian.org/ports/sparc/"; name="Sparc">.  The
X-Windows packages included with Debian 2.1 were greatly reorganized
from previous releases, and 2.1 included <prgn>apt</prgn>, the
next-generation Debian package manager interface.  Also, this release
of Debian was the first to require 2 CD-ROMs for the "Official Debian
CD set"; the distribution included about 2250 packages.

Debian 2.1 (<em>Slink</em>) は 2 種類の新しいアーキテクチャに公式対応していました:
<url id="http://www.debian.org/ports/alpha/"; name="Alpha">
と <url id="http://www.debian.org/ports/sparc/"; name="Sparc"> です。
Debian 2.1 に収録された X-Windows パッケージは以前のリリースから
大きく再編され、また 2.1 は次世代の Debian パッケージ管理インターフェイスであ
<prgn>apt</prgn> も収録していました。さらに、この Debian リリースは「公式
Debian CD セット」に 2 枚の CD-ROM が必要となる初めての Debian リリースでした;
約 2250 個のパッケージが収録されていました。

<p>
On 21 April 1999, <url id="http://www.corel.com/"; name="Corel
Corporation"> and the
<url id="http://www.kde.org/"; name="K Desktop Project">
effectively formed an alliance with Debian when Corel announced it's
intentions to release a Linux distribution based on Debian and the
desktop environment produced by the KDE group.  During the following
spring and summer months, another Debian-based distribution,
Storm Linux, appeared, and the Debian Project chose a new <url
id="http://www.debian.org/logos/"; name="logo">, featuring both an
Official version for use on Debian-sanctioned materials such as
CD-ROMs and official Project websites, and an Unofficial logo for use
on material mentioning or derived from Debian.

1999 年 4 月 21 日、Corel が Debian および KDE グループによって作られた
デスクトップ環境を元にした Linux ディストリビューションをリリースする
計画だと発表した時、<url id="http://www.corel.com/"; name="Corel
Corporation"> と <url id="http://www.kde.org/"; name="K デスクトップ
プロジェクト">が Debian と事実上の同盟を結成しました。その春と夏の間、
また別の Debian ベースなディストリビューションである Storm Linux が出現し、
Debian プロジェクトは CD-ROM や公式プロジェクトウェブサイトといった Debian
公認の物品で使うための公式バージョンと、Debian に言及するか由来する物品で
使うための非公式ロゴからなる新しい<url
id="http://www.debian.org/logos/"; name="ロゴ">を採択しました。

<p>
A new, unique, Debian port also began at this time, for the <url
id="http://www.debian.org/ports/hurd/"; name="Hurd"> port.  This is the
first port to use a non-Linux kernel, instead using the <url
id="http://www.gnu.org/software/hurd/hurd.html"; name="GNU Hurd">, a
version of the GNU Mach microkernel.

新しい、独特な Debian 移植版が始まったのもこの頃です。すなわち
<url id="http://www.debian.org/ports/hurd/"; name="Hurd"> への移植版です。
これは Linux 以外のカーネルを使う初めての移植版で、かわりに GNU Mach
マイクロカーネルの一種である <url
id="http://www.gnu.org/software/hurd/hurd.html"; name="GNU Hurd"> を
使っています。

<!-- (jfs) talk about Progeny? and other Debian-derived distributions
like Libranet, Stormix... ?-->

<p>
Debian 2.2 (<em>Potato</em>) was released August 15th, 2000 for the
Intel i386, Motorola 68000 series, alpha, SUN Sparc, PowerPC and ARM
architectures.  This is the first release including PowerPC and ARM
ports.  At the time of release, there were 3900+ binary and 2600+
source packages maintained by more than 450 Debian developers.

Debian 2.2 (<em>Potato</em>) は、2000 年 8 月 15 日に Intel i386、
Motorola 68000 シリーズ、alpha, SUN Sparc, PowerPC そして ARM
アーキテクチャ向けにリリースされました。これは PowerPC と ARM への
移植版を含む初めてのリリースです。このリリース時点では、450 人以上の
Debian 開発者によって保守される 3900 個以上のバイナリパッケージと、
2600 個以上のソースパッケージがありました。

<p>
An interesting fact about Debian 2.2 is that it showed how 
an free software effort could lead to a modern operating system despite
all the issues around it. This was studied thoroughly by a group of interest
in an article called <url id="http://people.debian.org/~jgb/debian-counting/";
name="Counting potatoes"> quoting from this article:

Debian 2.2 について興味深い事実は、フリーソフトウェアが、あらゆる困難にも
かかわらず、現代的なオペレーティングシステムを生み出せることを示したことです。
このことは、関心を抱いたグループによる
<url id="http://people.debian.org/~jgb/debian-counting/"; name="Counting potatoes">
という記事の中で詳細に研究されました。同記事より引用します:

<p>
<em> "[...] we use David A. Wheeler's sloccount system to determine
the number of physical source lines of code (SLOC) of Debian 2.2 (aka
potato). We show that Debian 2.2 includes more than 55,000,000
physical SLOC (almost twice than Red Hat 7.1, released about 8 months
later), showing that the Debian development model (based on the work
of a large group of voluntary developers spread around the world) is
at least as capable as other development methods [...] It is also
shown that if Debian had been developed using traditional proprietary
methods, the COCOMO model estimates that its cost would be close to
$1.9 billion USD to develop Debian 2.2. In addition, we offer both an
analysis of the programming languages used in the distribution (C
amounts for about 70%, C++ for about 10%, LISP and Shell are around
5%, with many others to follow), and the largest packages (Mozilla,
the Linux kernel, PM3, XFree86, etc.)"</em>

<em>「[...] 我々は David A. Wheeler 作の sloccount システムを使い、
Debian 2.2 (別名 potato) の有意なコードのソース行数 (SLOC) を測定した。
Debian 2.2 には、(約 8 ヶ月後にリリースされた Red Hat 7.1 のほぼ倍に
あたる) 55,000,000 行以上の有意な SLOC があり、(世界中に散らばっている
ボランティアの開発者からなる巨大なグループの作業を元にした) Debian の
開発モデルは、少なくとも他の開発手法に匹敵はすることが示されている [...]
また、もし Debian が伝統的なプロプライエタリな手法を使って開発されて
いたなら、COCOMO モデルで見積った Debian 2.2 の開発コストは 19 億米ドル
近くにもなるであろうことも示されている。さらに我々は、Debian 2.2 で
使われたプログラミング言語 (C が約 70%、C++ が約 10%、Lisp とシェルが
おおよそ 5%、その他大勢があとに続く) と、大規模なパッケージ (Mozilla、
Linux カーネル、PM3、XFree86、その他) に関する分析も提供する」</em>

</sect>

<sect>The 3.x Releases
<sect>3.x リリース

<p>
Before woody could even begin to be prepared for release, a change to
the archive system on ftp-master had to be made. Package pools, which
enabled special purpose distributions, such as the new "Testing"
distribution used for the first time to get woody ready for release,
were <url
id="http://lists.debian.org/debian-devel-announce-0012/msg00004.html";
name="activated on ftp-master"> in mid December 2000. A package pool
is just a collection of different versions of a given package, from
which multiple distributions (currently experimental, unstable,
testing, and stable) can draw packages, which are then included in
that distribution's Packages file.

woody がリリースの準備に取りかかれるようになる前に、ftp-master 上の
アーカイブシステムに変更が加えられなければなりませんでした。woody の
リリースを準備するために初めて使われる新しい "テスト版" ディストリビューション
といった、特別な目的のディストリビューションを可能にするパッケージ
プールが、2000 年 12 月半ばに<url
id="http://lists.debian.org/debian-devel-announce-0012/msg00004.html";
name="ftp-master 上で稼働を始めました">。パッケージプールは既存パッケージ
の異なるバージョンを集めたものにすぎず、複数のディストリビューション
(現在のところ experimental、不安定版、テスト版、安定版) はそこから
パッケージを取得することができ、各々の Packages ファイルに収録されます。

<p>
At the same time a new distribution
<em>testing</em> was introduced.  Mainly, packages from unstable that
are said to be stable moved to testing (after a period of a few weeks). 
This was introduced in order to reduce freeze time and give the project
the ability to prepare a new release at any time.  

同時に<em>テスト版</em>という新ディストリビューションが導入されました。主に、
不安定版の中で安定していると思われるパッケージが (数週間後に) テスト版に
移されます。テスト版導入の目的は、フリーズ期間の短縮と、プロジェクトが
いつでも新リリースの準備を行なえるようにすることです。

<p>
In that period, some of the companies that were shipping modified
versions of Debian closed down. Corel sold
its Linux division in the first quarter of 2001, 
Stormix declared bankruptcy on January 17th 2001, and Progeny
ceased development of its distribution on October 1st, 2001.

この期間に、Debian のモディファイ版を出荷していた企業のいくつかが、
消えてなくなりました。Corel は 2001 年の第 1 四半期に 同社の Linux
部門を売却し、Stormix は 2001 年 1 月 17 日に破産を宣告し、Progeny
は 2001 年 10 月 1 日に同社製ディストリビューションの開発を停止しました。

<p>The freeze for the next release started on July 1st 2001. However, 
it took the project a little more than a year to get to the next 
release, due to <url
id="http://lists.debian.org/debian-devel-announce-0104/msg00004.html";
name="problems in boot-floppies">,
because of the introduction of cryptographic software in the main archive
and due to the changes in the underlying architecture 
(the incoming archive and the security architecture).  In that time, however,
the stable release (Debian 2.2) was revised up to seven times, and two
Project Leaders were elected: Ben Collins (in 2001) and Bdale Garbee.
Also, work in many areas of Debian besides packaging kept growing,
including internationalization, Debian's web site (over a thousand
webpages) was translated into over 20 different languages, and installation
for the next release was ready in 23 languages. Two internal projects:
Debian Junior (for children) and Debian Med (for medical practice
and research) started during the woody release time frame 
providing the project with different focuses to make Debian 
suitable for those tasks.

次期リリースへ向けたフリーズは、2001 年 6 月 1 日に始まりました。しかし
ながら、プロジェクトが次期リリースを完成させるまでには、それから 1 年強
の時間を要したのです。その理由は<url
id="http://lists.debian.org/debian-devel-announce-0104/msg00004.html";
name="起動フロッピの問題">や、main アーカイブへの暗号化ソフトウェアの
導入、プロジェクトの根底にあるアーキテクチャの変更 (incoming アーカイブと
セキュリティアーキテクチャ) などでした。しかしこの期間に、安定版リリース
(Debian 2.2) は 7 度も改訂され、Ben Collins さん (2001 年) と Bdale Garbee
さんという 2 人のプロジェクトリーダーが選出されました。さらに、パッケージ化
以外にも Debian 関連の多くの作業は成長を続けました。その中には国際化も含ま
れており、(1000 以上のページがある) Debian のウェブサイトは 20 ヶ国以上の
言語に翻訳され、次期リリース版のインストールでは 23 ヶ国語に対応していました。
Debian Junior (子供向け) と Debian Med (医学の学習研究用) という 2 つの
内部プロジェクトも woody のリリース準備期間中に始まり、Debian をその種の
業務に適したものとするための異なる焦点をプロジェクトにもたらしました。

<p>
The work around Debian didn't stop the developers from organising
an annual meeting called <url id="http://www.debconf.org"; name="Debconf">. The first meeting 
was held from the 2nd to the 5th of July together with the 
Libre Software Meeting (LSM) at Bordeaux (France) gathered around
forty Debian developers. The second conference took place in
Toronto (Canada) July 5th 2002 with over eighty participants.

Debian 関連の作業も、開発者が <url id="http://www.debconf.org"; name="Debconf">
と呼んでいる年に 1 度の会議を企画する妨げにはなりませんでした。最初の会議は、
7 月 2 日から 5 日にかけてボルドー (フランス) で Libre Software Meeting (LSM)
と共催で行なわれ、約 40 名の Debian 開発者が集まりました。
2 回目のカンファレンスは 2002 年 7 月 5 日にトロント (カナダ) で開催され、
80 人以上の参加者を集めました。

<p>
Debian 3.0 (<em>Woody</em>) was released July 19th, 2002 for the
Intel i386, Motorola 68000 series, alpha, SUN Sparc, PowerPC, ARM, 
HP PA-RISC, IA-64, MIPS, MIPS (DEC) and IBM s/390 architectures.  
This is the first release including HP PA-RISC, IA-64, MIPS, MIPS (DEC) 
and IBM s/390 ports.  At the time of release, there were around 8500
binary packages maintained by more than one thousand Debian developers,
becoming the first release to be available on DVD media as well
as CD-ROMs.

Debian 3.0 (<em>Woody</em>) は 2002 年 7 月 19 日にリリースされ、
Intel i386、Motorola 68000 系列、 alpha、SUN Sparc、PowerPC、ARM、
HP PA-RISC、IA-64、MIPS、MIPS (DEC)、IBM s/390 といったアーキテクチャに
対応していました。HP PA-RISC、IA-64、MIPS、MIPS (DEC)、IBM s/390 などの
移植版が収録された初めてのリリースです。このリリース時点では、1000 人
以上の Debian 開発者によって保守される約 8500 個のバイナリパッケージが
あり、CD-ROM に加えて初めて DVD メディアでも入手できるようになりました。

<!-- (jfs) # of source packages? : 
~$ grep ^Source  /var/lib/dpkg/available | sort -u | wc -l
1442

????
-->

<p>
Before the next release the <em>Debconf</em> annual meeting
continued with the fourth conference taking place in Oslo from July
18th to July 20th 2003 with over one hundred and twenty participants,
with a <em>Debcamp</em> preceding it, from July 12th to July 17th. The
fifth conference took place from May 26th to June 2nd 2004 in Porto
Alegre, Brazil with over one hundred and sixty participants from
twenty six different countries.

次期リリースを前に、年に 1 度の会議である <em>Debconf</em> が引き続き
行なわれました。第 4 回は 2003 年 7 月 18 日から 20 日にかけてオスロで
開催され、120 名以上の参加者が集まりました。またそれに先立ち、 7 月 12 日
から 17 日にかけて <em>Debcamp</em> も開催されました。
第 5 回のカンファレンスは 2004 年 5 月 26 日から 6 月 2 日にかけて
ブラジルのポルト・アレグレで開催され、26 ヶ国から 160 名以上の参加者を
集めました。

<p>
Debian 3.1 (<em>sarge</em>) was released June 6th, 2005 for the
same architectures than <em>woody</em>, although an unofficial AMD64
port was released at the same time using the project hosting
infrastructure provided for the distribution and available at <url
id="http://alioth.debian.org";>. There were around 15,000 binary
packages maintained by more than one thousand and five hundred Debian
developers.

Debian 3.1 (<em>sarge</em>) は、2005 年 6 月 6 日にリリースされ、対応
アーキテクチャは <em>woody</em> と同じでしたが、非公式な AMD64 移植版
が同時にリリースされました。この AMD 64 移植版は、<url
id="http://alioth.debian.org";> から利用できるディストリビューション向け
プロジェクト運営インフラストラクチャを使用しています。1500 人以上の
Debian 開発者によって保守される約 15,000 個のバイナリパッケージがあり
ました。

<p>
There were many major changes in the <em>sarge</em> release, mostly
due to the large time it took to freeze and release the
distribution. Not only did this release update over 73% of the
software shipped in the previous version, but it also included much
more software than previous releases almost doubling in size with
9,000 new packages including the OpenOffice suite, the Firefox web
browser and the Thunderbird e-mail client.

<em>sarge</em> のリリースでは多くの大規模な変更がなされましたが、大半は
同ディストリビューションのフリーズとリリースに要した長きにわたる時間に
よるものです。<em>sarge</em> では、従来バージョンにもあったソフトウェアの
73% 以上が更新されただけでなく、9000 個もの大量の新規パッケージが収録され、
サイズ的には従来リリースの倍近くになりました。新規パッケージには、
OpenOffice スイート、Firefox ウェブブラウザ、Thunderbird 電子メール
クライアントなどが含まれます。

<p>
This release shipped with the 2.4 and 2.6 Linux kernel series,
XFree86 4.3, GNOME 2.8 and KDE 3.3 and with a brand new
installer. This new installer replaced the aging boot-floopies
installer with a modular design with provided for more advanced
installations (with RAID, XFS and LVM support) including hardware
detections and making installations easier for novice users of all the
architectures. It also switched to aptitude as the selected tool for
package management. But the installation system also boasted full
internationalization support as the software was translated into
almost forty languages. The supporting documentation: installation
manual and release notes, were made available with the release in ten
and fifteen different languages respectively.

<em>sarge</em> には Linux カーネルの 2.4 および 2.6 系列、XFree86 4.3、
KDE 3.3 が収録されており、まったく一新されたインストーラを備えて
いました。この新インストーラは旧式な起動フロッピ式インストーラを置き
換えるものです。モジュール式の設計で、ハードウェアの自動を含むより
進化したインストール (RAID、XFS、LVM にも対応) を提供し、全アーキテクチャ
において初心者ユーザでもインストールを容易に行なえます。
また、パッケージ管理用に選ばれるツールは aptitude に切り替わりました。
ソフトウェアがほぼ 40 ヶ国語に翻訳されたように、インストールシステムも
完全な国際化対応を誇っています。インストールマニュアルやリリースノート
といった周辺文書もリリースと同時に入手可能となり、それぞれ 10 から
15 ヶ国の言葉に翻訳されたものが用意されています。

<p>
This release included the efforts of the Debian-Edu/Skolelinux,
Debian-Med and Debian-Accessibility sub-projects which boosted the
number of educational packages and those with a medical affiliation as
well as packages designed especially for people with disabilities.

### "medical affiliation" の訳、自身無し。

<em>sarge</em> には、Debian-Edu/Skolelinux や Debian-Med、Debian-Accessibility
といったサブプロジェクトによる成果も取り込まれています。これらのサブ
プロジェクトにより、教育用パッケージや医療団体用パッケージ、それに障碍の
ある人向けに特別に設計されたパッケージの数は増加の一途をたどっています。

<!-- Notes:
Mention more information on subprojects, i.e. Skolelinux helped develop d-i ?
Mention Debian usage all over the world
Mention Ubuntu (Canonical)?
-->

<p>
The sixth <em>Debconf</em> was held in Espoo, Finland, from
July 10th to July 17th, 2005 with over three hundred participants.
<url id="http://dc5video.debian.net"; name="Videos"> from this
conference are available online.

第 6 回の <em>Debconf</em> は、2005 年 7 月 10 日から 17 日にかけて
フィンランドのエスポーで開催され、300 人を超える参加者を集めました。
このカンファレンスの模様を映した<url
id="http://dc5video.debian.net"; name="ビデオ">がオンラインで入手できます。

<!--(jfs) NOTE: Xandros is up and running http://www.xandros.com/ and
so is Lindows http://www.lindows.com/-->

</sect>

<sect>Important Events
<sect>重要な出来事

<sect1>July 2000: Joel Klecker died
<sect1>2000 年 7 月: Joel Klecker さん逝去

<p>
On July 11th, 2000, Joel Klecker, who was also known as Espy, passed
away at 21 years of age.  No one who saw 'Espy' in #mklinux, the
Debian lists or channels knew that behind this nickname was a young
man suffering from a form of <url
id="http://mdausa.org/disease/dmd.html"; name="Duchenne muscular
dystrophy">.  Most people only knew him as 'the Debian glibc and
powerpc guy' and had no idea of the hardships Joel fought.  Though
physically impaired, he shared his great mind with others.

2000 年 7 月 11 日、Espy のニックネームで知られていた Joel Klecker さんが
21 歳でこの世を去りました。#mklinux、Debian のメーリングリストや IRC
チャンネルで 'Espy' と交流のあった人々で、このニックネームの影には
<url
id="http://mdausa.org/disease/dmd.html"; name="デュシェンヌ型筋ジストロフィー">
という病に苦しむ若者がいるのを知っていた者はいませんでした。ほとんどの
人々は Joel さんのことを「Debian の glibc と powerpc 野郎」としてのみ
知っており、Joel さんが闘っていた困難に想いがおよぶ者はいませんでした。
肉体的には病んでいましたが、Joel さんはその偉大なる精神を他の人と共有して
いました。

<p>
Joel Klecker (also known as Espy) will be missed.

Joel Klecker (別名 Espy) さんに心より哀悼の意を表します。

</sect1>

<sect1>October 2000: Implementation of Package Pools
<sect1>2000 年 10 月: パッケージプールの実装

<p>
James Troup <url
id="http://lists.debian.org/debian-devel-announce-0010/msg00007.html";
name="reported"> that he has been working on re-implementing the
archive maintenance tools and switching to package pools.  From this
date, files are stored in a directory named after the corresponding
source package inside of the pools directory.  The distribution
directories will only contain Packages files that contain references
to the pool.  This simplifies overlapping distributions such as
testing and unstable.  The archive is also database-driven using
PostgreSQL which also speeds up lookups.

James Troup さんは、アーカイブ保守ツールの再実装を行ない、パッケージ
プールに移行したと<url
id="http://lists.debian.org/debian-devel-announce-0010/msg00007.html";
name="報告しました">。この日より、ファイルは pools ディレクトリ内の
ソースパッケージに対応した名前のディレクトリに保存されるようになりました。
ディストリビューションのディレクトリには、プールへの参照が含まれた
Packages ファイルだけが収められています。これにより、テスト版や
不安定版といったディストリビューション間での重複が単純化されました。
このアーカイブは PostgreSQL を使ったデータベース駆動型でもあり、
ロックアップも高速化されています。

</sect1>

<sect1>March 2001: Christopher Rutter died
<sect1>2001 年 3 月: Christopher Rutter さん逝去

<p>
On March 1st, 2001, Christopher Matthew Rutter (also known as cmr) was
killed after he was struck by a car at the age of 19.  Christopher was
a young and well known member of the Debian project helping the ARM
port.

2001 年 3 月 1 日、Christopher Matthew Rutter (別名 cmr) さんが、
交通事故により 19 歳で命を落としました。Christopher さんは Debian
プロジェクトの若く有名なメンバーで、ARM 移植版を手伝っていました。

<p>
Chris Rutter will be missed.

Chris Rutter さんに心より哀悼の意を表します。

</sect1>

<sect1>March 2001: Fabrizio Polacco died
<sect1>2001 年 3 月: Fabrizio Polacco さん逝去

<p>
On March 28th, 2001, Fabrizio Polacco passed away after a long
illness.  The Debian Project honors his good work and strong
dedication to Debian and Free Software.  The contributions of Fabrizio
will not be forgotten, and other developers will step forward to
continue his work.

2001 年 3 月 28 日、Fabrizio Polacco が長い闘病生活の末、この世を
去りました。Debian プロジェクトは、Fabrizio さんによる Debian と
フリーソフトウェアでの優れた作業と多大な献身に、敬意を表します。
Fabrizio さんの貢献は忘れられることなく、他の開発者が Fabrizio さんの
業績を引き継ぐべく前進するでしょう。

<p>
Fabrizio Polacco will be missed.

Fabrizio Polacco さんに心より哀悼の意を表します。

</sect1>

<sect1>July 2002: Martin Butterweck died
<sect1>2002 年 7 月: Martin Butterweck さん逝去

<p>
On July 21st, 2002, Martin Butterweck (also known as blendi) died
after battling leukemia.  Martin was a young member of the Debian
project who recently joined the project.

2002 年 7 月 21 日、Martin Butterweck (別名 blendi) さんが、白血病と
闘った末、亡くなりました。Martin さんは Debian プロジェクトの若い
メンバーで、プロジェクトに加わったばかりでした。

<p>
Martin Butterweck will be missed.

Martin Butterweck さんに心より哀悼の意を表します。

</sect1>

<sect1>November 2002: Fire burnt Debian server
<sect1>2002 年 11 月: Debian サーバ焼失

<p>
Around 08:00 CET on November 20th, 2002, the University of Twente
Network Operations Center (NOC) caught fire.  The building has burnt
to the ground.  The fire department has given up every hope on
protecting the server area.  Among other things the NOC hosted
satie.debian.org which contained both the security and non-US archive
as well as the new-maintainer (nm) and quality assurance (qa)
databases.  Debian rebuilt these services on the host klecker, which
was recently moved from the U.S.A. to the Netherlands.

2002 年 11 月 20 日の 08:00 CET (中央ヨーロッパ時間) 頃、オランダに
あるトゥエンテ大学のネットワークオペレーションセンターで火災が発生
しました。建物は全焼し、灰燼と化しました。消防署はサーバエリアを救う
望みをすっかり諦めてしまいました。とりわけ NOC では satie.debian.org が
運用されており、そこにはセキュリティおよび non-US アーカイブと、新規
メンテナ (nm) および品質保証 (qa) データベースが含まれていました。
Debian はこれらのサービスを klecker という名のホストで再構築しましたが、
最近になって klecker はアメリカからオランダに移されました。

</sect1>

<sect1>May 2004: Manuel Estrada Sainz and Andr&eacute;s Garc&iacute;a died
<sect1>2004 年 5 月: Manuel Estrada Sainz さん、Andr&eacute;s Garc&iacute;a さん逝去

<p>
On May 9th Manuel Estrada Sainz (ranty) and Andr&eacute;s
Garc&iacute;a (ErConde) were killed in a tragic car accident while
returning from the Free Software conference held at Valencia, Spain.

5 月 9 日、Manuel Estrada Sainz (ranty) さんと Andr&eacute;s Garc&iacute;a
(ErConde) さんが、スペインのバレンシアで開催されたフリーソフトウェア
カンファレンスからの帰途、痛ましい交通事故で命を落としました。

<p>
Manuel Estrada Sainz and Andr&eacute;s Garc&iacute;a  will be missed.

Manuel Estrada Sainz さんと Andr&eacute;s Garc&iacute;a さんに心より哀悼の意を表します。
</sect1>

<sect1>July 2005: Jens Schmalzing died
<sect1>2005 年 7 月: Jens Schmalzing さん逝去

<p>
On July 30th Jens Schmalzing (jensen) died in a tragic accident at his
workplace in Munich, Germany.
He was involved in Debian as a maintainer of several packages, as
supporter of the PowerPC port, as a member of the kernel team, and was
instrumental in taking the PowerPC kernel package to version 2.6.  He
also maintained the Mac-on-Linux emulator and its kernel modules,
helped with the installer and with local Munich activities.  

7 月 30 日、Jens Schmalzing (jensen) さんがドイツのミュンヘンにある
職場で発生した痛ましい事故により亡くなりました。
Jens さんは Debian に参加して各種パッケージのメンテナ、PowerPC 移植版の
サポーター、カーネルチームのメンバーとして活躍し、PowerPC カーネル
パッケージをバージョン 2.6 に上げる手助けをしました。また、Mac-on-Linux
やそのカーネルモジュールのメンテナでもあり、インストーラや地元のミュンヘン
での活動を援助したりもしました。

<p>
Jens Schmalzing will be missed.

Jens Schmalzing さんに心より哀悼の意を表します。

</sect1>

</sect>

<sect>What's Next?
<sect>次は何?
<p>
The Debian Project continues to work on the <em>unstable</em>
distribution (codenamed <em>sid</em>, after the evil and "unstable"
kid next door from the movie Toy Story who should never be let out
into the world) Sid is the permanent name for the unstable
distribution and is always 'Still In Development'.  Most new or
updated packages are uploaded into this distribution.


Debian プロジェクトは、<em>不安定版</em>ディストリビューション
(コードネーム <em>sid</em>。映画 Toy Story より隣家に住む凶悪で
「情緒不安定」な少年から名付けられました。こんな子は、絶対に世の中に
出すべきではありません) で作業を続けています。Sid は永久に不安定版の
コードネームであり、つねに「開発中 (Still In Development)」です。
ほとんどの新規および更新されたパッケーは、このディストリビュー
ションにアップロードされます。

<p>
The <em>testing</em> release is intended to become the next stable
release and is currently codenamed <em>etch</em>.

<em>テスト版</em>リリースは次期安定版リリースとなることを目指して
おり、現在のコードネームは <em>etch</em> です。

<p>
For <em>etch</em>, Debian is working towards resolve the <url
id="http://people.debian.org/~srivasta/Position_Statement.html";
name="issues"> with the FSF's Free Documentation License (FDL), make
amd64 an official architecture, introducing a dependency-based init
system, and introducing SElinux support. There are many other things
that the developers will work for <em>etch</em> on but which are not
considered release, please read the <url
id="http://wiki.debian.net/?EtchTODOList"; name="Etch TODO list">.

### 原文下から 2 行目、considered release -> considered release critical
### の typo???  訳では typo とみなした。

<em>etch</em> のために Debian が行なっている作業としては、FSF のフリー
ドキュメンテーションライセンス (FDL) に関わる<url
id="http://people.debian.org/~srivasta/Position_Statement.html";
name="問題">の解決、amd64 の公式アーキテクチャ化、依存関係を元にした
init システムの導入、SElinux 対応の導入などがあります。それ以外にも
<em>etch</em> ために開発者が行なうであろう作業が数多くありますが、
それらはリリースクリティカルであるとはみなされていません。詳細は
<url id="http://wiki.debian.net/?EtchTODOList"; name="Etch TODO リスト">を
参照してください。

<p>
Other goals for etch already implemented include: introduce gpg
authentication for apt repositories (done june 2005), integrating Xorg
in Debian to replace Xfree86 (finished july 2005) and integrating tags
into the package information (done july 2005).

ethc のその他の目標で、すでに実装済なものは以下の通りです:
apt リポジトリへの gpg 認証の導入 (2005 年 6 月済)、Xfree86 を置き換える
ために Debian で Xorg を統合 (2005 年 7 月完了)、パッケージ情報に tag
情報を統合 (2005 年 7 月済)。


</sect>
</chapt>

<appendix id="manifesto">The Debian Manifesto
<appendix id="manifesto">Debian 宣言

<p>
訳注: この文書は、Debian の歴史を文書に残しておくために配布されていることに
注意してください。一般的な概念は、細かな点でいくつか変更されています。

<p>
Written by  Ian A. Murdock, Revised 01/06/94

イアン・マードック著、1994 年 1 月 6 日改定

<sect>What is Debian Linux?
<sect>Debian Linux とは何か?

<p>
Debian Linux is a brand-new kind of Linux distribution.  Rather than
being developed by one isolated individual or group, as other
distributions of Linux have been developed in the past, Debian is being
developed openly in the spirit of Linux and GNU.  The primary purpose
of the Debian project is to finally create a distribution that lives up
to the Linux name.  Debian is being carefully and conscientiously put
together and will be maintained and supported with similar care.

Debian Linux はまったく新しい Linux 配布版です。今までに開発された他の
Linux の配布版のように、限定的な個人やグループが開発しているものではなく、
Linux と GNU の精神に則り、オープンに開発されています。Debian は、最終的
に Linux の名に恥じない配布版を作り出すことを第一の目的としています。
Debian は注意深く、また良心的に配布版をまとめており、同様の配慮で保守・
サポートしていく予定です。

<p>
It is also an attempt to create a non-commercial distribution that will
be able to effectively compete in the commercial market.  It will
eventually be distributed by The Free Software Foundation on CD-ROM,
and The Debian Linux Association will offer the distribution on floppy
disk and tape along with printed manuals, technical support and other
end-user essentials.  All of the above will be available at little more
than cost, and the excess will be put toward further development of
free software for all users.  Such distribution is essential to the
success of the Linux operating system in the commercial market, and it
must be done by organizations in a position to successfully advance and
advocate free software without the pressure of profits or returns.

Debian は、市場で十分な競争力を持ちえる、商用ではない配布版を作り出す試
みでもあります。ゆくゆくは Free Software Foundation が CD-ROM で
Debian を配布するようになるでしょう。また Debian Linux Association は、
印刷されたマニュアルや技術支援などエンドユーザに必要なものと一緒に、フロッ
ピーディスクやテープによる配布を提供することになるでしょう。上記のすべて
が原価よりもわずかに高い金額で入手できるようになり、そのわずかな原価超過
分を使って、すべてのユーザのためのフリーソフトウェアをさらに開発していく
ことになるでしょう。このような配布版には、市場で Linux オペレーティング
システムが成功していることが欠かせません。また、十分に先進的な位置にあり、
利益や配当の圧力を受けることなくフリーソフトウェアを広めようとしている組
織によってなされなければなりません。
</sect>

<sect>Why is Debian being constructed?
<sect>なぜ Debian を作成するのか?

<p>
Distributions are essential to the future of Linux.  Essentially, they
eliminate the need for the user to locate, download, compile, install
and integrate a fairly large number of essential tools to assemble a
working Linux system.  Instead, the burden of system construction is
placed on the distribution creator, whose work can be shared with
thousands of other users.  Almost all users of Linux will get their
first taste of it through a distribution, and most users will continue
to use a distribution for the sake of convenience even after they are
familiar with the operating system.  Thus, distributions play a very
important role indeed.

Linux の未来にとって配布版は不可欠です。配布版を利用すると、ユーザはうま
く稼動する Linux システムを組みあげるために必要な、大変な数のツールを探
しだし、ダウンロードし、コンパイルし、インストールしシステムとしてまとめ
あげる作業をせずににすむようになります。かわりに、システムを構築する重荷
は配布版作成者が背負います。配布版作成者がした作業は、何千もの他のユーザ
と分かちあうことができます。大抵の Linux ユーザは、配布版を通して
Linux なるものの最初の感触を得るものです。また、多くのユーザが、このオペ
レーティングシステムに慣れてからも、便利さを求めて配布版を使いつづけるで
しょう。つまり、配布版は本当に大変重要な役割を担っているのです。

<p>
Despite their obvious importance, distributions have attracted little
attention from developers.  There is a simple reason for this: they are
neither easy nor glamorous to construct and require a great deal of
ongoing effort from the creator to keep the distribution bug-free and
up-to-date.  It is one thing to put together a system from scratch; it
is quite another to ensure that the system is easy for others to
install, is installable and usable under a wide variety of hardware
configurations, contains software that others will find useful, and is
updated when the components themselves are improved.

配布版が明らかに重要であるにもかかわらず、開発者達はほとんど注意を払わず
にいます。単純な理由によります。配布版の構築は易しくもないし、魅力的でも
ないからです。また、配布版のバグをとり、最新の状態に保つために、作成者は
継続的に大変な努力を強いられるからです。0 からシステムを組みあげるのとは
全く別物です。つまり、システムが他人にとってインストールしやすく、多様な
ハードウェア構成にもインストールして使用でき、使いでがあると人を唸らせる
ソフトウェアを含み、構成要素そのものが改善されたときにアップデートできる
ことを保証するということなのです。

<p>
Many distributions have started out as fairly good systems, but as time
passes attention to maintaining the distribution becomes a secondary
concern.  A case-in-point is the Softlanding Linux System (better known
as SLS).  It is quite possibly the most bug-ridden and badly maintained
Linux distribution available; unfortunately, it is also quite possibly
the most popular.  It is, without question, the distribution that
attracts the most attention from the many commercial "distributors" of
Linux that have surfaced to capitalize on the growing popularity of the
operating system.

多くの配布版がかなりよいシステムとして発表されました。しかし、時が経つに
つれて、配布版の保守から次第に関心を失い、二の次になってしまいます。その
よい例が、Softlanding Linux System (SLS の略称で有名) でしょう。恐らくもっ
ともバグが多く、保守もほとんどなされなかった配布版です。残念ながらこの配
布版は、恐らくもっとも多くの人に使われた物でもありました。まぎれもなく、
これは多くの配布業者からいちばん注目されてしまった配布版だったのです。こ
れらの業者は、このオペレーティングシステムが世に広まって行くのに便乗して
いることを露呈してしまいました。

<p>
This is a bad combination indeed, as most people who obtain Linux from
these "distributors" receive a bug-ridden and badly maintained Linux
distribution.  As if this wasn't bad enough, these "distributors" have
a disturbing tendency to misleadingly advertise non-functional or
extremely unstable "features" of their product.  Combine this with the
fact that the buyers will, of course, expect the product to live up to
its advertisement and the fact that many may believe it to be a
commercial operating system (there is also a tendency not to mention
that Linux is free nor that it is distributed under the GNU General
Public License).  To top it all off, these "distributors" are actually
making enough money from their effort to justify buying larger
advertisements in more magazines; it is the classic example of
unacceptable behavior being rewarded by those who simply do not know
any better.  Clearly something needs to be done to remedy the
situation.

これはまったくひどい組み合せです。この手の配布業者から Linux を得る多く
の人が、バグが含まれているうえに保守もされない Linux 配布版を受け取って
しまうのですから。これだけでは悪行したりないかのように、こういった配布業
者には、自分達の製品の中の動かなかったり極めて動作が不安定な機能について
誤解を与えかねない宣伝をすると言う困った傾向がありました。このような状況
と、購入した人はその製品が宣伝に違わぬできだろうともちろん予想することと、
多くの人がその製品が商用のオペレーティングシステムだと信じている
(Linux がフリーであることや、GNU 一般公有使用許諾に従って配布されている
ことに言及しない傾向もありました) かもしれないことを考えあわせてみてくだ
さい。なおその上に、これら配布業者は、より多くの雑誌で派手に広告を出して
もかまわないだけの金を努力して実際に稼ぎ出しています。単にあまりよくわかっ
ていないだけの者が、容認できない行動を助長してしまうという古くから見られ
る事例が見てとれます。あきらかに、この状況を改善するために何か手を打つ必
要があります。
</sect>

<sect>How will Debian attempt to put an end to these problems?
<sect>Debian はこれらの問題に終止符を打つためにどのように努力するつもりなのか?

<p>
The Debian design process is open to ensure that the system is of the
highest quality and that it reflects the needs of the user community.
By involving others with a wide range of abilities and backgrounds,
Debian is able to be developed in a modular fashion.  Its components
are of high quality because those with expertise in a certain area are
given the opportunity to construct or maintain the individual
components of Debian involving that area.  Involving others also
ensures that valuable suggestions for improvement can be incorporated
into the distribution during its development; thus, a distribution is
created based on the needs and wants of the users rather than the needs
and wants of the constructor.  It is very difficult for one individual
or small group to anticipate these needs and wants in advance without
direct input from others.

Debian の設計過程は、オープンです。システムが最高の品質を持つことと、ユー
ザの共同体の要求を反映させることを保証するためです。能力と背景に広がりが
ある他人を巻きこむことで、モジュール化して Debian を開発することが可能に
なりました。ある分野の専門的知識を持つ者が、その分野を含んでいる
Debian の個々の構成要素を開発したり保守したりする機会が与えられるので、
その構成要素の品質は高くなります。他人を巻きこんだことで、改良のための価
値ある助言が開発を通して配布版に含まれて行くことも保証されます。そのため、
どちらかというと作成者の要求や欲求よりもユーザの要求や欲求を元に配布版は
作成されます。一人の個人や小グループでは、直接他人から情報を得なければ、
このような要求や欲求を前もって組み入れることはかなり難しいものです。

<p>
Debian Linux will also be distributed on physical media by the Free
Software Foundation and the Debian Linux Association.  This provides
Debian to users without access to the Internet or FTP and additionally
makes products and services such as printed manuals and technical
support available to all users of the system.  In this way, Debian may
be used by many more individuals and organizations than is otherwise
possible, the focus will be on providing a first-class product and not
on profits or returns, and the margin from the products and services
provided may be used to improve the software itself for all users
whether they paid to obtain it or not.

Free Software Foundation と Debian Linux Association は物理媒体でも
Linux を配布する予定です。これにより Internet や FTP を使わなくてもユー
ザに Debian を提供できます。また、システムのすべての利用者が印刷された手
引き書や技術支援などの製品やサービスを広く入手できるようにすることもでき
ます。このやりかたなら、Debian はたくさんの個人や組織で使用されるでしょ
う。収益や配当を得ることではなく、一級の製品を供給することに焦点をあてて
います。そして、製品やサービスから生じた利潤は、対価を支払ってソフトウェ
アを得たかどうかにかかわりなく、すべての利用者のためにソフトウェア自体を
改良するために使われるでしょう。

<p>
The Free Software Foundation plays an extremely important role in the
future of Debian.  By the simple fact that they will be distributing
it, a message is sent to the world that Linux is not a commercial
product and that it never should be, but that this does not mean that
Linux will never be able to compete commercially.  For those of you who
disagree, I challenge you to rationalize the success of GNU Emacs and
GCC, which are not commercial software but which have had quite an
impact on the commercial market regardless of that fact.

Free Software Foundation は Debian の将来にとって大変重要な役割を果たし
ます。Free Software Foundation が Debian を配布するという単純な事実によっ
ても、Linux が商用の製品ではなく、今後もけしてそうはならないこと、しかし
Linux が商業的な競争にけして勝てはしないとは意味しないことを世に知らしめ
ることになります。同意しない人は、GNU Emacs と GCC が成功していることを
理由付けしていただきたい。これらは商用の製品ではありませんが、商用である
かどうかにかかわらず市場に甚大な影響を与えてきました。

<p>
The time has come to concentrate on the future of Linux rather than on
the destructive goal of enriching oneself at the expense of the entire
Linux community and its future.  The development and distribution of
Debian may not be the answer to the problems that I have outlined in
the Manifesto, but I hope that it will at least attract enough
attention to these problems to allow them to be solved.

Linux 共同体全体とその未来に迷惑をかけて自分が裕福になるという破壊的な目
標を目指すかわりに、Linux の未来に集中するときがきました。Debian を開発
し配布しても、この宣言で概略を述べた問題への回答とはならないかもしれませ
ん。ですが、少なくとも、これらの問題が解決すべき問題として認められるくら
いには Debian を通して注意を引きたいと望んでいます。
</sect>

</appendix>

</book>