[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[debian-users:27058] Re: BTS



佐野@浜松です。

まずは、二之宮さんどうも文書作成 & commit ありがとうございました。

 http://www.debian.or.jp/devel/abbreviation.html

ですね :)

さて。

In <20010219020312.1C24835445@xxxxxxxxxxxx>,
  on "Mon, 19 Feb 2001 11:03:13 +0900',
 akira yamada / やまだあきら <akira@xxxxxxxxxxx> さん wrote:

> In article 27007, <200102181334.WAA03354@xxxxxxxxxxxxxxxxxxx>
> > Debian Project や Debian JP Project のメーリングリストでは 様々な略語
> > が用いられています。ここでは Debian 特有の略語を解説します。
> > 
> > ---------------------------------------------------------------------
> > BTS (Bug Tracking System)
> 
> 「BTS」は「Debian 特有」ではないような気が...

そもそも、ここで切ってしまったのが勘違いの始まり
だったような気がしてきました。

例えば、これが

      BTS (Debian Bug Tracking System)

      ユーザや開発者から寄せられたバグ報告の詳細を記録する
      Debian バグ追跡システムのこと。 
      詳細は http://www.debian.org/Bugs/ を参照。

になっていれば、「Debian 特有の用語」として何も問題ありませんよね ?

例えば http://www.debian.or.jp/search で BTS をキーワードに
検索してみると

 ・ debian-users-jp-2001: [ BTS: 35 ]
 ・ debian-users-jp-2000: [ BTS: 233 ]
 ・ debian-users-jp-1999: [ BTS: 276 ]
 ・ debian-users-jp-1998: [ BTS: 56 ]

これだけのメールがマッチしてくるわけですが、この中で BTS という
単語を「Debian バグ追跡システム以外の「一般的なバグ追跡システム」
という意味で使っているメールの割合は、おそらくほとんど無いでしょう。

一方、こういう用法、つまり "BTS" = 「Debian バグ追跡システム」
という用法は、Debian 以外ではあまり例を見ないと思います。

他のプロジェクトで BTS という単語を見かけたとすれば、おそらく
単に "bug tracking system" を略して書いてるというだけの意味
ですよね。

In <20010219153844.9756335445@xxxxxxxxxxxx>,
  on "Tue, 20 Feb 2001 00:38:45 +0900',
 akira yamada / やまだあきら <akira@xxxxxxxxxxx> さん wrote:

> 由来かどうかは知りませんが, 
> たとえば www.namazu.org には BTS がありますね. 

 www.namazu.org の ML アーカイブを検索してチェックしてみましたが、
 Namazu Project で BTS を導入したのは、わりと最近 (2000.4 頃) ですね。
 ruby で jitterbug+i18n(kondara-hack) を導入した数ヶ月後に、
良さそうだから同じものを入れましょうということで始まったようです。

過去のメールアーカイブも遡ってみてみましたが、avocado のは
 uuencode された文字列の一部にヒットするだけ、ring のはまったく
ヒットせず、でした。

で、www.ruby-lang.org のほうも見てみましたが、BTS という言葉は
やはり ML 検索でもあまり出てこないみたいですね。
むしろ ruby-talk ML では "bug database" のほうがヒットします。

さらに ruby や namazu で利用された jitterbug の日本語化作業を
行なったらしい Kondara で ML を検索すると、

 ・ cur: [ BTS: 0 ]
 ・ kondara: [ BTS: 6 ]
 ・ Kondara-devel.ja: [ BTS: 2 ]
 ・ Kondara-users.ja: [ BTS: 3 ]
 ・ Kondara-devel.en: [ BTS: 0 ]
 ・ Kondara-users.en: [ BTS: 0 ]

という結果になりました。同じく Kondara の検索で jitterbug を
キーワードにすると

 ・ cur: [ jitterbug: 0 ]
 ・ kondara: [ jitterbug: 32 ]
 ・ Kondara-devel.ja: [ jitterbug: 24 ]
 ・ Kondara-users.ja: [ jitterbug: 29 ]
 ・ Kondara-devel.en: [ jitterbug: 0 ]
 ・ Kondara-users.en: [ jitterbug: 0 ]

となります。おそらくここでは「バグ宙太」という Kondara 用語のほうが
さらに多いのではないかと想像してますが、すくなくとも BTS という言葉
より jitterbug のほうが 5 倍から 10倍は普及しているみたいですね。

ついでに Kondara の jitterbug-i18n のページに紹介されていた
 www.h14m.org や JKUG も見てみましたが、h14m で「BTS スタート」の
お知らせを合わせて 3 件、kde.gr.jp に至っては BTS でのヒット無しと
いう結果でした。

面白いのは、jitterbug のオリジナル開発元である samba.anu.edu.au には
 "JitterBug is a web based bug tracking system" とは書いてあっても
 "BTS" という単語は出てこないことです。

 samba 関連の ML を http://marc.theaimsgroup.com/ で検索してみても、
 "bug track" や "jitterbug" ではそこそこヒットするのにたいして、
 "BTS" ではまったくヒットしません。

> www.google.com で「"bug tracking system"」で
> 検索するとかなりの数ヒットします. 
> # 「+"bug tracking system" -debian」でも. 
> 
> 各ページの内容まで確認してませんが…

  http://www.tpg.pl/english/tpgtxt/btsinfo

なんつうのもありましたが、ざっと見た範囲では比較的新しいものが
多いような印象でした。

> あと Linux Conference 2000 fall で
> BTS をタイトルにもったチュートリアルが行われましたね. 
>  
奈良木さんと森本さんですね。でもタイトルは
「BTS - バグ・トラッキング・システム」だったみたいですし、
 "BTS" という略称だけで一般に「バグ追跡システム」という意味で
通用するとは言えないのでは ?

In <20010220121937U.MAP2303@xxxxxxxxxxxxx>,
  on "Tue, 20 Feb 2001 12:01:27 +0900',
 "Dai.K." <MAP2303@xxxxxxxxxxxxx> さん wrote:

>   moz-users ML(笑)

 mozilla.gr.jp の検索ページで調べた範囲では、BTS でヒットするのは

 ・ moz-jt: [ BTS: 0 ]
 ・ mozdev-j: [ BTS: 5 ]
 ・ moz-users: [ BTS: 0 ]
 ・ mozilla.gr.jp: [ BTS: 2 ]

だけでした。しかも mozdev-j の 5 件はすべて大さんのメール、
 mozilla.gr.jp の 2 件は「はじめてのバグジラ」で bugzilla を
説明する部分に bugzilla (BTS: Bug Tracking System) として
書かれているだけ。

 "bug tracking system" で検索すると

 ・ moz-jt: [ bug: 1 ] [ tracking: 1 ] [ system: 0 ] [ 合計: 0 ]
 ・ mozdev-j: [ bug: 111 ] [ tracking: 1 ] [ system: 20 ] [ 合計: 0 ]
 ・ moz-users: [ bug: 84 ] [ tracking: 1 ] [ system: 24 ] [ 合計: 1 ]
 ・ mozilla.gr.jp: [ bug: 34 ] [ tracking: 2 ] [ system: 26 ] [ 合計: 2 ]

となりますが、mozilla.gr.jp は上記の「はじめてのバグジラ」のページで、
一方 moz-users のほうは Debian BTS についての話でした。

さらに bugzilla で検索すると

 ・ moz-jt: [ bugzilla: 4 ]
 ・ mozdev-j: [ bugzilla: 435 ]
 ・ moz-users: [ bugzilla: 533 ]
 ・ mozilla.gr.jp: [ bugzilla: 87 ]

となります。"BTS" や "bug tracking system" と比較すると、
 mozilla.gr.jp では "bugzilla" という言葉のほうがはるかに
普及していることがわかります。

ここで http://www.mozilla.org/bugs/ を見ると
 "Bugzilla is a database for bugs." と書いてあります。
ここからリンクされている http://bugzilla.mozilla.org/ には
 "bug tracking system" と書かれているのですが、"BTS" という
記載はありません。

>   たぶん僕が使ったせいですが、僕は何でも略す傾向があるから。

普通、「略す」ことには「頻出する言葉を短かくして書く手間を減らす」
といった意味があると思うのですが、Bugzilla にしろ JitterBug にしろ、
それぞれの名前のほうが出現頻度は高いので、その「もの」の説明のため
にだけ使われる bug tracking system という言葉についてわざわざ略称を
決める必然性は薄いように感じます。

使われるとしても、特定のメールの中で bug tracking system (BTS) と
最初に例示して、そのメールの中だけで使われるといったパターンのほうが
多いように思われます。

いくつかの例を見ると、bug tracking system の他に bug tracking service
とか bug tracker とかいった表現もあるみたいですね。

>   ま、一般的に使えるようになるのは楽でいい。

 http://marc.theaimsgroup.com/ で BTS をサブジェクトに持つメールを
検索したところ、

  1.  Is the BTS sick?                                              mutt-dev    
  2.  reportbug and the BTS                                         debian-devel
  3.  today's BTS issues                                            debian-devel
  4.  email addresses and the BTS                                   debian-devel
  5.  [OT?] Snippet for making gnus access the BTS                  debian-devel
  6.  [Listar-support] Where was the BTS?                           listar-support
  7.  BTS strangeness                                               debian-devel
  8.  ITP: bug-buddy -- graphical bts frontend                      debian-devel
  9.  the (unknown) maintainer in the BTS                           debian-devel
 10.  freeradius BTS                                                freeradius-dev
 11.  Debian BTS (was Re: TO DO list, prior to going to beta)       freeradius-dev
 12.  Feature Request: BTS                                          debian-devel
 13.  BTS spam( Re: Boost Windows Reliability!!!!!)                 debian-devel
 14.  Further changes to the BTS [security]                         debian-devel
 15.  Further changes to the BTS                                    debian-devel
 16.  request for two new BTS tags                                  debian-devel
 17.  BTS problems                                                  debian-devel
 18.  the e-mail interface to the BTS db will no longer produce ob  debian-devel
 19.  BTS changes                                                   debian-devel
 20.  BTS not showing my bugs                                       debian-devel
 21.  the static BTS pages have temporarily stopped regenerating    debian-devel
 22.  BTS really broken                                             debian-devel
 23.  WNPP now on the BTS                                           debian-devel
 24.  Is the BTS down?                                              debian-devel
 25.  Proposal for using the BTS for WNPP                           debian-devel
 26.  Multivendor BTS, .deb and bug redirects (related to GR non-f  debian-devel
 27.  BTS Change                                                    debian-devel
 28.  Proposal: use BTS for wnpp                                    debian-devel
 29.  BTS down again? (Web pages not updated)                       debian-devel
 30.  the BTS seems to be down :/                                   debian-devel

という結果でした。

ここで debian-devel の BTS は、ほとんどが Debian Bug Tracking System を
指していることがタイトルからわかります。

 "ITP: bug-buddy" と "Multivendor BTS," の 2 つが微妙なところ
ですが、GNOME BTS (Eazel のではなく) は Debbugs を使っている
ように見えました。www.kde.org の BTS も Debbugs がベースの
ようですね。

一方最初にヒットしている mutt-dev をさらに詳しく見ると、ここで
使われている BTS は guug.org にありますが、debbugs をベースに
改造したもの、つまりまさしく Debian 由来です。
さらに freeradius-dev のほうにも "freeradius BTS" のページに
ちゃんと debbugs と記載されています。

ちょっと面白いのが listar-support で、

  http://marc.theaimsgroup.com/?t=98057948600001&w=2&r=1

にありますが、

    Subject:  [Listar-support] Where was the BTS?
    From:     "Steve Lamb" <morpheus@xxxxxxxxxxx>
    Date:     1999-02-12 23:29:05

        Subject says all.

というメールに対して

    Subject:  Re: [Listar-support] Where was the BTS?
    From:     Jeremy Blackman <loki@xxxxxxxxxxxxxxxx>
    Date:     1999-02-12 23:28:07

    On Fri, 12 Feb 1999, Steve Lamb wrote:

    >     Subject says all.

    Please clarify. :)  My brain is stuck in 'debug Fuzzy State Machine AI for
    game' mode.  (E.g. I'm at work.)

    --Loki
      loki@xxxxxxxxxxxxxxxx / jeremy@xxxxxxxx / loki@xxxxxxxxxxxx

や

    Subject:  Re: [Listar-support] Where was the BTS?
    From:     "Matthew McGehrin" <matthew@xxxxxxxxxxx>
    Date:     1999-02-13 0:05:48

    On 12 Feb 99, at 15:29, Steve Lamb wrote:

    >     Subject says all.

    For those of us, who cant read minds, and think of pervse things for 
    intials what does BTS stand for?

    For thing that came to my mind was.

    Big Tit Slut.

    But I dont think thats what you meant.

という反応があって、結局

    Subject:  Re: [Listar-support] Where was the BTS?
    From:     "Steve Lamb" <morpheus@xxxxxxxxxxx>
    Date:     1999-02-13 0:25:18

    On Fri, 12 Feb 1999 15:28:07 -0800 (PST), Jeremy Blackman wrote:

    >Please clarify. :)  My brain is stuck in 'debug Fuzzy State Machine AI for
    >game' mode.  (E.g. I'm at work.)

        MMmm, well, I'll send you my resume so you can get me on the Beta Test
    Section.  Heh, actually is stands for "Bug Tracking System."

    - -- 
             Steve C. Lamb         | I'm your priest, I'm your shrink, I'm your
             ICQ: 5107343          | main connection to the switchboard of souls.

と説明しなければいけなくなっています。


「一般的」には BTS という略語で bug tracking system を示すという
慣例はどうも無さそうです。

さらに

 http://www.facstaff.bucknell.edu/rbeard/diction.html
 http://www.nue.org/foldoc/index.html
 http://www.onelook.com
 http://www.dictionary.com

などで BTS を検索してみても、bug tracking system という意味は
出てきません。

 "Acronyms HIR" で調べると BTS = British Toxicology Society 
だったりしますし、SBF_Glossary で調べると

BSS
    Base Station System. A mobile system using base transceiver stations
    (BTS's) and base station controllers (BSC's).

BTS
    Base Transceiver Station. Sort of an end office for a mobile 
    communications system (BSS).
   
   
BTS
    Bit Test and Set.
   
BTS
    Bureau of Transportation Statistics.

などが出てきて、bug tracking system は無かったりします。

 foldoc では Bit Test and Set だけだったかな。

 www.google.com で "BTS" だけをキーワードにするとヒット数は
約 243,000 件。これには

 The Bureau of Transportation Statistics
 Bangkok Mass Transit System Public Company Limited.
 BTS - BTS.com
 Bill's Train Shop (BTS)
 BTS Internet Services
 Web site for the [BTS.ORG]

などが含まれています。

一方 +BTS +"bug tracking" とすると約 5,130件と出ます。

オマケとして jitterbug だけで検索すると約44,200件もあったり
しますが、どうもこれにもソフトウェアとは無関係なものもかなり
含まれているみたいですね。

  Debian BTS "bug report" だと約3,350件
  jitterbug +"bug track" は約15件
  jitterbug "bug report" は約374件
  +BTS +"bug tracking" は約5,130件

>   Bug Tracking System というフレーズはよく使われますが、BTS は
> ぐっと少なくなりますね。でも Debian 特有じゃないです。

「Debian 特有」なのは "BTS" = Debian Bug Tracking System
という用法ですね。それから Bug Tracking System よりも
 bug tracking system のほうが多いようです。
また、多くの場合 bug tracking system (BTS) のように、
最初に BTS という略称を使う前に bug tracking system の
略であることを明示している例が多いように思います。

そうそう、 http://marc.theaimsgroup.com/ では ML を選択すると
メールの内容からも検索できるのですが、 egcs-bugs ML で検索すると
ヒットしたメールのほとんどが "forwarded from Debian BTS" だったり
します。

>   その前に。bug tracking system 以外にも色々言い方あるようです。
>   (bug tracking | configuration management |
>    process management | problem management | project management)
>    +
>   (system | tool)

>   comp.software.config-mgmt が usenet と思います。FAQ もあります。
>     http://www.iac.honeywell.com/Pub/Teck/CM/index.html

これ、見てみましたが、grep -i "bug tracking system" では

  Debian Bug Tracking System
  The Debian Bug Tracking System (debbugs) is a set of scripts which maintain a

だけしか出てきませんね。grep -i "bug tracking" とすると

  ProblemTracker by NetResults is a Web-based tool for bug tracking and change
  Software with Brains, Inc.'s SWBTracker is bug tracking and release management

の 2 つが増え、grep -i "tracking system" とすると

  Tracking System                                    IBM RS/6000,
  Debian Bug Tracking System
  The Debian Bug Tracking System (debbugs) is a set of scripts which maintain a
  Open Track (OT) began as a UNIX-based tracking system used to manage defect
  Problem Tracking System (PTS, XPTS, and Web/PTS) by Dean Collins provides an
  tracking system that can track defects, enhancement requests, test cases,
  DTS is a commercial web-based defect and trouble tracking system from Open
  support tracking system providing a complete set of high-quality product defect
  tended to be a problem when using Lotus Notes as a problem tracking system.
  reporting and tracking system. This problem tracking application may be used as
  highly configurable problem tracking system, which comes complete with an

に増えます。

最初の "Tracking System" は実際には "Distributed Defect Tracking System"
 (ClearDDTS) が改行で切り取られたものですが、Open Track (OT) は
 "tracking system used to manage defect reports and enhancement requests"
です。
他に "Problem Tracking System", "issue tracking system", "trouble tracking
 system", "bug and customer support tracking system", "problem reporting
 and tracking system" "problem tracking system", などの例があります。

こうしてみると、"tracking system" や "tracking tool" などの言葉のほうが
一般的で、"bug tracking system" はその中のバリエーションのひとつに過ぎない
という感じですね。

>   かなり初期の Bug Tracking System である GNATS が GNU Bug Tracking System
> と名乗ってます。(最初から名乗ってたかどうか分かんないけど)。

 FreeBSD は GNATS を使っていますが、Problem Report Database と呼んでいますね。
 NetBSD や OpenBSD では bug tracking system という言葉も使ってますが。

コードを見ると、

 $ find gnats-3.113.orig/ -type f |xargs grep -i BTS|wc
      0       0       0
 $ find gnats-3.113.orig/ -type f |xargs grep -i "bug tracking system"|wc
      2       8     185

 $ find gnats-3.113.orig/ -type f |xargs grep -i "bug tracking system"   
gnats-3.113.orig/contrib/juniper-web-reports/index.html:
   <title>Juniper Networks: Bug Tracking System</title>
gnats-3.113.orig/contrib/juniper-web-reports/index.html:
   Bug Tracking System

となり、"Bug Tracking System" という呼称は contrib にのみ含まれています。
これが現行の unstable 版になると

 $ find gnats-3.999.20010121/ -type f |xargs grep -i BTS|wc
      0       0       0
 $ find gnats-3.999.20010121/ -type f |xargs grep -i "bug tracking system"|wc
      1       8      85
 $ find gnats-3.999.20010121/ -type f |xargs grep -i "bug tracking system"
gnats-3.999.20010121/gnats/gnats.el:
  "The GNU GNATS bug tracking system frontend.")

となり、gnats/gnats.el に "bug tracking system" という言葉が追加されています。

いずれにしても "BTS" は出現しません。

一方、

 $ find gnats-3.113.orig/ -type f |xargs grep -i 'problem report'|wc
    945    8071   94005
 $ find gnats-3.999.20010121/ -type f |xargs grep -i 'problem report'|wc
    298    2617   29091

でわかるとおり、"problem report" のほうはバージョンの新しいほうでは
かなり減らされているものの、まだ bug tracking system よりずっと多いです。

さらに "problem report database" で調べると

 $ find gnats-3.113.orig/ -type f |xargs grep -i 'problem report database'|wc
      3      30     318

 $ find gnats-3.999.20010121/ -type f |xargs grep -i 'problem report database'|wc
      0       0       0

となります。意図的に消しているのでしょうか。ただ、バージョンが古いほうも

 $ find gnats-3.113.orig/ -type f |xargs grep -i 'problem report database'
gnats-3.113.orig/contrib/gnatsweb/gnatsweb.pl:
    print p('Welcome to our problem report database. ',
gnats-3.113.orig/contrib/tkgnats/tkgnats.1:
    tkgnats \- X Window interface to the GNATS problem report database
gnats-3.113.orig/contrib/tkgnats/tkgnats.1:
    problem report database. It should run on any platform supported

といずれも contrib ではあります。

しかし、どちらもメインのツリーに含まれる gnats/gnats.texi を見ると

  START-INFO-DIR-ENTRY
  * Keeping Track: (gnats).       GNU Problem Report Management System
  END-INFO-DIR-ENTRY

@node Top
@top Overview
@cindex overview to GNATS
@cindex foreword

This manual documents @sc{gnats}, the @sc{gnu} Problem Report Management
System, version @value{VERSION}.  @sc{gnats} is a bug-tracking tool
designed for use at a central @dfn{Support Site}.  Users who experience
problems use electronic mail to communicate these problems to
@dfn{maintainers} at that Support Site.  @sc{gnats} partially automates
the tracking of these @dfn{Problem Reports} (@dfn{PR}s) by:

とあり、"GNU Problem Report Managment System" が正式名称であると読めます。

ついでに jitterbug や bugzilla のコードも調べてみると

 $ find bugzilla-2.10/ -type f |xargs grep -i BTS|wc
      0       0       0
 $ find bugzilla-2.10/ -type f |xargs grep -i 'bug tracking system'|wc
     47     470    4089

 $ find jitterbug-1.6.2.i18n/ -type f |xargs grep -i BTS|wc
      0       0       0
 $ find jitterbug-1.6.2.i18n/ -type f |xargs grep -i 'bug tracking system'|wc
      9      62     694

と、'bug tracking system' は使われていても 'BTS' は使われてない
ことがわかります。

GNATS によく出てくる problem report で調べると

 $ find bugzilla-2.10/ -type f |xargs grep -i 'problem report'|wc
      0       0       0

 $ find jitterbug-1.6.2.i18n/ -type f |xargs grep -i 'problem report'|wc
      2      22     203

という結果でした。

当然のことながら、それぞれの名前で調べると

 $ find bugzilla-2.10/ -type f |xargs grep -i 'bugzilla'|wc
    333    3226   32239
 $ find jitterbug-1.6.2.i18n/ -type f |xargs grep -i 'jitterbug'|wc
    750    3064   52628

と、ずっとヒット数が多くなります。

ここで debbugs はどうかといえば、

 $ find debbugs-2.3/ -type f |xargs grep -i BTS|wc
     13     102    1062
 $ find debbugs-2.3/ -type f |xargs grep -i 'bug tracking system'|wc
    103     839   10560
 $ find debbugs-2.3/ -type f |xargs grep -i 'problem report'|wc
     31     318    3382

と、他ではまったく現れなかった "BTS" が出現します。

またその内容も

 $ find debbugs-2.3/ -type f |xargs grep -i BTS   
debbugs-2.3/debian/debbugsconfig:
  It will also create BTS user documentation in HTML and text.
debbugs-2.3/debian/README.Debian:
  wishlist reports to the BTS.
debbugs-2.3/debian/README.mail:
  Set the BTS owner address
debbugs-2.3/debian/README.mail:
  Make the BTS handle it's mail
debbugs-2.3/debian/control:Description:
  The bug tracking system based on the active Debian BTS
debbugs-2.3/debian/tmp/usr/sbin/debbugsconfig:
  It will also create BTS user documentation in HTML and text.
debbugs-2.3/debian/tmp/usr/share/doc/debbugs/examples/config:
  # BTS mailing lists, at $gListDomain
debbugs-2.3/debian/tmp/usr/share/doc/debbugs/README.Debian:
  wishlist reports to the BTS.
debbugs-2.3/debian/tmp/DEBIAN/control:Description:
  The bug tracking system based on the active Debian BTS
debbugs-2.3/examples/debbugs.cfg:
  Mirror List = bts-mirrors
debbugs-2.3/README:
  address of the BTS owner, if that's what you're using, is handled by the MTA.
debbugs-2.3/scripts/config.debian:
  # BTS mailing lists, at $gListDomain
debbugs-2.3/scripts/config.in:
  # BTS mailing lists, at $gListDomain

となっていて、"the BTS" = "Debian BTS" という用法です。

>   とりあえず、Bug Tracking System という言い方は割と一般的といって
> いいでしょう。その略称 BTS も、他の一般的な略語がそうであるように、
> 分かる文脈だったら使われてると思います。(さっき GNATS の ML を検索
> したらたった 3つだけどヒットしました)

その「GNATS の ML」で "problem report" をキーに検索してみてください。
きっと、はるかに多くの数がヒットするはずです。

 "bug tracking system" が通用するのは "tracking system" という言葉から
イメージするものが一般的だからで、いきなり "BTS" という略称だけを文脈
から切り離して提示しても通用するというのは、それほど一般的では無いように
思います。

>    Debian は BTS ですぐに Bug Tracking System に結びつくコミュニティの
> ひとつで、それはかなり珍しい方でしょう。
>
>   ただ、Debian の BTS は Debian Bug Tracking System という名前ですよね。
> でもって "BTS" で示すものは Bug Tracking System という分野でなくて、
> ソフト名なんだろうと思います。mozilla で Bugzilla と言うのと同じ。

そうですね。その意味で、Debian 関連の ML で使われる "BTS" という
用語は、やはり「Debian 固有の用語」なのだと思いました。多くの場合、
一般名詞としての「バグ追跡システム」ではなく、固有名詞としての
 "Debian Bug Tracking System" を意味する略称として "BTS" が使われて
いると思いますから。

>   最初に戻って結局のところ Debian 由来かどうか僕には分からないです。
>   初期の debbugs や GNATS の READMEとか見れば説明あるかもしれない。
>   言語学者ウェルカム(笑)

言語学者ではありませんが、 debbugs-2.3/README には

                     DEBIAN BUG TRACKING SYSTEM
                     --------------------------

  This bug tracking system was developed by Ian Jackson from 1994-1997,
  with assistance from nCipher Corporation Limited in 1997.  nCipher allowed
  Ian to redistribute modifications he made to the system while working as an
  employee of nCipher.

とあります。いつ頃から実用に供されていたのかはわかりませんが、
 1994 年以降でしょうね。たぶん 1996 (Buzz リリースの頃) には
既に動いていたのではないでしょうか。

GNATS は 1993 に最初のリリースが出たようですので、順序から言うと
先でしょうが、"Bug Tracking System" ではなく、"Problem Report
 Management Database" と名乗っていたものと思います。

>   個人的な印象ですが、特に命名した名詞というよりも自然に
> 使われていた説明のひとつにすぎないような気がします。
> 
>   なんかまとまり無いですが、Debian 由来とは言わない方がよさそう
> ということで。

一般の bug tracking system については「自然に使われていた説明」
のほうが正しそうですが、"BTS" という略称の普及には debbugs の
影響がけっこうあるんじゃないかと推測しています。

また、"BTS" = "Debian Bug Tracking System" という用法については、
ほぼ確実に「Debian 固有」だと言って良いと思われます。

以上。

-- 
  Taketoshi Sano: <sano@debian.org>,<sano@debian.or.jp>,<kgh12351@xxxxxxxxxxx>